健康トピックス 「顔面神経麻痺」

突然襲われる顔面神経麻痺。
程度によって、簡単に治ったり長引いたり。

経験から言えば、
軽症の場合、針治療だけで、2~3回、約2~3週間で治った例もあります。
しかし、これはホントに軽いケースで、大抵は半年から一年くらいみておかないと。
それでも、ほぼ治ります

漢方では、「大三五七散(だいさんごしちさん)」という処方が良く効きます。
附子(ぶし、トリカブトの根)を服用できる「証」の人でないといけませんが、
これはいいです。

針では、急性期は通常週に2回程度、回復してきたら、
徐々に間隔を開けていきます。
針治療に対する反応はいいです。
針をしたら しばらく楽ですがまた戻ってしまいます」
という証言が多いですが、
その「戻り方」が少しずつ変わって来るのを実感できるようです。

顔面神経麻痺の治療の選択としては、経験上、針も漢方もかなり有効と考えています。