• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

[ カテゴリー » Topics ]

NONALNUM-MjAyMC4457W15omL57SZ-E



厳しい暑さになりました。特に今年の梅雨は、蒸し暑いかと思えば肌寒くなるなど、
気温も天候も変動が大きく長かったので、自律神経系に負担がかかっています。
多くの人が例年より夏バテになりやすくなっていますから、要注意です。

夏バテとは、日本の高温多湿で不快な夏のストレスによって発生する自律神経
失調状態(自律神経系の乱れによって起こる症状)
であることが非常に多いのです。

自律神経系が酷使されて疲れ果ててしまう夏バテの症状は、猛暑の時期に食欲が
低下して寝苦しくなり、体が重だるくなって気力や体力が落ちる状態で、医学的に
説明すると自律神経失調状態です。 


自律神経系は交感神経と副交感神経に分かれ、双方が絶妙なバランスで切り替わり
ながら常に体の内部環境を一定にするように働いています。日中には交感神経が
優位となり、血圧や脈拍を上げ、胃腸の動きを減らして筋肉を緊張させ体を活動状態に
します。日が暮れて夜になると副交感神経が優位となり、血圧や脈拍を下げて筋肉を
ゆるめて体をリラックス状態にしつつ、胃腸の動きを高め食物の消化吸収を促します。 

また自律神経系は気温の変化に応じて、血流や発汗を調節して体温を一定に保つ
働きも行っています。暑いときは体の表面に近い細い血管を大きく拡張させて血流を
増やしたり発汗させたりすることで、体内の熱を体の外へ逃がして体温が上がらない
ように調節します。逆に、寒いときには血管を縮めて血流を減らすことで、できるだけ
熱が体外へ逃げないように調節します。

この自律神経系は、外界の変化に上手に適応させながら体内環境を一定に保つ
ために日夜不休で頑張ってくれている神経系です。


今回は、夏バテを予防するための3つの予防対策をお勧めします。

①「激しい運動・仕事は控えめにして、睡眠をしっかり十分にとる」
激しい運動や仕事は、交感神経を強く緊張させます。
早寝早起きを心がけて、睡眠をたっぷり取るようにして下さい。

②「動物性たんぱく質、ビタミン、ミネラルを不足させない」
冷たくて口当たりの良い飲み物やそうめん、冷奴などばかりでなくて、
良質の鶏肉、豚肉などのタンパク質や魚貝、海藻類もしっかり食べましょう。

③「体の冷えを予防し、外界との温度差に注意する。」
冷蔵庫の冷たい物の摂り過ぎとクーラーで体を冷やし過ぎに注意します。
胃腸を冷やすと、免疫細胞のリンパ球活性が落ちて免疫力が下がります。
風邪やコロナウイルスにもかかりやすくなりますので、冷やし過ぎは要注意です。 

*******************************************

神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。

がん、自己免疫疾患、リウマチ、潰瘍性大腸炎など

食養生も大切にしている『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/リンク

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

NONALNUM-MjAyMC4357W15omL57SZ-E
睡眠


コロナ不安や仕事に関する不安、ハードな仕事などで、睡眠障害の方が
増えています。
アメリカスタンフォード大学医学部精神科教授西野精治先生は、

「アメリカではアップルやグーグルなどが社内に仮眠室を設けており、
日本でも IT 関連の企業を中心に仮眠室を設置する企業が出てきました。
専用の部屋を設けなくてもいいのです。
リクライニングができる椅子をオフィスに置いてアイマスクをして寝る。
会社は従業員が仮眠できる条件を整えてあげればいい。」と言われています。

仮眠が注目されるのは多くのビジネスパーソンが睡眠不足に陥っている
からです。
仕事が忙しいと真っ先に削られるのは睡眠時間。削られた時間は積み重なり
睡眠負債になってしまいます。

