健康トピックス 「福田式針療法」

痛みを訴えてお見えになる方は多いですが、
大きく分けて3種類の痛みがあるように思います。

① 坐骨神経痛や肩こり痛などに代表される神経や筋肉、
  骨の状態や血管の状態に問題があるケース

② 内臓に問題がある痛み

③ 心の痛みが「どこかの痛み」として感じているケース

①に関しては、血管に問題がないのか?骨に問題がないのか?
 神経はどうか?等を考えながら、それらが疑わしい場合は専門医受診を
 勧めます。場合によっては紹介状も書きます。
 筋肉の「こり」などから来ていると思われるケースでは、
 東洋医学、ことに針灸治療が効果を発揮します。
 漢方薬併用でさらに効果が上がることもしばしば。
 「レントゲンでもMRIでも何もないといわれました。
 血液検査や脳のCTも大丈夫でした」というような方で
 よくわからない痛みに悩まされている方には東洋医学が
 合うように感じています。

②に関しては、内臓をたてなおす事。
 そのレベルに応じて専門医受診が必要なケースもあれば
 「冷えから」などと言う場合は漢方薬が得意です。

③に関しては、ここのところ良く遭遇するようになりました。
 これは、定期的に面接しながら心の痛みに向き合い
 「癒やしの針治療」を行いながら、
 「漢方の精神安定剤」とでも言うような処方で対応していきます。
 それで、徐々に良くなっていくものです。

 あなたの痛みをどのタイプでしょうか?
 

           

慢性の痛みで悩んでおられる方の中には
原因不明と言われている方
いくら薬を飲んでも成果が表れない
治療しても効果が見えない
そういう方が多いと思います。

そういう方の中に、
時に見られるのが「関連痛」によって
痛みを感じている人がいます。

実は、痛んでいる場所と原因となっている場所が
離れている事があるのです。

慢性の肩こり・頭痛の方・・・・・
実は背中にポイントがありました。
背中に治療を施すと 
ご本人曰く「絶好調」だそうです。

五十型と言われていた方・・・・
実は腰にポイントがありました。
腰に治療を施すと、
「治った」と感激されてました。

じっくり診ていくと、治療ポイントがわかってきます。
3分間診療や流れ作業的な治療では発見できません。
いったいなぜ?どこに原因が?って
じっくり考えながら治療していきましょう。


       

○○冥利に尽きる!

最近、そんな言葉が脳裏に浮かぶ嬉しいことが。

ある年配の方、
田舎にありがちな 雑草処理のため
一生懸命 草刈り機を使っていたところ
次の日から、著しい腰痛に襲われて
杖をつかないと歩くことさえままならない状態になってしまった。

あわてて整形外科受診するも、レントゲン異常なし。
単なる筋肉痛でしょう とのことで、湿布と痛み止めで帰された。
ところが、1週間たってもまったく改善されず、
マッサージ治療等 受けるも改善されず来院された。

お見えになった時も杖をついて、やはり歩くのもままならない。
診ると、腰ではなく、お尻から股関節、そして大腿にかけて
強烈な筋肉の短縮を発見できた。

今回は、ここのところに針治療を施し、お薬はなし としてみたところ、
治療直後には杖なしで歩けるように!

「いやあ、良かった! 先生の仕事は、人助け でええ仕事でんなぁ」
と言ってくださった。

東洋医学実践者冥利に尽きる!

   

毎日、ふーっとなるという人
めまいふらつきの事を言っておられるのだと思われる。

少し前に脳のCTは撮っているけれど、どうも気になるとの事。
もしかして そのまま絶命するのではないかという恐怖におびえておられる
病院などかかっておらず薬も服用していない

とりあえず、ここは、血圧を測ってみることに・・・。
140~88 
例えば、いつもは100~60の人がこの数値なら
しんどくなって当たり前だけれど
その方のいつも状態が分からないのでコメントしがたいが、
常識的には問題ないレベル。

話を伺うと、
自律神経症状やパニック発作を連想させるものもなく
脳貧血や起立性低血圧を連想させるものも出てこない。

そこで、頭から首、肩当たりを診ると
明らかに頭蓋骨に筋肉が付着する部位が硬くなっている
ここにハリ治療を施すと、
足の先まで血が流れていくようです、気持ちいいです。
数分後、なんか楽です。いつもと違います
。との事。

まずはこれで経過観察してもらって
やはりだめなら再度来ていただくという事で帰ってもらった。
おそらく解決!ではないかと思う。

     

痛みの原因は様々ですが、
最近、多く見かけるのが、
「痛がり体質」になってしまっているという人。

これは、
例えば、鎮痛剤の飲み過ぎでもなるのですが、
そうではなくて、ストレスが原因としか考えられない人が多くいます。

病院で、MR・CT・レントゲン・血液検査・・・・・
そして、整形外科・脳神経外科・内科・眼科・・・・・

全く異常所見見られず、困り果ててお見えになる方多し。

人間、ストレスがたまると、
痛みに敏感になるようにできているのです。

本来、10の痛みであるはずが、100にも1000にも感じられる
そんな人が、後を絶ちません。

簡単には いかないのですが、
まずは、ストレスを感じる事を伺って
自分の気持ちをさらけ出す作業から開始して
自分の苦しさを伝えていただき、
それを理解するところからのスタートとなります。

大丈夫です。
徐々にではありますが良くなっていきます。
困っておられる方はご連絡ください。