電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話でのお問合せ 047-460-5593漢方相談 誠心堂薬局 船橋店(千葉県船橋市)
  • 漢方薬のきぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス
  • よくある質問
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

[ カテゴリー » Topics ]

最終回の3人目は41歳のIさんです。

彼女は習慣性流産があり、5年以上不妊治療を続けて体外受精も行いましたが、いい結果は得られなかったのです。
モニターとして誠心堂に来た時は、採卵しても空胞になってしまうほど卵巣機能が低下し、FSH(卵胞刺激ホルモン)値が30もある、かなり厳しい状況でした。

加えてIさんは物事のとらえ方がネガティブで「妊娠はしたいけど、出来ないと思っています」と自ら言い切るような性格です。
「それなら、どうしてモニターに応募したの?」と聞くと、「私、矛盾しているんです。だからぜんぜん妊娠できるような実感がないんです」という。それなのに妊娠しない不安から採卵を続けてしまうんです。卵巣機能を回復させるためにも採卵はしばらくお休みした方がいいとアドバイスをしても採卵を行ってそのたびにFSHがグンと上がってしまうのです。

そこで最初に行ったのが三焦調整法の鍼です。するとFSH値が半分まで下がり、そのうち正常値になっていきました。下垂体のホルモンは出ていても、それがうまく卵巣まで届かないとFSH値が上がります。ですから卵巣の血行を良くする治療をすれば数値は下がるのです。

Iさんは冷え症で痩せており、食も細い腎虚タイプだったので、内臓の血行も悪い。このようなタイプは採卵に伴う微少の出血でもダメージになることがあるのです。そういう状況を早めに回復して上げると卵巣の血行もよくなりFSH値も正常になります。数値が正常になったら、もう少し時間をおいて卵巣を休めとこうと言っても、すぐに採卵に行ってしまう。。。

そんなことを繰り返していましたが、治療から6か月後にはいい卵が3個採れて、体外受精で妊娠したのです。

しかし、結論から言うと、19週で早産してしまいました。というのも諸事情で妊娠12週で漢方の治療を止めてしまったのです。腎虚タイプは流産、早産しやすいので治療の継続は不可欠なんです。
とても残念なことです。年齢からいってももったいないことをしたと思います。

妊娠できたことに自信がついたのでしょうか。「もう一度チャンスをください」といって、現在、再度妊娠に挑戦中です。

今回は35歳のEさん
結婚して7年間不妊治療をしていました。3回ほど体外受精も試みましたが、一度も妊娠にはいたりませんでした。なかなかいい卵が採れないと悩んでおり、こうなったら体質改善するしかないとモニターに応募したそうです。

「いい卵が採れるまで半年の時間がかかる」という最初の説明を信じてくれて、苦い漢方薬も頑張って服用し、鍼治療も耐えて、念願の6か月で妊娠しました。

EさんはBMI(Body Mass Index=肥満判定の国際基準。普通値は18.5~24.9.それ以下はやせ、それ以上は肥満となる)が30近くあった肥満体形でした。
肥満は着床障害をおこすので、まずは内臓脂肪を減らすために体重を10キロ落としてもらいました。

中医学でいえば、気虚痰湿タイプ。つまり、体を温める力、ホルモン分泌を一定に保つ力が弱い気虚と、体の中に不要なものが溜まってしまい必要なものが届きにくくなる痰湿の両方を持ち合わせているのです。ですから気を補って血行を良くして補腎を行うことと、痰湿を良くするために糖質制限をしながら食物繊維を多く摂って体重を落としてもらいました。

補腎と活血法もおこないました。補腎とはホルモン分泌を安定させることです。活血法とは漢方と鍼で子宮や卵巣の血流を上げる方法です。漢方は血液の粘度を下げ、鍼は血流を集める効果があります。補腎と活血法の二つで着床できるようにもっていきました。その間も人工授精は行っていましたが、なかなか結果がでなかった。

そうこうしているうちに治療から6か月目になり、Eさんは「そろそろいい卵ができているのではないか」と期待をしながら、久しぶりに体外受精をしたらみごとに着床していたのです。妊娠中も太らないように月に一度来店し、順調に赤ちゃんも育っていきました。

漢方はその人をベストコンディションにもっていき、本来の身体の力を発揮できるようにする薬です。ですから不妊で悩んでいる人が妊娠できるのはもちろんですが、太り過ぎの人はダイエットもできるし、痩せすぎの人は適正体重になることも可能なのです。

ここが西洋医学と違うところで、漢方は全体の健康レベルを上げるという利点があります。

今回から3回に分けて、ジネコさんが募集した中医学での妊活するモニターさんのうち、実際に妊娠された3名の方のレポートをお送りします。

なんと、5名中3名が妊娠するという快挙でした。選出した5名はどの医療機関でも妊娠しなかった人たちです。

最初の方は35歳のAさんです。
2年半ほど病院の不妊治療を受け、5回の体外受精も行いましたが妊娠には結びつきませんでした。凍結していた卵がなくなり、また一から採卵と言われ、今の状態では再度採卵しても着床は難しいのではないか。だったら採卵よりも体質改善をしてみようとモニターに応募。
その頃お父様が大病なさり、父親が生きてるうちに孫を産みたいと、妊娠したい気持ちが強くなっていたことも後押ししたとのことです。

