• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「不妊症」

不妊症だが・・

寺町漢方薬局 (広島県広島市)



婦人科で、1年半以上も不妊治療をしてきた主婦。

御主人の精子数・運動率も平均以上ある、まず、何回かの人工授精で効果なく、次に体外授精をしたが、着床がうまくいかなかった。ここ半年は不妊治療を中断している状態。

年齢39歳。

生理周期は28日から30日、生理日数5日間、生理1日目に腹痛があり血の塊がでる。鎮痛剤服用している。生理前半の体温は36.3度から36.5℃、後半は36.5℃から36.7℃。やや生理後半は頻尿きみ、むくみ、便通に異常はないが、冷え症がある。(++!)

今まで、ワタナベオイスターとエゾウコギ末をのんできて、基礎体温は良くなった。

受精卵の着床がうまくいかないことと、冷え・生理時の血塊から、補気・理気作用の
ある当帰芍薬散に桂枝茯苓丸
の兼用とした。

漢方薬服用、1ヶ月後の生理は、痛みがなくなり、血の塊(於血)もなく、順当に漢方薬の効果がでていると感じ、続けていただくことにした。

すると、3ヶ月服用したところで、自然妊娠がわかり、大変喜んでもらった。以後は妊娠
安胎剤の当帰散(とうきさん)の散剤を出産まで服用し、無事、男の子が生まれました。:)



NONALNUM-aW1hZ2VzKDMp-E



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  時々、不妊治療を止めて、漢方薬だけで妊娠するケースがあります。不妊治療のストレスから解放されたことが良かったのかもしれません。


 

キーワード別 一覧へ

40歳の主婦兼OLさん



 3年前より不妊治療で、人口授精や体外授精するが、うまく分割がうまくいかずに

 よい受精卵がとれないでいる。知人が当薬局の漢方薬で、妊娠したこと知り、

 相談にみえられる。(++!)

  体型・顔色も異常はない、体温の36.5℃、生理前は36.5~37°

  生理周期、生理日数(5日)、男性側に精子数・活動率も異常はない。

  不妊検査では、受精卵の分割が問題とのことなので、

  良好な卵子を作ってもらうために、細胞の働きを助ける土壌菌製剤の

  MRE KIGEN と 受精卵の子宮内膜への着床を助ける漢方薬(当帰芍薬散

  加減)を併用することに・・・

1ヶ月後には、生理時の血塊がなくなり、普通の経血になった。さらに続けること2

ヶ月で、めでたく妊娠し、その後半年は妊娠安胎薬の当帰散(とうきさん)をのんで、

めでたく、翌年 3kgの男の子 を出産しました。:)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 受精卵を細胞を元気にする働きのものと、子宮を温め、着床を促すものと、

 両方の働きがうまく、機能しました。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0083 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.