• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「胆管がん」



3年前から、肝臓ガンにて入院し、手術や放射線治療をして、以後抗癌剤にて、治療を続けていたが、半年前から、お腹に水が貯まりはじめた。利尿剤で、お腹の水を取っていたが、ここ1ヶ月は全く効かなく、どんどん腹囲が大きくなった。

始めは、娘さんのみの来局での相談で、肝臓から腹水が取れる漢方薬との要望で


ill38



ご指名で

  茵陳五苓散(いんちんごれいさん)の煎じ薬を希望されて、服用する。病院で余命1週間と言われる

  2週間後、あまり変わらないという。そこで、猪苓湯(ちょれいろう)に変えて製剤す
  る。同じように煎じ薬にして、服用してもらう

  2週間後、食欲もでて、尿がよくでた。腹囲も5cm小さくなる。
  食べると嘔吐することで、一時半夏厚朴湯も飲んだが、ほとんど猪苓湯で、

3ヶ月ほどで、体重も減って、よく一人で外出するようになる。その後3ヶ月を過ぎたころに、来局する。便通が硬かったり、下痢したりで、困っている。また食欲が出過ぎて、尿酸値が上がった。

  そこで、漢方薬(猪苓湯)と伴に、腸内細菌をコントロールする酵素製剤を併用して
  もらう。

1ヶ月後には便通も整い、食事を病院の栄養師に指導してもらって、尿酸値や血糖の値もよくなり10ヶ月経った現在も続けている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体力の落ちたお年よりには、身体にやさしい漢方薬が合う方が多いようです。



   

キーワード別 一覧へ

癌の補充療法

寺町漢方薬局 (広島県広島市)



74歳の農業従事者。

1年前に食欲が低下して、受診したところ、初めは風邪と疑われて治療するも、変化がなく、半月後に詳しい検査をした。すると、胆管に癌が見つかった。(++!)

国立病院にて、抗癌剤治療を始めたが、食欲の低下、倦怠感が強く、また貧血もひどいため、現在は抗ガン治療を中断し、貧血の改善のための治療を優先している。

漢方薬では、免疫力を上げるために、十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)、や補中益気湯(ほちゅうえっきとう)などが使われるが、まずは貧血の改善をはかるため、牛黄(ごおう)を単独で、服用してもらった。

牛黄(ごおう)は、服用分量が少ないことと、牛の胆石を材料にしているため胃腸の負担が全くないので、このように疲労困憊している方には最適のお薬です。アップ矢印

徐々に、貧血も改善して、一時補中益気湯の煎薬にしてみた事もあったが、やはり牛黄のほうが、身体の負担が少ないので、抗癌剤の利用ともに、終わりまで、併用し、2クールの抗癌剤服用を終わった。その後2年になるが、癌の再発・転移はみていない。:)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 癌の治療はすすんできていますが、時には負担のない漢方薬も利用できるようです。


   

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0097 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.