妊娠したい気持ちが強ければ、いい卵がとれるわけではありません。いい卵ができるように彼女に必要なケアがあります。年齢が35歳くらいならば正しいケアをすればいい卵はいっぱいできます。これはどの女性にも言えることですが、誠心堂では半年ほど時間を頂ければ、30代なら必ずいい卵が取れることを経験と実績で確信しています。30代なら卵巣に残っている卵の数もあるので、卵巣への血流量を上げながら補腎を行えばいい卵が必ず育ちます。

体外受精は失敗していたので時間をかけて行う予定でした。漢方薬の治療を開始して1か月後にとりあえず人工授精をAさんは受けました。すると、その人工授精で妊娠したのです。治療から1ヶ月という短期間での妊娠。「いままで体外受精をしてもだめだったのになぜ」と、驚きました。

老化してしまったものを元に戻すような魔法の漢方はありません。しかし、誠心堂の実績では卵巣にストックされている卵胞の中に、ダメージを受けていない、いい卵があるなら50歳でも自然妊娠する人はいるということです。肉体的に40代の後半でもいい卵が残っている可能性はある。それが30代であれば卵巣に大きな婦人科疾患が無い限り、確実にあると思っています。

また、相方の男性も同じです。いい卵といい精子があれば、必ず妊娠する、そのお手伝いは出来ると確信しているのです。

妊娠中はお母様が糖尿病だったことから、本人の体重管理もしてもらったのですが、元々甘いものが大好きだし、2年半かかってやっと赤ちゃんを授かったことで周りからお祝いに甘いものをいっぱい頂いて食べてしまったことから、妊娠30週で糖尿になって入院しました。

幸い初期の段階だったので対処でき、40週で3400gの元気な女の子を出産しました。母子ともに元気で過ごしていらっしゃいます。

こんにちは。暑さとともにジメジメとした気候になってきました。

梅雨になると胃腸が弱い人にとっては体の重だるさが出たり、浮腫みなどもでたりで辛い季節にはなります。

この時期に船橋店限定で、ワンコイン相談会イベントを行います。

500円ワンコインで中医学のスペシャリストから舌診が出来たり、血流計も測定できます。

今週は6/11(火)と6/14(金)に行います!

お悩みの方は是非ご相談ください。

今回もGABAについてです。

GABAはグルタミン酸に酵素が働いて作られます。ストレスが発生すると脳内で生産されます。グルタミン酸は脳内に多く含まれますが、脳の機能に支障をきたすアンモニアをグルタミンに変える働きをしたり脳機能の活性化を促す役割を果たします。

これに対し、GABAは脳への巡りをスムーズにさせたり、酸素の供給量を増加させたり、イライラや不安を改善する働きを持っています。普通の白米と比較して4倍のGABAが含まれている発芽玄米は脳の疲れやストレスを抱える現代人にとって最も必要な食材の一つと言えるでしょう。

現代人にとって、GABAはどの程度の量を必要とするものなのでしょうか?現代人はストレスの海にさらされています。その為、人間が通常体内にもっているGABAはストレスや疲労をやわらげることに使われてしまい、現代人は慢性的なGABA不足状態と言われています。さらに人間は本来、体内でGABAを作る機能を持っているのですが、その人間の体にストレスや疲労が蓄積されて来たりもしくは年齢を重ねたりしてくると、そもそもの体内に備えてあるGABA量そのものが少なくなる傾向があります。GABAの不足により興奮系の神経伝達物質の過剰分泌が抑えられなくなります。

仕事を抱えたり、ストレスにさらされたりする現代人に最も必要と言える栄養素のGABA。毎日の生活でどの程度必要かと言いますと、例えばサプリメントや食事で摂る場合、1回で30mg以上、多くとりたい人で50-100mg程度が妥当な量と言われています。食材ではトマト、なす、かぼちゃ、きゅうり、メロン、アスパラガス、みかんなどの野菜や果物に多く含まれています。
最近ではサプリメントはもとより、GABAが多く含まれるチョコレートや飴、コーヒーなどを開発するメーカーも増えておりその消費者の観点からは選択肢が広がり非常に身近な栄養素となってします。

ストレスフルな社会で活躍するあなたも、GABAを少しでも意識して多く摂ってみましょう。そうすることでストレスや疲労が緩和され充実したライフスタイルを送ることができます。GABAはストレス社会を生きる現代人におすすめの栄養素です。

誠心堂では6/1よりオリジナルGABAサプリのキャンペーンを行っています。

詳しくはまた今度お話しします。

https://www.seishin-do.jp/リンク