睡眠負債と睡眠不足とは違います。

睡眠不足とは普段は十分寝ているが、忙しい時に睡眠時間を削ること。
睡眠負債は睡眠不足が慢性的になった状態です。


睡眠負債は休日の寝だめでは解消できず、仕事中に睡魔に襲われる
ことになります。
30分未満の昼寝は眠気の解消と疲労回復に効果があります。
最近では、生活習慣病や認知症の発症率も下げるという研究結果も
出ています。

睡眠負債を解決する手段の一つが仮眠というわけです。
ただし、仮眠は根本解決にはなりません。夜十分に寝るのが本来の姿、
それができないなら仮眠で補う。苦肉の策です。

仕事優先で睡眠時間を削るのはもうやめたほうが良いと考えます。
まず睡眠の時間を確保してから仕事の量や時間を決めることが大切でしょう。

ポイント
 1.眠くなる時間帯である 午後2時~4時の前に仮眠
 2.仮眠の時間は15分から20分間
 3.仮眠直前にコーヒーなどカフェインを含む飲み物をとる
 4.睡眠中はリラックスし何も考えないようにする。
  ソファーなどで横になるのは深い睡眠になる恐れがあるため 良くない。



仮眠室などがなく周囲への気兼ねから取りにくい場合は、どうすればいいか。
目を閉じるだけでも眠気を払う効果があります。目を閉じると脳に入ってくる
情報を遮断し脳を休ませることができ、頭が整理されて集中力が高まります。

睡眠の質を高め、頭を休めて厳しい時代を乗り越えたいものですね。

*******************************************

神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。

がん、自己免疫疾患、リウマチ、潰瘍性大腸炎など

食養生も大切にしている『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/リンク

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

NONALNUM-MjAxOC4157W15omL57SZ-E
コロナウイルス

 
 緊急事態宣言も解除され、ようやく街にも人が戻ってきました。
コロナウイルスがいなくなったのではなく収束してないわけですから、
これから、人々の生活習慣は今までと違ったものになっていきます。
一度、在宅ワークを始められた方は、満員電車に乗って通勤する
ことが今まで以上に苦痛に感じるとおっしゃっています。
5月病やコロナ鬱症状が出て、やる気の出ない方もおられます。
少しずつ、慌てず規則正しい生活を取り戻したいものです。

前回、生まれながらにもっている「自然免疫」の話をしましたが、
今回はもう一つの免疫である、「獲得免疫」についてお話します。
 「獲得免疫」とは、生まれてから病原体と接する経験を積み重ねて
獲得して行く新しい免疫システムです。

特徴は、特異性と記憶にあります。

一度侵入した病原体の特異性を覚えていて、二度目に侵入した
場合はすぐに攻撃して発病しにくくなります。
同じ病気に二度かからないのは、抗原抗体反応(一種類の敵には
一種類のみ有効な武器で対応)によるもので、リンパ球のT 細胞
及びB細胞が担当します。
自然免疫担当細胞のマクロファージやNK細胞が常に異物の侵入を
見張り、異物が侵入したら異物をマクロファージは貪食(必要なもの
を取り込み、消化し、分解すること)して、その情報を司令塔リンパ球
であるヘルパーT細胞に情報伝えます。
そして、獲得免疫細胞であるB細胞やキラーT細胞などを活性化します。

自然免疫・・・マクロファージ、NK細胞        
        [比較的大きな細菌、花粉、黄砂、PM2.5]

獲得免疫・・・キラーT細胞、B細胞
         [ウイルス、感染細胞、自己異常細胞、がん]

生体防御機構は、非特異的な監視機構である自然免疫と特異的な
攻撃できる獲得免疫の連携プレーで生体をあらゆる敵から守っているのです。

ワクチンは、この免疫系の働きを利用して作られています。
新型コロナウイルスに対するワクチンが開発中ですが、ウイルスの変異、
副作用も予想されワクチン製造の難しさが伝えられています。

副作用がなく、有効性の高いワクチンが一日も早く開発されることを祈ります。
ワクチンを打っても抗体ができないと感染症にかかります。
自分の力で、抗体をつくる力も免疫力なのです。


