• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「肝炎」

慢性肝炎・・・

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

慢性肝炎や肝障害は、最近は特に、新しい治療方や薬が増えて、良い結果を上げています。

しかし、なかにはそのような新しい治療方に効果がなく、昔からの漢方薬などの治療で、病気の解決をはかることもできます。

これはそんなケースの代表です。

10年前から肝炎で治療中の66歳の会社役員。



治療を続けているものの、徐々に肝機能検査数値が悪化し、慢性肝炎とか肝硬変などと言われる状態でした。

1年前より腹水が貯まるようになり、病院で治療を受けていたが、一向に貯まっている腹水の量が減らず困り果てていました。本人の希望は腹水を何とかならにかとの希望です。

本人の体格は中肉中背。顔色はやや蒼黒く、舌は紅く、白黄色の舌苔がある。便秘きみで、便自体は軟らかい。尿回数は日中は多く、夜間は1・2回。血圧は低く食欲は当然ないが、無理に食べるようにしているとのこと。

漢方薬の服用歴は、小柴胡湯・五苓散・補中益気湯などを、エキス剤にして飲んできた。

そこで、漢方薬は煎じ薬にして、体力の低下した腹水状態に虚証の和気剤(気を全身にめぐらす)三和散(さんわさん)を煎薬にして服用。

更に、腸内の状態を改善する目的で土壌菌製剤のkigenをも併用した。始めの1ヶ月は変化がなかったが、2ヶ月後には、月1回穿刺して腹水を抜いていたのが必要なくなるほど、腹囲は5cmほど小さくなりました、顔色もよくなりつつあります。

 

キーワード別 一覧へ

38歳の主婦。



kanzou2



  以前より、飲酒からの肝機能障害を指摘され、禁酒を言われ続けてい

  た主婦。ウオッカを焼酎に変えたり?、してきたが、なかなか良くなら

ずにいて、次第に他検査数値も悪化しだして、やっとお酒を止めたが、

やはりγ―GTP(350)は下がらない。困りはてて来局する。(TT)

   肝臓病の自覚症状は皆無なので、肝臓代謝機能改善の因陳五苓

   散(いんちんごれいさん)
に細胞の解毒機能改善を促す健康飲料を併用

   して、のんでもらうと、1ヶ月後には半分の155になり、3ヶ月後にはほ

   ぼ正常値になった。:)



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   肝機能の低下による、自覚症状が出る前に対処・改善ができました。

 

キーワード別 一覧へ

肝機能の改善

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

やや肥満体の75歳の女性。
                  
脂肪肝・薬物性肝障害の疑いありのかたです。肥満体と
以前から降圧剤(2種類)を服用し続けています。

左右の胸脇部の張りと便秘、むくみから、

漢方薬の柴苓湯と防風通聖散を飲んでいただくと。

GOT 228 GPT 414 γ-GTP 251 総コレステロール288
中性脂肪230):T

            

半年後には

GOT 68 GPT 32 γ-GTP 110 総コレステロール210
中性脂肪138

更に、半年後(1年後には)

              ↓

GOT 20 GPT 15 γ-GPT 17 総コレステロール152
中性脂肪120

身体も軽なり、降圧剤も不要になって、喜んでいます。:)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  年齢の高いかたには、漢方薬のほうがよいようです。






 

キーワード別 一覧へ

42歳の銀行員の男性。                     
                                
5年前の健康診断で、肝臓の数値が悪く、受診し慢性肝炎の診断をうけて
治療を受け、初めは内服薬のみで、後に週1回の注射も併用してきたが、
                                
肝機能検査は徐々に、悪くなる一方。疲れ・倦怠感を仕事の後はもちろん
勤務中にも強く感じるようになり、会社を休むようになりました。(--)   


IP08_B35


                                 
 本人の体格は中背・やや肥満きみ。顔色は肝臓病特有のつやのない渋
紙色。言語に力なく、覇気はまるで感じられなく、食欲もまるでない状態。
                                 
便通は3,4日に1回、兎の糞のような硬い便がでる。また尿回数に異常は
ないが、色は山ブキ色で、濁っています。               
                                 
    肝機能検査はGOT120、GPT130、ZTT25、と高く、このままでは肝
    硬変に移行すると、会社の顧問医にいわれた。?;w)        
                                 
漢方薬の服用経験がないことと、仕事の影響も考えて、エキス剤にしまし
た。尿の色と疲労感から、強力な補血剤が必要と考えて、まずは牛黄(ご
                                 
おう)と補中益気湯(ほちゅうえっきとう)のエキス剤を、1ヶ月間飲んで
もらいました。倦怠感・疲労感が激減したので、次は補肝・利胆薬の因陳
                                 
五苓散(いんちんごれいさん)に前記の補中益気湯を兼用することにし
て、飲むこと1ヶ月、ZTTは22まで下がり、続けること1年で、GPT・GO
                                 
T・ZTTも全部正常値になり、体調のよくなり、ゴルフもできるような
りました。:)                            


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  何事もあきらめず、考えて治療すると道が開けます

 

キーワード別 一覧へ

肝炎?

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

45才、肥満・中背の建築業の経営者

           

   去年の春、あまりに倦怠感を訴え、顔色も悪いことから家族が
   受診をすすめたところ、しぶしぶ日曜日のやっている近所の診
   療所で検査をうけたところ

     GOT404、GPT252、γ-GTP803,TTT5.1
     尿酸値11.5 血糖値114、

   で、慢性肝炎の疑いで、ウルソ・グリチロンなどをもらうが
   あまり変わらなので、去年11月に来局する。?;w)

   
   家族(奥さん)来局で、本人をみずに、肝機能値・尿酸値の異常
   と倦怠感・右背中(肩甲骨)のコリを目標に

    小柴胡湯合茵陳五苓散(しょうさいことう合いんちんごれいさん)

   にして、夜も遅い帰宅なので、エキス剤を1日2回にして服用することに

   服用2ヶ月後には、

    GOT84、GPT71、γ-GTP362,TTT2.8
     尿酸値7.7 血糖値113

        まで、良くなり倦怠感、肩のこりも感じなくなってきた。引き
          続き服用中です。:)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  慢性肝炎の診断が疑わしいが、とにかく漢方薬でよい方向へ向かっています。


 

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0257 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.