• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「冷え症」

下半身の冷え症

寺町漢方薬局 (広島県広島市)



2年前に出産してから、冷え症がひどくなる。生理や便通、食欲に特別に変わりはないが、

夏でも、下半身特にひざ下から足先にかけて、冷える。クーラーに入った部屋には5分といられない。

5年前に虫垂炎の手術歴があり、また何回か、婦人科で早期流産による処置をしたことある。

以上の事柄や、出産による腹部の血流が悪くなったと考えて、

下半身、特に尖端部の血流改善を目的に、当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)を煎じ薬にして、上半身と下半身の気のめぐりを良くする目的で、三和散(さんわさん)を併用した。

1ヶ月で、劇的に冷え感は改善したが、完全になくなるまでは1年もかかってしまった。それは、生活が途中から不規則(就寝や起床が)になったことによるものと思われた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 いくら、漢方薬の適応がぴったりでも、生活が乱れると効果が上がりません。

 

キーワード別 一覧へ

77歳の主婦。



ここ数年、季節を問わず、下肢の冷えを感じてつらい。検査では、血液検査は正常。

常に低血圧きみで、足が冷えると動悸がしたり、不整脈がでたり、時には動悸を感じることもある。

寝起きがよくないが、食欲・便通には異常はない。夜間尿の回数も1回。
(TT)

IP08_C39



下肢にむくみがあり、冷えの主訴から
当帰芍薬散加コウジンを煎薬にて飲んでもらう。

5ヶ月ほどの服用で、下肢(膝以下)の冷えはよくなったが、季節が冬に入り、足先の冷えが、気になってきたとの訴えから、

当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょとう)の煎薬に変更し、足先端部の冷えを目標にした。

この漢方薬は1ヶ月で効いてきて、冷えが良くなるとともに血圧も正常になった。

現在では、煎薬1ヶ月分を3ヶ月かけて服用して、健康維持に努めています。ハート

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

高齢の方こそ、生薬製剤の漢方薬やハーブなどを利用して、

身体に負担をかけない治療・養生をこころがたいものです。

 

キーワード別 一覧へ

意外と、女性特有かと思われる冷え症で、男性の訴えが時々あります。

2ヶ月前から、急に手足、特に足指の冷えを強く感じるようになった。):T




  このかた、緊張症なのか、家での血圧は正常(120)なのに、病院

  で計ると、最高値150以上あることが多い。また、半年前に、腹部

  の手術をしているとのこと。

  冷えは足指の全部が冷えて、痛みさえ感じるという。

  末梢部の冷えと腹部の手術経験から、当帰四逆湯(とうきしかう

  とう)を煎薬で、お渡しする。2週間の服用で、すぐ改善し、全く

  冷えはなくなり、本人が一番びっくりされています。:)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  いつもながら、病気の状態がまだ短い器官の場合は早く、解決
  がつくようです。


 

キーワード別 一覧へ

冷え性と低血圧

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

77歳の主婦。

ここ1年前から、足の冷えとむくみが気になるようになった。

かかりつけ医で、検査をしてもやや低血圧気味なだけで、

特に、異常はみられない。。
mukumi



 その後は、頭の中で音がする感じや、冷えてくると動悸

 のような感じがでる。便通や睡眠に異常はないが、最近

 食欲が低下しているとのこと。

 このような訴えに補気・利水薬の当帰芍薬散(とうきし

 ゃくやくさん)にコウジンを加えて、煎じ薬にて服用した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  飲み始めは、身体が温まり良かったが、また同じような

 自覚症状になったとのことなので、今回は前回薬に温める

 作用のある桂皮(ケイヒ)や呉茱萸(ごしゅゆ)を加えて

 やはり煎じ薬にして、服用したところ、数日で自家症状の

 改善がでて。足の冷えがとれ、むくみも全くなくなった。 


kosumosu-03-6



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   やはり、煎じ薬で服用のほうが効果が早くでるようです。

 

キーワード別 一覧へ

58歳の主婦。

最近、ここ5年前から、冷えて困る。

  8年前に逍遥性の熱感・不眠・イライラのどの更年期障害がひどく、婦人科で

  ホルモン補充療法を薦められ、3年ほど治療をしていたが、不安になり、止

  めた、またその間にも家族的なストレスもあった。また疲れると体温が34.7°

  の低下する。

  しかし血圧は上が130、下が85で、年齢てきにも異常はない。


  訴えは:とにかく、夕方になると、下肢の太ももから下が冷えてつらいとのこと。

    これに、煎じ薬をも候補にしたが、まずが簡単に飲めるものを希望されるので

    当帰養血精(とうきようけつせい)を常用量の倍の服用をすすめる。また運動

    を毎日切らさないように、1万歩を目標に歩いてもらうことにした。

       すると、1ヶ月後には、毎日真夏以外は使っていた簡易カイロを

       つかわないでよくなる。


k_118




     市販品の漢方薬でも、まじめにきちんと飲むと、以外に効果がありました。

    

    

  

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0121 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.