*******************************************

神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。

がん、自己免疫疾患、リウマチ、潰瘍性大腸炎など

食養生も大切にしている『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/リンク

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

IMG_20171017_0001



この1か月で、街は激変しました。目に見えないウイルスによって
世界中がひっくり返るほどの事態になりました。
人・物・お金がストップし経済は回らず、緊急事態宣言で営業できない
お店が増え、閉店に追い込まれるお店もあります。

気持ちも落ち込み、眠れない・食欲がない・喧嘩が絶えないと言う
お話が増えています。子供たちも学校へ行けず、ストレスが溜まっています。
寝言を言うお子さん、怖い夢を見るお子さんも増えています。

こんな時に、どのような生活を送れば一番良いのか、知り合いの
免疫学に詳しいドクターにも聞いて考えてみました。
まず、免疫力を落とさないようにすることが一番であると思います。

免疫系は、自律神経やホルモン系と密接にかかわりあっているので、
恐怖や怒り、不安な状態では全く活性化されません。
交感神経緊張状態である恐怖・怒り・不安の時は、自らの副腎から
ステロイドホルモンを分泌して、身体を守ろうとします。
一時は元気が出て動けるのですが、ホルモンが低下すると、その後から
今度は免疫抑制の状態へ落ち込みます。
年末などにとても忙しいなか元気にバリバリ仕事した後に、お正月
休みに入ってほっとした途端によく風邪を引くことがあります。

このような状態は、体は免疫抑制が起こり風邪などのウイルスに感染
しやすくなっています。
疲れをためず、睡眠を多めに取って、身体はお風呂につかってゆっくり
温める。食事も腹八分目にし、野菜・果物も摂ることが大切です。
新鮮な野菜を摂りにくい緊急事態時は、青汁や野菜ジュースなども
取り入れましょう。また、散歩やヨガなどの軽い運動も大切です。
副交感神経を優位にして癌細胞やウイルスと戦ってくれるNK細胞や
キラーT細胞などを活性化しましょう。
リラックスした呼吸と十分な睡眠を心がけたいものです。

私たちの身体には「自然免疫」と「獲得免疫」という2つの免疫システム
あります。
1つ目の「自然免疫」は、生まれながらに体に備わっているものです。
自分の力で元に戻してゆく自然治癒力の根幹をなす重要なシステムで、
マクロファージや顆粒球(主に好中球)、NK細胞が担当しています。

自然免疫は細菌などを排除する力がありますが、細菌・ウイルスなどの
敵を記憶することはできません。異物の排除する為に、迅速に働きます。
まずマクロファージは、異物発見能力が高く、体内に侵入した敵を飲み込み、
細胞の中で消化します。(貪食能)
そして、顆粒球も貪食能(敵を食べる作用)を持ち、生体に傷が出来たら
一番に駆けつけ、細菌が侵入すると食べて殺菌します。
傷の後に膿が溜まりますが、顆粒球が細菌と戦った後の死骸です。
マスコミなどでよく話題になるNK細胞は、がん細胞やウイルス感染した
異常細胞を見つけ、タンパク質を振りかけて排除し、マクロファージの
ようにアメーバ状の高い貪食能を持っています。

BCG接種した方は、新型コロナウイルスに感染しにくいのではないかと
言われています。
しかし、その理由は現在はっきりしていませんが、ウシの結核菌を弱めて
作られたBCGワクチンは、ヒトの自然免疫活性を高めるためではないかとも
言われています。
日本が欧米に比べて感染者数・死亡者数が少ない理由かもしれません。
今後の研究結果が待たれるところです。
次回は、もう一つの免疫システムである、「獲得免疫」についてお伝えします。

*******************************************

神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。

がん、自己免疫疾患、リウマチ、潰瘍性大腸炎など

食養生も大切にしている『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/リンク

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************

NONALNUM-MjAyMC4z57W15omL57SZ-E



新型コロナウイルスが、世界中に広がり、日本でも日増しに
患者数が増えています。
今までウイルス検査できなかった人が、保険適用で行えるように
なったら、患者数が一気に増えることが懸念されます。

