漢方 ほのか薬局 広島県福山市
ほのか薬局にようこそ
サイトマップ プライバシーポリシー お問い合せ
漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com ホームへ 店舗紹介 相談 よくあるご質問
 

牛黄清心丸をご存知でしょうか?
直径1.5cm位の丸い球に金箔が張ってあり、さらにそれをプラスティックで1個ずつ包装してあっていかにも高級そうな漢方薬です。
牛黄は、「閉塞した九竅(きゅうきょう)を開き、邪を取り除き、気・血・水の巡りを復活させる」という作用があります。九竅とは、2つの目・2つの耳・2つの鼻・1つの口・1つの尿道・1つの肛門と9つの穴が詰まって閉塞している状態を開いて巡りをよくする効果が強いことを意味します。牛黄を含んだ丸剤を牛黄清心丸・牛黄清心元(「元」←これも丸という意味)と言います。牛黄清心丸については、いろんな薬局さんが説明されています。ちょっと、面白いお話を・・・:D
牛黄は、かなり昔から、貴重なものとして使われていました。古都では、牛黄にまつわるいろんな話があります。:)
牛黄を墨汁に溶かし其の墨で書いたものを、牛王札と言い、牛王札の裏を起請文(神仏の誓いを立てて自分の行為・言動に偽りのない旨を記したもの、神仏に誓って相互に取り交わす固い約束文書)に使用されました。また、邪を取り除くことから、魔除けのお札としても使われています。
また昔は、牛黄清心丸を、「抜苦清心丸」と言っていました。「苦」「抜いて」くれ「心」が「清らか」になる丸剤。
この「抜苦」は、仏教の「抜苦与楽(ばっくよらく)」からきていると言われています。牛黄が九竅を開竅をするところから、「苦」を「取り除く」と言う意味も加わっているという説や、牛黄の九竅を開いた時の全身が楽になる状態が「抜苦与楽」の状態に似ているからと言う説があります。
「抜苦与楽」とは、仏や菩薩が衆生の苦しみを抜いて福楽を与えることを言います。抜苦(苦を抜く)とは、「悲」をあらわし、与楽(楽を与える)とは、「慈」をあらわす。(ただし、慈・悲を反対に配当する見解もある。)苦とは、四苦八苦の苦で、人間のあらゆる苦しみのことを言います。
「四苦」は、「生老病死」逃れられない必然的な苦しみ。
「八苦」は、四苦に「愛別離苦」「怨憎会苦」「求不得苦」「五陰盛苦」の四つを加えたものです。
「愛別離苦」は、愛する人と別れる苦しみ。「怨憎会苦」は、怨み憎む人と出会う苦しみ。「求不得苦」は、求めるものが得られない苦しみ。「五陰盛苦」は、存在を構成する物質的・精神的五つの要素(色・受・想・行・識)に執着する苦しみ。
私も、牛黄清心丸を使った時は、「抜苦与楽」の感覚を実感します。動くハート
ほのか薬局では、3種類の牛黄清心丸を用意し、使用目的に合わせておすすめしています。あらゆる苦しみが多い現代、「抜苦清心丸」が必要なのでは・・・;-)


Copyright© HONOKA PHARMACY. All Rights Reserved.