• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

75歳の自営業の男性。

  20年来の高血圧で、長期にわたって抗圧剤を服用し続けていたところ

  1年前から、徐々に腎機能の低下が始まる。Cr値2.3まで上がり続けた。

   現在では、心臓もやや機能低下があり、体重が増えて、下肢のむくみ

   もでてきた。血圧は降圧剤で、130前後にコントロールされているが。?;w)

     この状態に、むくみを目標に木防已湯、腎機能の低下に八味丸
  
     を服用した。

     すると、1ヶ月後にはむくみはとれ、体重の2kg減り、Cr値も1.73の

     下がる。その後は八味丸加減を続けた結果、半年後に現在はCr

     は1.5前後で、良くなった。:)

  
x_07




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  腎不全には、有効な治療手段がない現在、漢方薬による治療を試す価値
  はあるかと思われます。 

 

 

キーワード別 一覧へ

皮膚病の相談は?

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

今日も皮膚疾患、成人のアトピー相談ありましたが

必ず、はじめだけでも本人との、相談をお願いします。

親族の代理のかたが多いのですが、皮膚疾患は、患部の状態をみてから、漢方薬を

きめますので、代理では不明点が多く、漢方薬を選定・組み合わせるのに、迷う場合

が多々あります。また、本人の来局をお願いするようになり、2度でまになりますので、

必ず、本人がこられますよう、お願いします。

 また、今までのお薬がわかると、より便利です。

 

キーワード別 一覧へ

  半年まえから、衣服・下着の接触にて、紅班と痒みがでるように
  なった。皮膚科fで治療を続けるが、なかなか良くならず。つい
  最近にステロイドの内服を出され、!して来局する。


IP08_C08



  一見はとくに皮膚面に異常はないが、物理的に掻いたり、触ると
  さわった部分が、膨疹状に腫れてきて、数時間は痒み、腫れが治
  らない。


     初めは十味敗毒湯加連翹にて、様子をみるが、ほとんど変化
     は見られなく、

     前方に越婢加朮湯を加えたところ、すぐ反応に、それまでは
     皮膚科の痒み止めを併用していたが、必要なくなった。

  数週間、続けたが皮膚反応はしなくなったので、漢方薬はやめて、
  本人に希望でビタミンCを服用している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  今回のように、ステロイド忌避のため、漢方薬を希望するかたが
  多くみられます。




   

 

キーワード別 一覧へ

★前立腺炎☆

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

 30歳の会社員。

  2年前ことより、射精時に不快感あったが、とくに検査・治療も
  してこなかったが、半年まえに、仕事が忙しく、睡眠不足のところ
  急に、排便時や排尿時に会陰部に痛みを感じて、受診したところ、
  前立腺が腫れているといわれ、薬をもらう。激しい痛みは治まった
  が、会陰部、陰嚢、鼠蹊部に冷たい感覚が、常にあって、、気持ち
  悪く、時に排尿時には、軽い痛みも感じて。治らない。



IP08_B40



    この状態に清熱解毒薬の 黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
    下焦(下半身)の抗炎症と排毒を促す 竜胆瀉肝湯(りゅう
    たんしゃかんとう)を合わせて服用する。


  すると、2週間で、下腹部の冷感がなくなった。その後続けること
  2ヶ月後の検査で、異常はなく、排尿時や射精時にも不快感や痛み
  は全くなくなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  前立腺炎は新薬で効果のない場合、漢方薬を利用するかたが以外
  と多いようです。


 

キーワード別 一覧へ

 81歳のおばあさん。

       3年前に顔面の帯状疱疹にかかり、その後しばらく疱疹後神経症

       を起して、治療をしていた。

       ステロイド剤の影響によると思われる、皮膚炎ができてきたので、

       あわてて。1年前から、治療を受けるが、なかなか改善しないので、

       娘さんに薦められ、来局する。

           
tc2searchnaverjp



         顔面の両頬部に顕著な、紅班と毛細血管の拡張である細絡
         (さいらく)がみられ、ほてり感も強い。

          むくみ・冷えも、訴えにあるので。

           漢方薬は黄連解毒湯(おうれんげどくとう)、当帰芍薬散
           (とうきしゃくさくさん)とする。外用はタイツ軟膏を、
           厚めに塗布したうえに、ガーゼで夜間はカバーしてもらう。



           すると、徐々に紅班は薄くなり、8週間の服用と塗布で、ほぼ  
           なくなり、

          現在では、冬のしもやけが気になり、予防のため、当帰四逆湯
          服用している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       年齢がいった方でも、いや年齢が高いからこそ、ステロイド剤
        には気をつけることが大事です。

  

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0116 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.