健康トピックス 「ストレス」

休むという事は簡単なようで難しいものです。

例えば、
会社を休むことで「自分の居場所」が消えそうな不安との戦いがあります。
また、休むことで経済的な不安もあります。
休むことは「自分の無能」を認める事となり社会的評価の低下が気になります。
休むことで、他の人に迷惑をかけるのではないかという自責の念もあります。

こうした苦難を克服して休んでいても
頭は常に「動いている」状態の事も多く
体は休んでいても心は休めていない事も多いもの。

まずは体も心も休めるために
「爆睡」を出来るようにしたいものです。
ここをサポートさせていただけたら。。。。。。
そんな風に思います。

         

睡眠導入剤の連用で
依存症が発症する可能性が問題となっています。

そんな中、伝統的市販薬 「敬震丹」で眠れるという報告
をちょこちょこ聞きます。

常用薬としては、「平素の漢方」をお出しす事が多いのですが
頓用として、
眠れない時やドキドキする時など、
「漢方の精神安定剤」というような位置づけで
「敬震丹」を服用してもらいます。

意外と効きます。

     

そろそろ、気候の移り変わりで
自然とともに、人も「気」の動くとき・・・・・

一人で悩まず、ご相談ください。



     

頑張って頑張って頑張って・・・
それで疲れ果てて、
体調不良になってしまう人を多く見かけます。

そんな人に限って、
もっと頑張らないと!って もがき苦しんでいます。

そして、頑張れない自分を責めてしまう。

そうじゃないんです。
頑張りすぎて疲れ果てているから
症状が出ているんです。

一晩寝て治るような疲れじゃなく、
精神的な疲労=脳の疲労・・・
これは簡単に回復しない疲労です。

だから、しばらくは頑張らず、休んでください。
必ず、回復します。


     

誰にでも、気分が落ち込んで
悩みの日々を送る事があります。
単純な気分の落ち込みと「うつ」が違います。
単純な気分の落ち込みの場合は、
その原因となっている事
(例えば、借金、介護、受験、病気、もめごと、人間関係・・・)
そういう事が解決すれば
急速に気持ちが軽くなって元気を取り戻すことができます。
ところが、「うつ」の場合、
慢性的な精神疲労の積み重ねで起こってますので
原因と思われる事が解除されても気持ちは晴れず、
気分の落ち込みは残ったままになるのです。
さらに「うつ」の特徴として感情のコントロールが難しくなります。
そういう場合は長期戦で休養しながら治療が必要となります。
参考になさってください。