• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「薬疹」




半年前に、始めてエステにいった、マサッージをしてもらっている時には、なんとなく肌に違和感を感じた。

数時間後に、自宅に帰ったころから、なんだか、身体全体が痒い感じがして、そのまま就寝してしまった。

朝、あまりの痒みに目が覚めて、全身を調べてみると、蕁麻疹様に紅く、地図状の膨疹がでている。すぐに近所の皮膚科でみてもらって、抗ヒスタミン剤とステロイドの軟膏をもらい、塗布するが、どんどん拡大してきた。

そのうち、顔まで、腫れあがり真っ赤になり、痒みで眠れないような状態までなり、以前母親が漢方薬で湿疹が良くなったこともあり探して来局される。

熱が37℃近い。寒気もあり、顔は普段の倍以上に腫れている感じがする。ほてり感があり、痒みも強い。

そこで、皮炎湯に浮腫みを取るため、猪苓湯を加えて、煎じ薬で服用し、漢方軟膏を顔に1日2回塗布していただく。

1週間で、顔の火照りがとれ、1ヶ月後には、顔のむくみもとれた。まだ、顔全体の紅班後の肝斑があり、継続服用中。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 エステのマサッージに使ったオイルが原因のようです。世の中なにが原因でアレルギ
 ーがでるか、わかりません。


 

キーワード別 一覧へ



数年来、当薬局で、健康維持のため、漢方薬を服用してきた女性。


yjimage



1ヶ月前の健康診断で、高血圧がわかり、降圧剤を出されて飲み始めた。2週間の服用で、効果がなく他の降圧剤(カルシウク拮抗剤)へ変更したところ、その晩から、全身が痒くなってきた。夜痒みのため眠れなかった。翌朝、全身に浮腫状の大型の蕁麻疹がでていて、すぐ朝皮膚科に受診をしたところ、薬疹といわれ、ステロイドの軟膏と、抗ヒスタミン薬をもらって飲みだした。その時点で、本人から、相談の電話をもらうが、皮膚科の薬がでているので、まずはそれを服用するようにアドバイスをしていた。

1週間ほどして、朝に来局する、効果がないので、漢方薬を服用したい希望があった。

熱・悪寒はなく、舌はわずかに黄色く(熱証)、患部は腕・腹部を中心に、顔以外は、大きな浮腫性の皮疹が崩れて、網目状になった皮疹は一面にある。痒みは初めほどではないが・・触るとわずかに熱がある。また、室温の高い部屋にいると痒みがひどくなる。

きっかけは、降圧剤によるのものだが、現象は、毛孔部が関係するコリン性蕁麻疹によくにているので、桂麻各半湯(けいまかくはんとう)を煎じ薬で、1週間のんでいただく、

1週間で、ほぼ皮疹は治まったが、痒みに対する不安があり、本人が続服を希望されて、さらに1週間飲んで全く治まった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつも書いていること事ですが、漢方薬も早めに飲むと、効きも早いのです。

 

キーワード別 一覧へ



数年前から去年まで、漢方薬の内服と外用薬でアトピーをほぼ、完治していたかた。

先月末から、急に下半身に蕁麻疹ができて、皮膚科に受診して、始めはステロイドの外用を、後に抗ヒスタミン薬をも併用したが、どんどん他の部位に広がってきた。

始めは、浮腫状の大きい典型的な蕁麻疹であったが、現在は小さい網目状の皮疹に変わってきた。

原因は、外国製の重金属デッドクス作用のある健康食品、乳酸菌製剤をネットで購入して、飲んだとのこと。2週間くらいして、発症(皮疹)がでだした。

よくあるケースに、主成分より製剤する時に使う賦形剤(固めるためのもの)が原因になることがあります。特に外国製はなにをつかっているかわかりません。

熱・悪寒なし、食欲・便通正常。

この状態に、桂麻各半湯(けいまかくはんとう)の煎じ薬と、茵陳五苓散(いんちんごれいさん)の散薬を併用して、くだんの健康食品は止めてもらう。また掻破に気をつけていただくことにした。

原因がはっきりしているせいもあり、3週間ほどかけて、徐々に治っていった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あやしげな健康食品は、特にアレルギーの気のあるかた、絶対手をださないように

皮膚疾患の漢方薬ならリンク

 

キーワード別 一覧へ

痒疹・・

寺町漢方薬局 (広島県広島市)



去年春に、疲労感から検査をうけたところ、リュウマチの診断をうけた。その時点では

特別疲労感だけで、痛み・腫れなどは全くなかった。しかし、薬は飲み薬のステロイド

や抗リュマウマチ薬2種などがでていた。これを続けること8ヶ月経ったところで、下肢

の毛孔に小さい発疹がでてきた。すぐに背中腕にも出てきて、皮膚科に行くと、蕁麻疹

の一種の痒疹(ようしん)がといわれ、ステロイドの軟膏と抗ヒスタミン薬を出してくれた。

 しかし、薬疹の可能性があるとも指摘をうけて、リュウマチ科の薬はステロイドのみに

 なった。それでも、皮疹は引かず、広がる傾向なので、漢方薬での治療を希望されて

 来局される。


1

 



 痒疹であれ、薬疹であれ、両腕・お腹・背中に、毛孔部の浮腫性湿疹が多数あり、遠く

 から見ると全体がはっきり浮腫んでいる。痒みもつよく、屋内では痒く、外の冷たい空

 気に触れると、痒みは楽になる。そこで、温熱性蕁麻疹状態に使われる消風散(しょう

 ふうさん)と越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)をエキス剤にて服用し、患部には特殊な

 スプレー(塩化マグネシウム)を作り、痒いところへ吹きかけるようにした。

2週間の服用で、少し紅班と浮腫が楽になり、さらに2週間で、ほぼ半減してきた。さら

に使い続けること1ヶ月で、瘢痕を残すのみになるが、リュウマチ科のステ剤を、なくす

ようにお願いしている。

 

キーワード別 一覧へ

46歳の主婦。

筋腫の検査で、婦人科に受診したところ、トリコモナス症を指摘されて、
                                 
坑原虫剤の薬と貧血薬(鉄剤)をだされ、服用したところ、丸2日分を飲
                                 
んだところで、大腿部から足首にかけて、3cm~5cm程度の浮腫状の
                                 
湿疹が出始めた。痒みはあまりない。f(--;
                                 
 経過てきに湿疹型薬疹のようなので、原因薬剤の服用中止をすすめた
                                 
 1日後には少し範囲が広がる傾向があって、漢方薬を希望してきた
                                 
 ので、十味敗毒湯と越婢加朮湯の煎薬を調剤してみたところ、翌日には
                                 
 患部の形跡を残して、ほとんど治ってしまった。 :)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 原因薬物を中止しただけでも、充分だが、漢方薬を使うことにより、より
 早く皮膚炎を治すことができました。             
                             
    

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0361 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.