• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

PMS 月経前症候群

命門堂漢方薬局 神戸店 (兵庫県神戸市東灘区)

女性 40代
<主訴>PMS 左右耳前の痺れ(歯のしみることあり)
        左大腿部に朝方6時頃痺れる 現在もぼんやりと痺れる
①生理10日前より下腹部の張りを感じてくると下肢ふくらはぎの浮腫
②生理前軟便3日ほど 過食
③生理と同時に頭痛でコメカミ両方が押さえつける感
④生理痛は下腹部のキリっとする痛み 鎮痛剤服用
   
<生理環境>生理血塊が多い 不順はなし
<愁訴>顔がほてりやすい(汗・ホットフラシュ?) 水っぽい鼻水がでやすい
      腹が張ってガスがでやすい 夜間尿1回 背中・手足先の冷え
<腹>脇下硬い 右脇緊張 心下痞鞕気味で中脘~水分硬結動悸
<脈>左右 関のみ浮滑小 滑も軟(舌も軟)→気虚不能陰火の統摂によるのぼせ
    右関浮滑 脾熱縮食不化   左関浮滑 肝熱頭暈
<舌>
NONALNUM-UE1T6IiM6Ki6-E











<舌象弁証>四象弁舌;舌豆腐象と餠象混合(寒湿~寒痰)
寒熱弁舌:豆腐象で豆腐苔も微黄苔(虚寒証に湿中陰火あり)
虚実弁舌;虚 豆腐象(気虚)
       実 餠象(痰滞~食滞による微黄から虚火(陰火とくに瘀斑があることから
             衝任脈の虚火あり?)
臓腑弁舌;舌柔で臓虚
三焦弁舌;白多黄少柔苔(湿多熱少・湿漸化熱) 
瘀斑混在 舌正中に右側に傾斜 上歯T1と下歯T1のズレ

<弁証>心下~中脘に脾虚湿滞があり、中焦から衝脉~任脈の痰滞阻滞内陷により衝任脈血分への内陷から舌縁瘀斑を生じて衝脉~肝胆疏泄不利して上焦ではコメカミの頭痛や耳前の痺れ下肢では胆経への痺れ、湿濁内陷による生理前下痢と下肢浮腫を生じて一部衝任脈の湿中伏火が陰火となって生理前の過食や面上へののぼせとなっている。

女性 30歳
<主訴>不妊症 学生の頃より生理不順(子宮内膜症) 結婚し不妊治療開始

<経過> 生理不順(子宮内膜症)でピルを服用
    10年後 潜在性高プロラクチン血症
    11年後 多嚢胞性卵巣
    12年後 内膜症 チョコレート嚢胞を腹腔鏡手術
    LH数値低く 高温期 階段状
 原発性不妊症 排卵障害の加療後の体外受精もLH数値の低下による
 胚移植実施が不可

<生理環境>
生理血の血塊が2日目に多い。ピル服用前は40~50日の遅延型生理
生理初日二日の生理が多く、後はダラダラと続いていた(手術後は改善)
 ※生理前PMS症状あり

生理前よりコメカミのズキズキする頭痛で揺れる、時に嘔気を伴う
腹痛はだるく鈍い肛門痛を伴う、あと胸張とイライラ・不安と過食を
ともなくことあり帯下は多く白色帯下 時に黄色で疲れたり・ストレス
で便秘がちになると腥臭を伴い カンジタを発症しやすい

<愁訴>
下肢が浮腫みやすい 腹満ガスが多い 便秘がちである 肩こり(横)不安に
なりやすい 皮下出血しやすい

<体表観察>
手掌発汗が多い(痰滞腠理による衛気通利が悪い)
脾経の陰陵泉穴抵抗(脾経水滞あり) 肝経に太衝穴抵(肝鬱)

<腹>
中脘~神闕(臍)~陰交穴までの任脈が棒状に緊張して硬結 臍下関元(丹田)は按じて
  空虚で軟弱 左少腹抵抗圧痛 神闕左右肓兪は硬結抵抗して動悸

<脈>右>左 右浮弦滑搏 左寸関 浮弦 全体に弦やや滑搏で 按じても力あり

<舌>
image001


軽度に有歯根に餠象で湿痰が沈滞した舌象で苔は白膩苔で覆い舌面の色合が
湿痰で赤みが見られず 肝区分の縁に瘀斑のように鬱血したように一部が浮き出て舌前の茸状乳頭は瘀点で黯紅の色素沈着があり、血瘀が久しい重度を示し ている。舌裏は舌根白濁に静脈鬱血拡大と怒張があり、痰滞~気滞~血瘀あり。

