漢方相談Q&A

きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

病気の悩みを漢方で

ご質問に対するご回答

子宮内膜症の酷い生理痛には漢方薬は効果がありますか?

はい。当店の漢方薬は効果がございます。


子宮内膜症とは、月経時にはがれ落ちる子宮内膜細胞が、身体の他の部位に転移してそこで生理を起こす病気です。月経出血による炎症が起こり激しい痛みが発生するものです。


特に、卵巣内に転移してチョコレート嚢腫となったものは、引き裂かれるような酷い生理痛や排卵痛を引き起こし月経困難症や 不妊症の原因になります。


【髙木漢方の漢方薬の使用例】

32歳   女性   会社員


結婚されて、生理痛がひどいので、病院にていろいろと検査を受けたところ、子宮内膜症と子宮腺筋症とチョコレート嚢腫と診断された。
大腸と子宮と膀胱にゆ着があったので、病院にて手術を2回受けた。
現在は、痛みが再発して、月に2~3回のたうち回る激しい痛みがある。
病院から3種類の鎮痛剤と座薬を処方されている。
妊娠希望があるので、ピルの服用は出来ない。
もう手術はしたくないとのことで、ご相談にみえた。


当店の漢方薬をお飲みいただいて、1か月後に再来店。
「痛みが半分くらいになった。生理時にキューと潰される痛みはある。」


さらに、1か月後にご来店。
「痛みがなくなり鎮痛剤を飲まなくてもよくなった。身体が軽くなった。」
「完治をめざして漢方薬はやめられない。」と喜ばれた。


【髙木漢方の漢方健康病気相談】

子宮内膜症による痛みの体質改善には、当店の漢方薬はお役に立ちます。
当店では、子宮内膜症や子宮腺筋症や卵巣嚢腫やチョコレート嚢腫や子宮筋腫などの婦人病の漢方薬療法のご相談を承っております。
お気軽にお越しになりご相談くださいませ。


髙木漢方(神奈川県横浜市) 
髙木 佳久先生

TOP