• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



中肉・中背の主婦。

3ヶ月前に、汗をかいて、腕に皮膚炎がでて、はじめはドラッグストアーで塗る薬を買ってつけるもかえってひどくなり、次に皮膚科に受診する。急性湿疹といわれ、ステロイドの外用薬と、痒み止め(抗ヒスタミン剤)をもらって、治療をしていたが、はじめはよく効いて、そのまま治るようであった。

しかし、だんだん外用薬の効果がなくなり、最近では、全く効かなくなった。以前子供がアトピーを漢方薬で治したことを思い出し、来局する。

患部は、思ったほどにはひどくはないが、両腕の毛孔部が膨れて、赤く、掻いた痕もあるが、正常な部分と混在している。毛孔部の浮腫がめだつので、発汗との関係が濃厚とみられる。

毛孔部の皮疹に使う、マオウ・セッコウ・ソウジュツを主とした越婢加朮湯に十味敗毒湯を混合して、煎薬にして、1日3回、食前の服用を試みた。

2週間の服用で、新規の発疹はなくなり、その後1ヶ月ほどで、ほぼ皮膚面は正常になりました。

発汗した後の処置の間違いと、無意識に掻破したことが原因のようです。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0151 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.