大阪大学免疫学フロンティア研究センターの世界的な免疫学者、
宮坂昌之教授がコロナウイルス対策について話されています。
「公衆衛生の概念が最も進んでいたのは当初からイギリス。
今でもアメリカとイギリスは進んでいて公衆衛生の本物の専門家
がいる。大学だけではなくて政府の機関にもいるし、医学の中の
非常に重要な分野だ」
「日本は専門家会議にはウイルスや細菌感染の専門家、内科の
人ぐらいは行くが、公衆衛生の専門家が手薄である」。そして、
「日本は1918年のスペイン風邪の時にたくさんの人が死んだ。
ところが日本の医学が当時は十分に成熟していなかった。
あの時にどういうことがあったのかということは私たちも全く習って
いないし、感染症の歴史というのは日本ではほとんど役立てられて
いないと思う


Wikipediaには、スペイン風邪について次のように記載されています。
スペイン風邪は、記録にある限り、人類が遭遇した最初のインフル
エンザの大流行(パンデミック)である。
スペインかぜの感染者は約5億人以上、死者は5,000万人から
1億人に及び、当時の世界人口は18~20億人であると推定されて
いるため、全人類の3割近くがスペインかぜに感染したことになる。
日本では、当時の人口5,500万人に対し39万人が死亡し、アメリカ
でも50万人が死亡した。これらの数値は感染症のみならず戦争や
災害などすべてのヒトの死因の中でも、最も多くのヒトを短期間で
死亡に至らしめた記録的なものである。

 1918年(大正7年)のスペイン風邪の話は、山本巖先生からよく
聞きました。大阪の阿倍野の斎場に、死体を乗せた大八車を引いた
人がいっぱい詰めかけて、焼く順番を待ったそうです。
しかし埋葬が追い付かず斎場近くには、死体の山が出来ていた
そうです。
患者が病院、診療所へ押しかけ、医者が裏口から逃げだしたとも
言われています。現代の中国・武漢で起こっているような「医療崩壊」が
発生したそうです。

 山本先生の先々代の師匠にあたる森道伯先生は、当時の
スペイン風邪の病態を3つに分けて

脳症型には、升麻葛根湯加白芷川芎細辛(しょうまかっこんとうかびゃくしせんきゅうさいしん)
肺炎型には、小青竜湯加杏仁石膏 (しょうせいりゅうとうかきょうにんせっこう)
胃腸型には、香蘇散加茯苓白朮半夏 (こうそさんかぶくりょうびゃくじゅつはんげ)

 という処方で対応し、多くの患者を救ったことが記録に残っています。

今回の新型コロナウイルスは、病院へ行っても薬もワクチンもまだありません。
新しい新型インフルエンザ薬や、エイズの薬を利用した試みも
報道されていますが、どのような副作用が出るか分かっていません。
重症のご病気の方、持病のある高齢者の方は、優先的に入院が
可能かもしれませんが、患者数が多くなった時は、病院での対応は
不透明です。

 3月2日からの2週間は外出自粛で沈静化をはかりたいというのが
政府の見解です。
世界的な感染が広がるパンデミックが起こり、病院がパニックなったら
大変な事態になります。
心配な毎日ですが、規則正しい毎日と食生活、そして手洗い、免疫力の
維持が非常に重要な予防手段であると思います。


*******************************************

神戸市中央区で漢方薬の相談薬局。

がん、自己免疫疾患、リウマチ、潰瘍性大腸炎など

食養生も大切にしている『漢方薬局けんこう屋』にお問い合わせ下さい。

http://www.e-kenkouya.com/リンク

【天寿を生き、心身ともに健やかな人生をあなたに・・・】

********************************************


Copyright© KENKOUYA PHARMACY. All Rights Reserved.