電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話でのお問合せ 06-6848-3040漢方相談 さくら漢方薬局 豊中店(大阪府豊中市)
  • 漢方薬のきぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス
  • 健康トピックス
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

肥満は大きく二つに分かれます。
一つは栄養過剰摂取、もう一つは代謝が悪く体内に老廃物が溜まるタイプ。
前者はバランスのとれた食事をするだけでも効果があがりますが、後者は難しいでしょう。
過激なダイエットを行っても効果がでない方はこのタイプが多いでしょう(虚症タイプ)。
このタイプは胃腸虚弱の人が多く、老廃物を上手く排出できず体内に溜め込んでしまいます。
また新陳代謝を活発にするには胃腸が丈夫である必要があります。
またストレスは胃腸の働きに悪影響を与え、これも肥満の原因になります。
次に十分な血液があり、サラサラでなければ老廃物を洗い流すことはできません。
血液は肌に反映されます。普段のお肌をチェックしてみてください。

油断大敵!
「風邪」は万病のもとといわれ、さまざまな病気を引き起こす原因ともなります。
大切なのは風邪に負けない体つくりをすること。
体力を養い、防衛機能を高めることで風邪は予防できます。
生活の中で気をつけたいのは、不摂生しないこと。
またストレスためずに気力を充実させることも大切です。
空気の乾燥する今の時期は、のどや肺など呼吸器を潤し感想から守ることも風邪予防となります。
加湿器やマスクを利用したり、梨や銀杏など肺を潤す食べ物をとる工夫をして、うがいや手洗い、漢方では板藍茶などで予防しましょう。

多種多様のダイエット方法がある中、漢方ではあくまでもバランスを重視します。
サンザシなどで脂肪分を減らしたりする一方、発汗・利尿・通便・血行改善など新陳代謝を促進することでダイエットします。
水太りタイプにはボウイオウギトウ、胃腸機能低下を伴う肥満には香砂六君子湯が良い。
さらに脂肪分解を促進する三爽茶などのダイエット茶を併用するとより効果的です。

暑くなるにつれて、学校、電車、ビル内などあらゆる所で冷房がガンガンにかかり、冷たい飲食が増え、夏なのに冷えてる人が多い。特に女性は流行の短いパンツ、スカート、サンダルなどおしゃれを楽しむため、冷えがさらに進み体調を崩してるように思います。
漢方の冷え対策として、血液量を増やし、血液循環を良くして、全身の陽気(エネルギー)を高める婦宝当帰膠、参茸補血丸がおススメです。
参茸補血丸は気血を補い、全身の機能を高めることで体を芯から温めてくれます。まさに飲むカイロです!!