<弁証>
舌苔白膩苔で縁黯紅で前乳頭瘀点で黯から、18歳から内膜症からの生理遅発
があり、腹部は中脘から~陰交まで任脈の正中線上が硬く硬結して抵抗があり、
湿痰が詰まって任脈~血海(子宮)への通脈を悪くしており、想像するに、冷飲食
や質の悪い脂質性の食べ物やトランス脂肪酸などで臍中心の抵抗動悸で乳糜槽の
リンパ対流負荷(腸本幹リンパ~腰本幹リンパ)がかかり、下肢が浮腫気味だけ
でなく静脈還流が重くなり、それらは骨盤腔内の末梢還流抵抗となり、いわゆる
「水不利して血不利する」気分証→浮腫がおきてから生理が遅れだしたか(易治)
「血不利して水不利する」血分証→生理が遅れだしてから下肢浮腫が生じた(難治)
かですが、脈象は左右とも弦滑脈で痰火が中心の脈で弦渋の血瘀が中心の脈では
無いので気分証と考え、膜間空間の自由水の流れが悪く、漢方でいう少陽三焦水道
の不利から痰滞火鬱して(フィードバック障害)いる状況なので、化痰通脈を中心
にして症状改善が見られないかと思います。手の汗と臍下軟弱から 上焦火鬱―中
焦痰瘀阻滞―下焦虚寒で漢方処方では延年半夏湯+女神散などが考えられます。

<弁病>
湿痰久滞から 敗痰が卵巣を失道して 衝脉(卵巣)~任脈(子宮)に攙入 
さらに上熱下寒(フィードバック障害により)となる(不妊症) 

<治法>化痰通絡兼化瘀 養衝温下
乳製品やパン食・ショートニング・夜8時以降の食事を避けるように指導

漢方服用 1年後 妊娠

春はのびのびがいいですね。ただこの時期三寒四温で体調を崩す人が多いです。これらは四季折々の気の出入りがうまくいっていなかったために、あると述べています。
行過ぎた暖房、冷房、餓えを前提とした生活にない飽食生活からの充電放電がない、鈍くなった肝臓から、低体温の子供がふえたり、不妊で高温期が上がらない現代人に、漢方の古典の有名な本ではこう解いています。

 【素問・六微旨大論篇第六十八】
「岐伯曰、出入廃、則神機化滅、昇降息、則気立孤危。故非出入、則無以生長化収蔵。是以昇降出入、無器不有。故器者、生化之宇、器散則分之、生化息矣。故無不出入、無不昇降。化有小大、期有近遠。四者之有、而貴常守、反常、則災害至矣。故曰、無形無患。」

《訳》出入がなければ、活動の主宰は壊滅してしまい、上昇や下降がなくなれば気の勢いも崩れ去ってしまいます。この故に進退や出入がなければ、生まれ、成長し、花が咲き、実を結び、そして潜伏するという生命現象もなくなってしまいます。いかなる形体もすべて気の昇降や出入をもっており、それゆえ、形体はとりもなおさず、一つの生成化育の世界なのです。もし形体が崩壊してしまえば、生成化育もやはり停止してしまいます。だから形体を備えたいかなるものも、気の昇降出入していないものはなく、それらの間には生成化育の大小とその時間の長短の区別があるだけなのです。それとともに気の昇降出入によって正常な状態を保持することが必須てもあり、そうでなければ災害にでくわします。ゆえに「形体がなければ災害もない」という言い方があるのです。

形あるものはいつかは崩れますが、若々しさを保つには、しっかり食べてよく動き、排便をしっかりする。まずは当たり前のことができにくくなくなった現代生活を考え直す必要があると思います。

胃癌摘出後の体力低下と食事をすると腹満で便秘と下痢を繰り返す人に
補腎(陽)の生薬を加えてより効果が出た。
「素問水熱穴論」に「腎は胃の関なり、関門利せず、故に水聚まりて其の
類に従うなり」 とあり、腎気が化するときに則ち二陰(大小便の竅)
通ずるとあり、腎気化せざるときは則ち二陰閉じて、閉じると胃が上満
すると書かれている。 よって腎気がしっかりしていれば胃気の働きが
スムーズになるとの教示している。

女性68歳(62歳来局)
49歳 胃癌で半分以上胃の摘出。一部リンパ。胆嚢摘出。
それ以来ガス腹満・便秘・下痢を繰り返す。食事するとすぐ腹鳴して嘔気。
排便後の腹痛。低血圧で朝がおきにくい。
整形では骨密度低く、アクトネル服用。病院から加味逍遙散エキスが出て
いたが調子が良くない。
大建中湯や補中益気湯なども服用したが、そんなに効果があるように思えない。


image002


<舌> 舌中央前半からW字裂紋 中央~根が舌肉が裂紋萎縮して脾陰の陰傷
で乳頭は小粒退縮 舌縁も鋸状で肝陰虚 苔は少なく、舌中~左側に淡黄残存
して湿濁不化。 湿痰象からの暫時 半表半裏から裏に入り臓結して傷陰経過
をたどった象と考える。

