健康トピックス 「自律神経失調」

日本人の多くは、
内向的で不安がり。
上手くいっているときは良いけど、
何か起こると、つい下を向いてしまう
その傾向があるように思います。

また、
そういう「不安だらけ」の大人の中で
自分の不安を子供に押しつけて、
「頑張れ」「もっと頑張れ」「しっかりしなさい」
と言い続けられた人は、
まだまだダメ!
と思って当たり前です。
もう、いいんじゃないですか。
もう充分頑張ってる。
完璧なんて存在しません。
失敗してもいいんです。

失敗を怖れたり、
完璧を求めると
ハードルが高すぎて
そら、自信なくします。

誰か、温かい人とふれあっていく中で
温かさのお裾分けを貰っていく中で
大丈夫、これでいい
そう思えてきます。
自分の存在を認めてくれる人がいます
大丈夫。
今はそう思えないかもしれないけど、
継続していく人生で、
人の温かみに触れ続けると
「溶けて」いきます。

       

絶望感・・・
いろいろな立場で、
「がっくり」来てしまっている人へ

怒り・悲しみ・喜び・不安・・・・そして絶望感など
人間にはいろいろな感情が備わっています。
言うなれば、人間が持っている能力です。
例えば、
「不安」があるから、
何か危険なことを察知したら
行動にブレーキをかけることができます。

その中にあって、
「絶望感」というのは、
何か困難な状況になった時に
自分で解決できない!と感じ、
また、
誰も自分を助けてくれない!と感じた時に
感じる脳のプログラムです。
絶望することで、
「覚悟」を決めて
せめて自分が「足手まとい」にならないように
自決する覚悟ができると考えられます。

しかしながら、
そこに到達する前に、
現代の人間社会は
温かい手を差し伸べてくれる人が
きっといます。
それは身近な人であったり、
行政であったり
「その道」の専門家であったり。。。

人に相談し頼ることは、
弱っている自分をさらけ出すことになって
「攻撃されたら終わり」のように感じますので、
恐くて相談できない人も多いです。
大丈夫!相談してください。

きっと、
ピンチはチャンス!
そんな風に思えて仕方ありません。

       

自信がない!
自分は何の取り柄もないダメ人間!
自慢できるような事はない!
自分の代わりなんて、いくらでもいる!
自分なんていても居なくてもいい!
などなど・・・・。

そんな随分と弱気になっている人も
多いのではないでしょうか。

大丈夫!
ほとんどの人は
その備わった能力である「不安がり」のおかげで、
自信が持てずにいるのです。
下手に自信満々だと危なくて仕方ないのです。
「自信がない」大いに結構。
だから、
石橋たたいて危機管理できますし
自信を積み上げようと努力できるのです。

昔は、
「おらが村の一番!」
で居れたような人でも
今は「上には上がある」のが思い知らされる時代です。

自信満々で「俺がナンバーワン!」などと
思えなくなっているのです。

自信なんて持てなくて
当たり前の世の中になっているのです。


人と比べるというよりも
自分は何ができる?って考えてみてください。
例えば、
日本人なら日本語で話しますが、
英語ができるのは素晴らしい。
少しくらいなら残業できる体力があるというのも素晴らしい。
パソコン入力ができるのも素晴らしい。
しんどくならずに学校や仕事に休まずいけているのも凄いこと。
他人の心の痛みに寄り添えて、
人に優しくできるのも素晴らしい。
なにか「欲しい」って思っても、
我慢できるならそれも素晴らしい。
そして、
自分が何か行動したり話したりすることで
感謝される事があれば、
これはもう最高の「自信貯金」になります。

「何かできる」
「人に認められる」
それが最高の「快感」なのです。

あわてず、じっくり、かみしめてください。
「今、幸せ!」って思える事を。
不幸のどん底って思っている人でも、
「何か」あるはずです。

小さな事でもいいんです。
「いいなあ」って思える事探してみてくさい。
きっと、ハッピーな気分になることが
見つかります。

その積み重ねで、
「これでいいのだ」と思えて、
「身の丈にあった自分」に出会えるのです。
自分らしく、ありのままで居られたら
自分の感情のコントロールもできるようになるのです。

         

いつも書いていますが、
不安は能力です。
不安だから、危険を回避できます。
しかし、それが過ぎると前向いていかないし、
心がしんどすぎます。

そこで、
「不安のセンサー」を調整する工夫が大事です。

まず、今の自分の感覚や感情を受け入れることです。
「こんな風に思ってはいけない」などというような罪悪感を
持つ必要はありません。
自分に嘘をつかないことです。
自分の感じ方は「おかしくない」 
そう思うことです。

次に、他人からのマイナスの評価を恐れないようにして、
嫌なことは嫌!といえること。
他人がどう思おうが、どう言われようが、
「そう感じた」のだから、
自分のその感じかたを大事にしてください。
それが今の自分。

そして、
安心できる相手に
正直な気持ちを伝えて
肯定してもらえることで
自信になります。
少しずつ自信回復を!

     

コロナ禍の中、
例年と違う師走となっていますが、
コロナでなくても師走は何かと慌ただしいもの。

「焦り」と闘っている人も多いのでは?
実は、焦りという感情は元々人が持っている能力なのです。
つまり、
何かに対して不安に感じると、
当然、それに対処しようとなります。
それが過去に経験があったり誰かに助けてもらえるとか思えると
さほど焦りません。
対処の仕方を探さなくて良いからです。
未来を予想して不安だらけになると
「何とかしないと」という感情が焦りを呼びます。
さらに、いままで、相当闘ってきてすでに「疲れ果てて」いると
新しい不安に、あっという間に「元気」が消耗して
何も対処が思い浮かばず、そのために焦りが増幅します。

さて、どうするか?

まず、深呼吸でもして
自分は何に不安を感じているのか書き出してみましょう。
箇条書きがいいですね。

そこで、
ひとまず棚上げできることは棚上げ。
まずは、余裕をつくること。
余裕がないと瞬く間に脳が疲弊してしまいます。
次に、
自分で対応できそうなものは自分で。
誰かに頼らないといけないことは誰に頼るといいのか?考えて相談してみましょう。
「かもしれない」から脱却するために
その道の専門家に頼るのも良いと思います。
一人で悩むより、誰かに相談を。