• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

女性 48歳

《主訴》硝子体混濁との診断されて治療する方法はないとのことで ご相談を受けました
今年の夏ぐらいより右目の視力低下で日々によって変わる状況でしたが、ここ最近はずっと視力低下で一定しだして○○眼科クリニックで「硝子体の混濁のためであろうとことでステロイドと抗生物質の点眼薬が出されている。

過去15年前も二人目出産後に現在と同じくらい視力を失い、眼科では原因がわからず少しずつ回復した経緯があります。

元来から頑張り屋で出産5回で子供が5人おり、夜間3.4時の営業の店舗を努めたりして現在も睡眠時間が3~4時間くらいで 食べたらすぐ眠くなるので 仕事に影響するとのことで夕食しか食べなかったりしています。

過去から貧血が強く 鉄剤を点滴したりしています。
冷房が弱く 腰痛があり 気力がうせる状況があります。生理も遅れがちで脾不統血で膜薄からか、生理出血が大量鮮やかであることもあります。

【面】痿黄で脱。(脾虚 腎陽虚) 面肌層も皺痩で 脾脂膜が萎えて、顔色が黄で脾虚の側面が強く出てい ます。 黒子が多い(腎虚)
【眼】眼力が失せている 眼目周囲は 上部は太陽経 コメカミは少陽経 下部は陽明経で三陽が集まっている所ですので陽気不足があり 食事するとすぐ眠くなる
【腹】臍横腎経圧痛 一部動悸
【舌】略淡~紫(気血不足・寒凝瘀血)
【脈】右 沈細微搏(脾 虚絡滞) 左沈伏細如糸(血虚・腎陽不足)

硝子体混濁の原因が炎症・循環障害・腫瘍・網膜変性・代謝障害からとすると
上記の漢方分析からですと循環障害が考えられ 脾虚で脂膜が痩せていることから考えますと漢方でいう三焦の膜腠が痩せて気血水を順行する空間が痩せていると考えられ、気血不足から目の上位まで注ぐには脈気が弱い状況もあり、貧血でありながら 生理出血が鮮紅大量であって 中医学でいう脾の不統血で血管膜も薄く透過性からの出血も考えられ、またもし眼底出血があれば、その後の硝子体の瘀血の代謝吸入の処理能力も 脈気から不充分と考えられます。黒子も微小循環の退廃と考えます。

漢方では益気が君 補血が臣 佐を通絡化瘀と考えます。
治方で益気化瘀通絡です。

当薬局では 鶏内金を良く用います。食品ですが
鶏内金は鶏の砂嚢の内壁です。 本経逢源には「眼目障翳を治す」 とあります。
一般には宿食や胸腹中の病塊や腫痛を消したり 膵石などにも用いられ 瘀積を良く消すので虚労病は血痺虚労でセットで金匱要略に納められており、虚労からの経絡に多く瘀滞があるのを益気しながら鶏内金で経絡の瘀滞を化す作用があり、硝子体中の混濁の瘀を取り除くと考えます。
生脈散(麦門冬・五味子・人参)で 脈沈伏の状況から脈気充足させ 黄耆・当帰で益気して目の上注と眼窩脈絡を通血しさらに熟地黄と山茱萸で酸甘で肝腎充足させて眼窩血流充足させ 枸杞子・菊花で細絡通脈させ 後の 瘀血をサフラン 気鬱を散らし血を調えるを鶏内金と併せて 目の細い血絡には重い駆瘀血剤では無効で 香りのある気味の軽いサフランが一番有効と考えます。

患者の感想は疲れが取れてふらつくなどの貧血症状が無くなり、視力だけでなく、目に力が出てきて、むさぼるように服用しているとの表現までされて「これが無くなるとガス欠する状態になる」と言われ現在も継続してのまれています。

昨日、テレビを見ていてアナウンサーの故逸見政孝氏の奥様のエッセイストの晴恵氏が骨髓異形成症候群による原因で亡くなられたとのことで
現在6年半前より、同病のご相談中の患者があり、ご報告したいと思います。
漢方的には 弁病とするは「血労」分類で 発症素因は内因は腎虚虚労の延長戦上、外因は湿熱蘊熱からの暫時、血分に鼠入してきたものと考えました。
病院より寿命は5年、2年以内に輸血でしかしのぐしかないと言われ来局されました。

注意;骨髄異形成症候群(こつずいいけいせいしょうこうぐん、myelodysplastic syndromes; MDS)とは骨髄機能の異常によって前白血病状態となり、造血障害を起こす症候群。

最初のデーター(2004.5.13) 現在のデーター(2010.7.15)
白血球 2.5↓(3.8~8.5)    →3.8
赤血球 3.00↓(4.00~5.50) →4.10
血色素量11.7↓(13.0~16.8) →15.1
血小板16↓(100~400)      →56↓
    
まで回復され、来局時は病院からはプレドニン5mg ムコスタ錠剤100 ツムラ補中益気湯エキスが出ていましたが、途中からは
検査観察のみになった患者です。

発症は61歳(現在67歳) 大学の教授で海外講演が多く多忙。一年半前より血小板減少、4.5ヶ月前より、赤白血球も減少。
○○病院で骨髓異形成症候群と診断され予後5年の確立が高いといわれる。
過去網膜はく離で、現在緑内障治療を行っている。胆石から過去胆嚢切除。
口苦が朝方あり、口渇あり、便は緩い 疲れやすい。下肢に紫斑あり。盗汗あり 睡眠浅い

