上手く行かない自分
上手く行けない自分・・・
そんな自分にストレスを感じて
自信も低下してしまう・・・・・
「自分はダメ人間かも!」
そんな人も、きっと多いことでしょう。

そこで、
現在起こっていることに関して
自分の気持ちを「安全な人・安全な場所」で
まずは整理してきましょう。
自分は何がしんどいのか?
どうしたいのか?
どう対応したらいいのか?

自分を支えてくれる人に聞いてもらいながら、
客観的に考えるトレーニングをしていきましょう。

霧の中で遭難したと思っているような人でも、
「スパーク」して客観的に考えられるようになった時、
霧が晴れます。

「こんな事を思ってはいけない」とでも言うような
ある種のネガティブな感情や他人に対する妬みや腹立ちなど、
まずは、「そう思っている自分」を
「無理もない」と受け入れてみてください。

そこから始まります。
人と比べるのでなく、
動いてくれない人を無理に動かそうとするのでなく、
できない自分を責めるのでなく
「嫌な自分」も自分の正直な気持ちだと
受け入れましょう。

「今、それでも幸せと思える事」はないだろうか?
考えてみてください。
少なくとも、
地球は爆発していない。
自分は生きている。
小さな喜び
些細な幸せを積み上げて
自分流に生きてみてください。

 

パラリンピックのある選手が、
インタビューで、「人生は素晴らしい!」と。

「どん底」とか「最悪」とか
決めるのは、あくまでも自分の心。

そんな時、良いように考えなさい
と言われても無理な話。
であるならば、
どん底!や最悪!なことを
思い切り愚痴ってみてください。
少しすっきりするかもしれません。
不平不満を「わめき散らしても」OKです。

そうこうしているうちに
「陰極まれば陽生ず」です。
行き着くところまで行き着いて
ぼやき倒して、
そこから、すこし頭が冴えてくると
冷静に考える力が出てきます。
「今日は天気が良い!」くらいは
感じることができるようになり、
やがて、全て受け入れる事ができるようになり
「人生は素晴らしい」につながるのです。

 

自信がない!
自分は何の取り柄もないダメ人間!
自慢できるような事はない!
自分の代わりなんて、いくらでもいる!
自分なんていても居なくてもいい!
などなど・・・・。

そんな随分と弱気になっている人も
多いのではないでしょうか。

大丈夫!
ほとんどの人は
その備わった能力である「不安がり」のおかげで、
自信が持てずにいるのです。
下手に自信満々だと危なくて仕方ないのです。
「自信がない」大いに結構。
だから、
石橋たたいて危機管理できますし
自信を積み上げようと努力できるのです。

昔は、
「おらが村の一番!」
で居れたような人でも
今は「上には上がある」のが思い知らされる時代です。

自信満々で「俺がナンバーワン!」などと
思えなくなっているのです。

自信なんて持てなくて
当たり前の世の中になっているのです。


人と比べるというよりも
自分は何ができる?って考えてみてください。
例えば、
日本人なら日本語で話しますが、
英語ができるのは素晴らしい。
少しくらいなら残業できる体力があるというのも素晴らしい。
パソコン入力ができるのも素晴らしい。
しんどくならずに学校や仕事に休まずいけているのも凄いこと。
他人の心の痛みに寄り添えて、
人に優しくできるのも素晴らしい。
なにか「欲しい」って思っても、
我慢できるならそれも素晴らしい。
そして、
自分が何か行動したり話したりすることで
感謝される事があれば、
これはもう最高の「自信貯金」になります。

「何かできる」
「人に認められる」
それが最高の「快感」なのです。

あわてず、じっくり、かみしめてください。
「今、幸せ!」って思える事を。
不幸のどん底って思っている人でも、
「何か」あるはずです。

小さな事でもいいんです。
「いいなあ」って思える事探してみてくさい。
きっと、ハッピーな気分になることが
見つかります。

その積み重ねで、
「これでいいのだ」と思えて、
「身の丈にあった自分」に出会えるのです。
自分らしく、ありのままで居られたら
自分の感情のコントロールもできるようになるのです。

         

敏感すぎて、
人に気を遣いすぎて
消耗してしまっている人へ。

めちゃくちゃ疲れやすく
さぞやしんどいことと思います。

共感力も高く、
細かいことにも良く気がつくし
深く考えて動くから、頭をなかなか休める事ができない。

そういう人は「すごくいい人」なんです。
だけど、
人よりも敏感すぎて
気を遣いすぎて
いろいろ考えすぎて
「勝手に」しんどくなってしまってる。

その「他人の気持ちを敏感に察知する」のは
能力であり個性なんです。
ただ、しんどすぎる。

あくまでも「能力」であり「個性」だから、
これは受け入れるしかありません。
そういう自分を受け入れて、
自分らしく保つことが大事です。

「失敗したな」とか
「あのときの言葉や態度で○○さんは怒ってないかな?」とか
他人の気持ちを「勝手に」憶測しても、わかるわけない。
ならば、
自分らしくふるまって、
それで、「失敗したな」と思ったら
「次はこうしよう」と思えば良いのです。

いわゆる成功体験だけが成功でなく、
「失敗」は成功につながる貴重な体験です。
「次や次!」で良いのです。

大事なのは、
「自分らしく」です。
「素の自分」で居てて、それを否定されるなら
その人とは付き合う必要がありません。
どうしても付き合う必要があるなら
「この人はわかってないな」と相手の都合にしてしまってOK.
「自分は悪くない」でいいのです。

「他人の目」が気になると思いますが、
人って思っているほど、
あなたのことを気にしていません。
大丈夫。
他人よりも自分に目を向けて、
自分は、どうしたいのか?
どうしたら自分の気持ちに正直に生きられるのか?
何が好きで何が嫌なのか?
苦手を克服するより、
好きなことを伸ばす。。。。

敏感なのは仕方ない
それが自分だから。。。
「でも、湧いてきた気持ちをスルー!」って。

 

人はなかなか1人では生きていけない。
でも、煩わしい人間関係は嫌!
現在、人間関係のストレスにさらされている人も多いことでしょう。
「嫌な人」と関わると気分も優れず、
人生そのものが「どんより」してしまいますよね。
では、どう考え、どう対処するか?

まず、「嫌な人」とは?と考えれば、
その人を自分の感覚にマッチしたようにできず、
コントロール不能になることが、その本質となります。
つまり、
自分の考えや思い、価値観というものを侵害されるとしんどくなるのです。
逆に、共通の価値観で話ができると楽しいもの。
「わかり合える」というものがないとしんどいのです。
「わかり合えない価値観」を
押しつけられたり、決めつけられたりすると、しんどくなります。
「話せばわかる」なんて言いますけど、
互いの「共有できる常識」や「聞く耳を持つ」という姿勢がなければ成立しません。
一方的な「話せばわかる」は成立しないのです。

相手に落ち度がないのに
「なんか苦手」とか「嫉妬や自虐、羨望を感じる」のは、
過去の経験などから「自分に自信が育ってない」事に起因します。
小さな成功を積み重ねて自信を積み上げることが
「人は人、自分は自分。自分らしければそれで良し」と思えるようになります。

目指すところは、
まず、自分自身が「自信」を積み上げて、
自分はこうだ!と
「ありのままの自分」で常に居られることです。
次に、
自分の感覚に合わない人に出会っても
「相手の都合」つまり、
その人はそう思うのだな。
その人はそうしたいのだな。
と相手の問題にしてしまうことです。

自分は自分。
相手は相手。
合わす必要ありません。