• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

 今年も半分終わってしまいました。もし今と違う世の中だったら、今頃東京オリンピックが開会直前で色々と楽しみな行事があっただろうなと思います。だけど現実は時間だけがどんどん流れ、新型コロナウイルス感染症は今もまだ日本のあちらこちらで蔓延っています。
 子どもの小学校もようやく通常授業となりました。学校での新しいルールが沢山出来ました。学校好きな子どもが「学校、楽しくない」と元気がない。3ヶ月の休校を経て、お友達とやっと会えたのに今まで通りのおしゃべりが禁止、休み時間も極力会話は避けて、各自自分の机で読書や折り紙、お絵かき。外の空気を吸うのはOKですが、感染予防の為運動場にある遊具やボール、乗り物には接触禁止、運動場を散歩してビオトープへ行きメダカや大きくなったカエルたちを見に行きます。学年が上がって楽しみにしていた宿泊体験や修学旅行、運動会や夏休み恒例の学校キャンプ、プールも全て中止。学校での楽しみが減り、学習時間を取り戻す授業が増え、なかなか小学生も大変そうです。

 この時期は心が暑さでオーバーヒートしやすくなります。それは身体が汗を出し温度調節しながら、同時に血液中の水分やミネラルも排出されてしまうので(肝気鬱結)、血液濃度が高まってドロドロ状態(瘀血)になり、心臓が流れにくい血液を全身に運ぼうといつもよりフル回転の状態になってしまうからです。
 それに加えて、ソーシャルディスタンスの生活様式、ストレスをうまく発散してけるように、好きなことをする時間をいつもより多くとってみたり、自身を甘やかしてみてはいかがでしょう?とは言え、冷たいものは摂りすぎ注意!
 ぜひ、心の高ぶりを抑え、体内の余分な熱を冷ます苦味のある、きゅうりや冬瓜、すいか瓜類などの水分がたっぷりの瑞々しい旬のお野菜を召し上がってみてください。ただし、身体の熱を取りつつも、胃腸を冷やしすぎないようにしょうがやしそ、ニンニクなどの身体を温める食材と一緒にどうぞ。辛味のある薬味は殺菌作用もあるので、食中毒の予防にもなり一石二鳥ですね。
 それでもなんだか元気がでない。そんな時には漢方薬はいかがでしょう?
 完全予約制ですので、ご予約のお電話お待ちしております。

スタッフK


Copyright© Kagurazaka Kanpo Yu-ko Pharmacy. All Rights Reserved.