<面>眼瞼浮腫 やや萎黄(脾虚)
<望>声が高く 多弁(心熱)
<腹>心下痞硬して心下から臍まで動悸が強い。脇下伏熱でムーンと蒸している(心腎不交、腎虚火逆)
<脈>右 浮弦大 按弱  左浮大で 虚労脈で虚陽浮越で勞極の脈
<手>尺膚軽擦で伏熱 手掌の小丘の赤く鬱血(心経浮熱)
<舌>舌縁絳紫 微黄膩苔満布 (湿熱蘊伏 営血分伏熱)

2008008

2008009

こういう営血分に伏熱が強いときは補中益気湯は甘温剤は伏熱を幽閉してしまうので要注意であり、口苦がある状況下では黄耆は注意を要する。まさしく苦味の配合で、医学衷中参西録の黄耆に知母や玄参の加味で使える。

<治方>清熱涼血兼養陰 清熱化痰
風邪などの罹患で外感伏気で虚労伏熱がすぐ化熱しやすいので注意。
漢方服用後、すぐ反応して夜間が良く眠れる、出血斑がすぐひいた。緑内障の眼圧が今まで一度もないほど右11左15まで下がる。朝方の口苦口乾がなくなり、疲れにくくなり、血液検査像はすぐに反応しなかったが、半年後より、血小板が16→38になり赤白血球が少しづつ上がってきて今日にいたる。

2008298



上画面は貝殻状爪で爪面が溝状で肝血不足で生理が3,4ヶ月に一回、生理量が少なく疲れやく、朝が起きにくい
2010515172


上画面の写真は鉤爪状で彎曲して肝風血虚で頭脹痛や耳鳴りで上気のぼせを生じやすい症状があります。


東洋医学では爪は肝の栄華なり、で肝は血の蔵で、肝が豊かであれば、血は末端の爪まで満ちて爪面は肌色の血色の良い、縦皺横皺もなく、艶の良い爪が健康的であることを表している。
女性は月経による生理血で、元来「血が少なく、気が多い」と言われ、血虚からの爪に縦筋が多かったり、割れやすくなる患者を多く診ます。「血虚すなわち筋急」で血の潤養が得られないと、筋肉の痙攣が起こりやすく、皮膚の乾燥も起こります。

また肝は筋膜を主るとも言われ、慢性的炎症による筋膜間が乾いてきますと、萎縮して血液リンパの通利を悪くして痛(痺)が生じやすくなります。乾くと萎縮するのが自然の摂理ですので、鎌の刃のような鉤爪も同様です。漢方的には肝風風動(四肢引き攣り、嘔気する眩暈、強い耳鳴、痙攣性頭痛)を生じやすいととらえます。一般病名の脳卒中の中風もこれに類します。
疲れるとあくびがよくでるように、あくびは「欠伸」とかき、伸びを欠き、身が萎縮するゆえ、背伸びしようとして身体は対応します。中風でよく倒れる前に欠伸をよくしていたとか、しゃっくりをよくしていたとかもよく聞きます。しゃっくりも、横隔膜痙攣ですので、筋膜を支配する肝との関係が多いにあります。柿のへたは横隔膜に似てしゃっくりによく用います。
漢方相談されるときは、能があっても、(;一_一) マニキュアで隠さないで爪をみさせてください。

69歳女性

<主訴>通年性の咳嗽と痰が止まらず。どの医院で薬を服用しても治らず、医師からは原因がわからないとのこと。
  布団に入ると憎悪。痰が切れにくい。温かいもので治まる
  便秘で 3日一回便秘薬服用。上気多汗で背中に汗をよくかく。
  盗汗あり。汗後にそわそわした悪風を感じる。
ご相談をしていると、患者さんの声がかん高い(肝熱)
<舌>喑紫瘀斑 苔膩 舌裏怒張
<腹>心窩部冷たい
<脈> 弦 大小不整で 結脈

脈不整で脈来が大小で跳び 脈では結脈分類にはいります。
これは老痰内結(現代医学では高脂血症と尿酸数値が高いなど、久しい腐敗した油のようなもので通利が悪くなっている)があると思われ、また宿食停積(久しい便秘、ヘソの横のツボ天枢穴が圧痛)
気血凝滞で気血上逆して心肺の上焦鬱熱からの咳嗽と考えます。 
漢方のバイブルである2000年前の傷寒雑病論の婦人産後病では、生理後の虚により「積冷」「気結」から婦人病から肺病や厥癲(癲癇)まで起こすで「鬼神」には非ず(たたりではない)としっかり説明しています。
患者は40代に 子宮体癌で全摘出もあることも問題があります。
これらから 更年期の血管伸縮失調のホットフラッシュに類似し、上気による咳嗽と考えます。ただ 結脈不整があり心窩部が冷えて寒飲があり上と下との気の流れを悪くして、これらは不整脈や上気に悪い影響を与えています。
「咳は肺の病のみならず、五臓六腑みな咳せしむ」とは まさに漢方をするものにと
っては名言であると思います。


Copyright© 命門堂漢方薬局. All Rights Reserved.