• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「老人うつ」

いつも読みいただきありがとうございます。

最近、老人の神経症の相談が多くなる傾向があります。西洋医学では神経科や心療内科の領域なのでしょうが、抗精神薬漬けになる事を、家族が気にするようになりました。

その点、適切な漢方薬を利用することにより、より安全な治療ができるのではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

75歳の色白・やや肥満体の女性。一時は娘と同居していたが、折り合いが悪くなり、自宅にもどって、一人暮らしをしている。訪問ヘルパーのかたが心配して、薬局へ連れてきた。f(--;


ill135



症状は、しゃべらなくなり、悲哀感、食欲の低下、などの症状がある。不安・孤独感が主になる時につかう加味帰脾湯(かみきひとう)のエキス剤で、2週間の服用で、少しはよ

いがはっきりした効果はわからないという。そこで、今度は漢方薬を煎じ薬の加味帰脾湯(かみきひとう)に変えてみた。?

すると、始めの1週間で、電話があり、薬がおいしく感じるという。2週間後のらい局時には、下向きだった顔がきちんと人の顔に向けれるようになり、全く見なかったテレビを見

だした。3ヶ月後には、外出したり、孫と映画にまでいく程改善してきた。:)

漢方薬の加味帰脾湯なら、安心して継続服用ができます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  今回もエキス剤と煎じ薬の効果の違いを、見せつけられました。


 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0252 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.