健康トピックス 「胃腸虚弱・トラブル」

そろそろ「お腹に入る風邪」が流行りだしました。

ノロ・ロタ・腸管アデノウイルス・・・・
いろいろありますが、
特効薬はありません。

が、平素より免疫力、特に腸管免疫を高めておけば
かなり防げるのではないかと思います。
漢方もその役割を十分果たせます。

不幸にもかかってしまえば
「五苓散」のような処方が頻用されます。
意外と効果が高いと言われているのが
「五苓散料」として煎じた液を人肌ほどに冷ましてから
浣腸するという手法。

漢方の魅力・・・ここにも。

   

いよいよ夏本番になりました。
この時期、コンビニでは
温かいおでんが売れるのだとか。
時代ですね。

冷たいモノを内外から体に入れては
胃腸も参ります。

胃腸の「へたり」は
むくみや慢性疲労、筋肉痛、肌荒れ、じんましん、
免疫異常による基礎疾患の悪化。。。


いうなれば、万病のもと。

内から温める漢方の出番です。
温めて胃腸の働きを整える。
これは現代医学にはない。


代表的な処方は、
人参湯・真武湯・五積散・・・など

個人の体質や環境に合わせて処方を決定します。
この夏、漢方で乗り切りませんか。
また、胃腸を整えることは
免疫強化になります
ので、
健康維持に継続服用もいいと思います。

     

抗生物質を服用後、
下痢をするというのは よくあるケース。
腸内細菌を整えるお薬や
腸の運動を整えるお薬で
たいていはケリが付きます。
が、何らかの事情で
これらのお薬が全くと言っていいほど
効果がなくて、
下痢が長引き

だるくてだるくて
生活に支障が出たり
電解質輸液をしないといけないケースも。
そんなときに・・・
意外と効果がある和漢薬=陀羅尼助丸の板!
通常の陀羅尼助丸と違って
黄檗エキスが3倍量になっていて
下痢専門です。
NONALNUM-44Gg44KJ5p2_-E


普通の陀羅尼助丸は小さい丸剤なのですが、
これは板になっていて板チョコレートみたいに区切りの筋が入っていますので、
それに沿って一回分を割って服用します。
NONALNUM-44Gg44KJ5p2_5Lit5ZGz-E


ケミカルなものが入っているものより
よっぽどおススメです。
急性下痢にももちろんOK.
一家にひとつ置いとくと便利です。

   

鬼の霍乱(かくらん)って聞いた事あるっていう人は多い事でしょう。
霍乱=急に激しい吐き下しをする病気で、
今でいう急性胃腸炎で、ノロやコレラなどの細菌やウイルス性、
冷え、食中毒などによる症状の事です。

これからの季節、食中毒やクーラーによる冷えなど
充分気をつけないといけません。

重篤になる例はともかくとして
2~3日寝込むほどの「霍乱」には漢方が有効です。
吐いて吐いて仕方ない場合は
点滴で補液が必要ですが、
何とか内服できるようでしたらOKです。

実は・・・・先日、自分自身が「プチ霍乱」になりました。
腹痛・下痢・吐き気・・・・・・。
1日は服薬せずに様子を見ていたのですが、
治る気配なし。
で、「冷痢」と考え、真武湯と桂枝湯の合方に
芍薬増量して服薬したら、2服で治った!
素晴らしい漢方!
当たればこんなものです。
皆さまもご注意を!

福田漢方 TEL:0746-32-4568

   

自宅で簡単にできるツボ療法② 胃腸を整える

足三里(あしのさんり)・・・・足のすねの骨の外側、指でなぞって止まるところにあるツボ
NONALNUM-6Laz5LiJ6YeM-E


写真は左の足三里に針治療をしています。
このツボは、何といっても胃腸の調子を整えるのに抜群の効果を発揮します。
動物実験でも、このツボに針をすると胃透視で胃の動きが良くなることが
分かっていて  改めて、先人の偉大さに敬服します。

かつて、松尾芭蕉も このツボにお灸をすえて旅をしたと云われています。
解剖学的には前脛骨筋(ぜんけいこつきん)という筋肉がそこにはあり、
歩き疲れたら痛んでくる筋肉です。
そう考えると、この足三里というツボ 胃腸にも良く、足の疲れにも良いという事で
松尾芭蕉にとっては一石二鳥だったわけですよね。
ここは簡単に自分でもお灸ができます。


食べ過ぎ・飲みすぎ・胃のもたれ・・・・・
夏バテの胃にも もちろんOK!
また、最近は中高年の登山が増えているようですが、
胃腸のみならず、足の疲れにも
予防・治療にこのツボを役立ててください。