健康トピックス 「胃腸虚弱・トラブル」

胃痛が止まらないという人。
原因不明。
ストレス?冷え?
原因同定に、今ひとつ決め手に欠く状態。

「みずおち」にあるツボに針をした。
しばらくすると、
痛みが取れたという。

これで様子見て、
すぐに再発するなら、一度胃カメラした方が良いと伝えて帰ってもらった。
その後、再発していないらしい。

合成薬品で効かなかった胃痛が、
一本の針で良くなったのだから大したものだと思う。

こんな例もあるのです。
だから、漢方や鍼灸は止められない。



 

胃カメラしても何も出てこない
胃の不快感で悩まされていた人。

いわゆるNUD(器質的に何もないのに胃症状がある)かな。

漢方的に診断して、

気の巡り、胃腸の動きを良くする漢方を
服用してもらったら、
一カ月で大幅改善。

さらに継続したいというので、
続けてもらってますが、
漢方も「イケる」でしょ。


 

美容師さん理容師さんは
腰を落として仕事をされるケースが多いらしく
太ももの筋肉が非常に疲れている。
そして・・・膝にきたり、腰にきたり。。。
さらには、
胃腸の動きにまで影響している事も。。。

中腰の仕事をされる方は
太もものメンテナンスは必須かと。。。。

月・火は美容師さん、理容師さん、レストラン関係者の方が多く、
そんな事を感じた一日でした。


 

最近、
どうも元気が出なくて体がだるいという人が多い。
いわゆるクーラー病のようだけど何か違う。
お腹を診るとチャポチャポしていて
漢方でいう胃内停水。

世間では、「熱中症予防に水をしっかりとりましょう」
そう言われているので
正直に必要以上に摂りすぎて
どうやら余計な水分が体にだぶついているようだ。
冷えと余計な水分。

こんな時は、水分摂取のあり方を見直し、
漢方では
五苓散、九梹呉伏などで水分を調整するとうまくいく。

何でも、適度が難しいのです。

     

便秘症の人は多い。
なかには、一週間も便秘!という人も。

ここのところ、
便秘が原因で
危うく腸閉塞になりかけていた人が
多発した。

なめたらイカンのが便秘。
腸閉塞はホントに恐い。


日頃からお通じをつける習慣が大事。
食事もそう。
便意がなくても決まった時間に
トイレに行く習慣を。

どうしても便秘がちな人には
穏やかな作用の漢方や
腸の蠕動運動をサポートするツボ刺激があります。
おへその左横に「天枢」というツボがそれ!
ここに針すると良く効きます。
自分でマッサージもOK.

うまくいかない時は、
ご相談ください。