<弁病体質>気陰両虚 湿濁不化 (脈は虚弦で按而無力)
啓脾湯と平胃散での対応である程度の主訴は改善したが、便通が不安定で
食べてすぐ下痢になったりすることもあり、友達との旅行でのお泊りが
できないと嘆いていた。
その時に 「腎は胃の関門也」が浮かんだ。
鹿茸の「崩漏帯下、陰疽不斂及久病虚損等症」である。脾の脂膜が傷んで陰疽
の状態で久しく傷口は収斂しないから下痢になるものに鹿茸を用いることと
解釈した。
結果は?オーライだった。便通が安定して、排便後の腹痛も無くなり、体重も
増えて体力がついてきて、仲良しの友達と韓国旅行に行けるようになったと
喜ばれた。その後3回も韓国に行かれている。旅行中の便秘・下痢腹痛で
トイレを探す気持ちの不安もなくなり海外へ行けるようになり喜ばれた。

※鹿茸
[主治]
腎虚、頭暈、耳襲、目暗、陽痿、滑精、宫冷不妊、羸瘦、神疲、畏寒、
腰脊冷痛、筋骨痿軟、崩漏帯下、陰疽不斂及久病虚損等症。

※原蚕蛾
「主治」
陽痿遺精,白濁,血淋,金瘡出血,咽喉腫痛,口舌生瘡,痈腫瘡毒,凍瘡,蛇傷。

木の芽時

命門堂漢方薬局 神戸店 (兵庫県神戸市東灘区)

桜の開花予想が聞かれる頃になりました。この時期は春の陽気を感じる日中に比べて、夜間はまだまだ寒く感じます。また「春に三日の晴れなし」といわれるように気象変化が大きいのもこの時期の特徴ですね。
昔から春は情緒不安定になりやすい季節といわれています。それは冬から春へと気候が変わるとき、自然の陽気が上昇するとともに人の陽気も同じく上昇するからだと中医学では考えるからです。 陽気の上昇が過剰になると躁状態、逆に気の不足によって十分に上昇できないと相対的にうつ状態が出やすくなります。

五行による五臓と季節の組み合わせでは春は肝と関連します。肝はストレスによる影響を受けやすい臓器。春は気候における寒暖差だけでなく、新年度や新学期などの新生活が始まり、期待や喜びの半面、それに対する不安も抱く時期。環境の変化が大きいゆえのストレスによって情緒不安定になりやすいのもうなずけます。

ストレスが多く交感神経が緊張した状態は中医学の肝気欝結に通じる考えです。

肝は樹木のようにのびのびとし、発散することを好みます。ストレスのため肝が十分な役割がはたせず気の流れが欝滞してしまうと、憂うつ・楽しくない・イライラ・胸苦しい・ため息などが現れます。さらに肝の気・血の量が不足して働きが低下すれば、興奮しやすい・怒りっぽい、逆に落ち込みやすいといった症状がみられます。この状態が続くと相生の関係である腎にも影響を及ぼします。気が不足すると血や津液もつくられなくなり、生命力を表す腎の力も低下し、不眠や足腰のだるさなどにつながります。

湿邪も気を滞らせる大きな原因です。冷たい飲み物や生野菜のサラダ、果物など身体を冷やしてしまう飲食物を必要以上に摂ることは湿邪を招いてしまいます。

緊張状態が長く続くと呼吸が浅くなり横隔膜の動きが悪くなってさらに気が滞ります。そんな時の「ため息」は無意識のうちに呼吸筋の緊張を緩めているのだと思います。

だからこそ、普段から養生を心がける事はとても大切です。

すこし早起きをして朝の光を浴びながら散歩をしてみてください。新鮮な空気を取り込んで横隔膜を動かすことで肝の気のめぐりがよくなり一日快適に過ごせると思います。

疲れた身体を休めるために朝はゆっくりと眠りたいと思いますが、お休みの日などにためしてみてください。気分が塞いでいるときには特にお勧めです。

前向きな思考は活性化した柔らかい頭に宿ります。
精神の働きは精・神・魂・魄・意の五つに分けてそれぞれ五臓に対応しています。神経、知識といった脳の機能が活性化するためには五臓が正常に働くことが必要で、そのためには十分な量の気・血・水がスムーズに身体をめぐっていなければなりません。中でも生命力との関わりの深い腎は特に重要だといえます。「腎は髄をつかさどる」、髄とは骨髄のみならず脳脊髄系の中枢神経を指します。腎が弱まると、腎に関する「恐」に対する感情が過敏になり、不安と悲観が強くなって意欲が衰え集中力も低下します。さらに脾胃も弱ると対応する「思」が敏感になり、強い意志を持ち続けることができなくなり根気がなくなります。

日常生活での心の養生には食事が大切です。気の量を増やすためにはしっかりと食べなくてはなりません。

タラの芽・にんにくの芽・つぼみ菜・たけのこなどの春野菜には脳機能を活性化させたり、ストレスを抑制する、などの報告もあるようです。旬の食材をバランスよく適量いただく。冷たい飲み物は胃腸が冷えてしまいます。理想は腹八分です。

食養生と呼吸法を取り入れると漢方薬の効果も最大限に生かすことができます。

心と身体のバランスを整えて楽しい新年度を迎えてください。


Copyright© 命門堂漢方薬局. All Rights Reserved.