健康トピックス 「福田漢方の思い・考え」

疲れた脳を休めるのは意外と難しいものです。
なぜなら、
寝ているとき以外は脳は動いているからです。
いわば、起きているときは働きっぱなし。
疲れて当たり前です。
ですので、休める日は、
しっかり脳を休めてあげてください
では、どうするか?
リフレッシュ!と考える人もいると思いますが
それはそれで気分転換になりますが
脳は動いています

つまりは、眠ること!
それにつきます。

寝だめはできませんが、
日頃の寝不足を解消して
しっかり脳疲労の修復を図ります
アルコールはいけません
睡眠の質を落とします
ついでに、
いろいろな臓器・・・・
胃腸も肝臓も腎臓も肺も休めるべく
できるだけ精進料理のような物を
食べ過ぎずほどほどとし
塩分控えてほどほどの水分摂取を心がけ
激しい運動を控え
サプリ等は控え
必要最小限の薬を内服し。。。。

脳も臓器も身体も休めてあげてください

 

キーワード別 一覧へ

脳疲労が原因で症状が出ていると思われる方は多いです。
眠れない
眠りすぎる
イライラする
頭が冴えない
どこかが痛い
自分をコントロールできない
だるい
やる気でない・・・・・

知らず知らずの内にストレスをため込んで
脳が疲れ果てて、
身体からの警告として症状がでている・・・そんな感じです。

症状がでている人は、
もちろん病院で検査してもらうのは重要ですが、
自分自身を振り返って
無理していないか
ストレスをため込んでいないか
そこをチェックしてみてください。

元気が一番ですから

 

キーワード別 一覧へ

昨今の医学の進歩はめざましく
例えば、
乳がん手術も外科的に切らずに「焼く」という方法ができるようになりました。
ロボット手術や新薬も次々と生まれています。
また、
今まで判らなかった病気のメカニズムも判明したり
治療方針もリニューアルされたり
それにともない
新しい視点で予防にも取り組めるようになりました。
がんにかかわらず、
まずは予防、
そして残念ながら病気になってしまったときは
現代医学の標準治療を第一選択とし、
サポートとして、また、上手くいかないときに
視点を変えて漢方や鍼灸やカウンセリングやサプリメント・・・
となります。
予防のためにどうするか?
それも、
その人にできる事を探しながら共に歩みましょう。

 

キーワード別 一覧へ

検査してもわからないといわれた方
見放されような言葉を投げかけられた方
希望が見えず
出口の見えないトンネルに入ったような気持ちで
苦しんでいる方に

「何か」できないか?
角度を変えてみたら見えてくるものはないか?
そんな事を日々、思っています。

よくよく聞いてみると
「ヒント」が見えたりすることも。
検査だけや短時間の面接では、
分からないことは、いっぱいあります。

時間をかけることは、
急がば回れ になることも。

そこにこだわって
ゆっくりじっくりと向き合いたいと考えています。

 

キーワード別 一覧へ

SNSの発達で、人と人のつながり方は一変したように感じます。
しかしながら、
やはり、「側にいて感じる」のは安心につながると思います。
コミュニケーションの仕方の変化や核家族化で、
「生身の人付き合い」が苦手な人も増えてきているのでは。

今年、初頭にも触れましたが、
もう一度・・・・・
「温かい人」をめざそう・・・と。

温かい言葉を
安心できる人に
無条件にリスペクトを
難しく考えず自然体に
人に好かれようとがんばらない
心と体はほぐして
人に言って欲しい言葉を自分に
自分が窮屈に感じるこだわりやマイルールを捨ててみる・・・・

そんな感じでいきませんか?
無理しない無理しない。

 

キーワード別 一覧へ