電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話でのお問合せ 047-460-5593漢方相談 誠心堂薬局 船橋店(千葉県船橋市)
  • 漢方薬のきぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス
  • よくある質問
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

O・Yさん(37歳/浦安市在住)


20151009-GUK


<<写真は新浦安店のスタッフ

-漢方を始めるきっかけは?

10代の時でもニキビに悩んだことはなく、大人になってからはむしろ乾燥肌でした。ところが、3年前からニキビが、あご・首・おでこ・生え際などにできるようになり、皮膚科へ行きましたが治ってはまたできるの繰返しでした。ニキビは膿んだように大きくなり、周囲の人からも「どうしたの?」と言われるほどで、お化粧でも隠しきれず、毎日が憂鬱でした。 そんなとき、誠心堂に通っている友人から「漢方を飲んだら体調が良くなった」と聞き、私も体の中から改善しようと思い来店しました。

-漢方を始めてどうでしたか?

初来店の時、私を見た誠心堂の先生に「食生活が乱れてる」と言われ、図星だったので驚きました。 そこで、私の体質に合わせてホルモンバランスを整え体にこもった熱をとるような漢方を飲みながら、食生活もアドバイスしていただき、なるべく自炊して果物や野菜をとるように気をつけました。すると、1カ月後にはニキビの数が減り、3カ月後には新しいニキビがあまりできなくなり、半年後には、ほとんどできなくなりました。

-今の状態は?

ニキビの跡も残らず、シミにもならなかったのが嬉しいです。便秘も解消し乾燥肌もだいぶ改善しました。漢方を飲みはじめなかったら、今でも悩んでいたと思います。 誠心堂では、ゆっくり話しを聞いてくれるので安心できました。もっと早く相談すれば良かったです。

こんにちは。今日は表題にあるようなことについてのお話しです。

自分が担当している40代の妊婦さんがここのところ立て続けに鼻血の症状で悩んでいたので、書いてみました。

おそらく、粘膜が弱くなってしまった(体の潤い不足から)のと、体が熱を持っているせいなのかと思い、それに合わせた漢方を出したらよくなりました。

妊娠中の漢方はつわりだけでなく様々な症状に対応できます。

お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

こんにちは。今回は取材の記事ではなく、タイトルの事についてお話ししたいと思います。

http://www.seishin-do.co.jp/img/shop/funabashi/funabashi-banner-monthly-big.jpgリンク

こちらの記事にもあるように、出生数を見ると40代の方は自然妊娠の割合が多いようです。

インタビュー形式の動画もあるので

https://www.youtube.com/watch?v=zxw3cFcFHrA&feature=youtu.beリンク

良かったら参考にしてください。

こんにちは。今日は漢方服用して中性脂肪の値が下がった方の症例です。

お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。



20130906-n



▲献身的にNさんを支えた
新浦安店スタッフ

N・Sさん(44歳/浦安市在住)


―漢方を始めるきっかけは?

20代のころから、健康診断を受けると中性脂肪の数値が異常に高く、高脂血症と診断されていました。しかし薬の副作用などが気になり、治療は受けず、食事や運動に気を使う毎日。
そののち結婚して子どもができてからは、30分歩いて保育園まで送るような生活に。運動量は確実に増えたのに、健康診断の結果は、多少数値が下がったかな…という程度。
家族を守る立場となり、自分の体にもっと気をつけなければと、駅の看板で気になっていた誠心堂に一度相談してみようと来店しました 。

―漢方を飲んでみてどうでしたか?

それまで、胃腸のもたれや頭痛を感じるときがありましたが、いつのまにか症状が改善。確実に体が軽くなり、体調が良くなっていることを実感しました。
そして、生活習慣の改善も続け、漢方を飲み始めて1年後の健康診断で、なんと中性脂肪の値が半分以下に! 
今まで食事と運動だけでは、数値の改善があまり見られなかったので、漢方なしにこの結果はなかったと思います。

―誠心堂のスタッフの対応は?

いつも時間をかけてじっくり話をきいてくださり、その時々の体調に合わせた漢方をアドバイスしてくださいました。その丁寧な対応に感謝しています。これからも正常値で安定するように漢方を続けたいと思います。

こんにちは。今回は40歳を迎え、着床しやすい体になりたいと漢方を続けられた方が無事に、妊娠、出産した症例です。

40代で漢方を始められる方も増えてきております。

お悩みの方はぜひ一度ご相談ください。



E・Uさん(40歳/市川市在住)

20150918-GK



写真はEさんを支えた誠心堂スタッフ

-漢方を始めるきっかけは?

仕事が忙しく、気が付けば30代後半に。仕事を辞めたのを機に本気で妊娠を考え始めました。  病院での検査の結果、卵巣機能の低下を指摘されました。見えないところで自分の体が衰えていたことが分かりショックでした。 そして、体外受精のために採卵。空胞だったこともありましたが、何とか胚盤胞になりました。「どうしても着床を成功したい」という気持ちでいっぱいで、体を冷やさないようにしたりと自分なりに気を使いました。さらに万全を機したいとの思いから、移植前に漢方で体を整えることにしました。

-漢方を始めてどうでしたか?

体内の巡りを良くする漢方をアドバイスしていただいたところ、冷えが改善したように感じました。漢方を飲んで4カ月後、胚盤胞を移植。移植したその日に、無事着床するように鍼もしていただきました。 

-妊娠は?

その移植が無事着床。あの時の鍼で巡りを良くしてもらったことが妊娠につながったと今でも思っています。妊娠中も不安でいっぱいだったので、出産したときはホッとしました。

-今のお気持ちは?

不妊治療中は町で家族連れの姿を見るのも辛いくらい追いつめられていましたが、無事に妊娠・出産できて本当にうれしいです。 漢方は、飲み続ければ何かプラスがあると思います。