漢方相談Q&A

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

ご質問に対するご回答

飛蚊症や目の疲れやカスミ目などに漢方薬は効果がありますか?

はい。効果がございます。
目の病気は、実は内臓の乱れが原因です。

漢方の古からの教えに、「肝の疲れは目に出る」とか「肝は目に穴を開く」というものが
ございます。
内臓の働きが弱ってくると、目に症状として表れてきます。

飛蚊症は、目の中の焦点を結ぶ働きのある 「網膜」の中の超微細な脈絡膜の動脈と静脈の
両方が炎症を起こして、網膜下が腫れたり、出血したりすることによって、「網膜剥離」を
起こして、物を見ると、かすんだり、ゆがんだり、二重に見えたり、星がキラキラと飛んだり、
視野欠損になって、景色の一部が黒く見えたりする病気です。
飛蚊症は、西洋医学的には、年によるもので治らないとされています。

飛蚊症と似たような症状が出る網膜の疾病に、加齢黄斑部変性症がございます。
加齢黄斑部変性症とは、人の目をカメラに例えれば、目の中のカメラのレンズの焦点を
結ぶところに炎症が起こって、焦点を結べなくなる病気で、放っておくと失明することも多々
ございます。
病名の由来は、焦点を結ぶ場所を、網膜の中の「黄斑部」といい、加齢が原因で、黄斑部が変性する病気という意味です。

飛蚊症は、東洋医学的には内臓の乱れが原因なので、漢方薬で、乱れた内臓の働きを整えると、だんだんと網膜下の腫れも取れて落ち着いてくるので、目がかすんだり、星が飛んだりが徐々に減ってきて、視野欠損なども小さくなることがございます。

勉強や過労などで、身体が疲れると、肩がこって、目の奥が痛くなることがあります。
漢方的には、目の奥が痛むのも、内臓の乱れが原因だと考えられています。
目の奥が痛むときは、内臓を元気にするためのサインです。
早めに漢方薬で、体質を改善しましょう。

目の漢方薬の効果が出るまでの期間は、平均4か月間です。
飛蚊症やカスミ目や疲れ目など目の不調で、お悩みのときは、髙木漢方までお気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(神奈川県横浜市) 
髙木 佳久先生

TOP