電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話でのお問合せ 047-460-5593漢方相談 誠心堂薬局 船橋店(千葉県船橋市)
  • 漢方薬のきぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • 交通アクセス
  • よくある質問
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

[ カテゴリー » Topics ]

肺移植がうまくいかない原因

①卵子の異常

②子宮内膜機能不全

③子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症

④卵管因子(水腫)

⑤免疫異常、ホルモン異常

⑥精子の異常

が考えられています。

今回は、⑤免疫異常、ホルモン異常について触れていきます。

免疫異常やホルモン異常は、
同種免疫異常自己免疫異常染色体異常内分泌代謝異常などがあり、流産を繰り返す原因になります:)

同種免疫異常とは、免疫機構が胚や胎芽、胎児を異物と捉えて、体から排除しようとする反応です。

この場合は、着床不全不全外来にて相談する方法をとります。

検査項目:免疫学的検査、血液凝固系検査、内分泌代謝異常、染色体検査

免疫学的検査:同種免疫異常は、

Th1細胞とTh2細胞の比率を調べます。

※10以上の場合、タクロリムスを投与を検討。※病院によって基準値は異なります。

免疫は細胞性免疫と液性免疫の2つがあり、前者はTh1、後者はTh2が中心を担っています。

胎児や胎盤を攻撃する働きのあるTh1が高くなると妊娠の維持ができない状態になります。
よって血中のTh1値を下げることでTh1/Th2のバランスをとり、胎児や胎盤に対する拒絶反応を抑えて妊娠の維持を継続させる治療をします。

NK細胞活性を調べます。

NK細胞は妊娠の維持に必要な免疫寛容と関係します。この活性が亢進すると胎児を異物といて排除しようとすることが指摘されています。
治療は、イントラリピッド療法とピシバニール療法があり、NK細胞活性を低下させます。(ただ、この療法は、現時点でエビデンスは確率されてはいないようです)

自己免疫異常は、

・抗カルジオリピン抗体(IgG、IgM)、
・抗カルジオリピンβ2グリコプロテインI複合体抗体(抗CL・βGPI抗体)、
・ループスアンチコアグラント、
・抗フォスファチジルエタノールアミン抗体(抗PE抗体)
のような複数の抗リン脂質抗体を測定します。

通常、この抗体は、外部からの異物が侵入した際の防衛手段の役割を担いますが、抗体が産生されると、自己組織を異物と認識して自分自身の組織を攻撃し、血栓が生じて胚への酸素や栄養の供給が阻害されてしまいます。

治療は、低用量のアスピリン療法を検討します。

・抗核抗体を調べることで自己免疫疾患(身体の臓器を攻撃してしまう)の可能性を探ります。
受精障害(多核の受精卵)の原因になることがあるようです。

副腎皮質ステロイド剤の検討がありますが、エビデンスが低く検討の余地がありそうです。


血液凝固系検査は、APTT、PT、凝固第Ⅻ因子、プロテインS活性、プロテインC活性を測定します。

血液が固まりやすい傾向にあると胎盤を介した血液循環に影響を与えてしまいます。治療法としては、低用量アスピリンやヘパリン療法があります。

内分泌代謝異常検査は、

・甲状腺機能を測定するTSHやFT4

甲状腺機能低下の場合:FT4が少なく、TSHが大きい際は、チラーヂンを投与します。

甲状腺機能亢進の場合:FT4が大きく、TSHが小さい、自己抗体のTSHレセプター抗体(TRAb)有の場合は、プロパジール(チウラジール)を投与します。


・糖尿病やPCOSの疑いがあるかを調べるHbA1c

糖尿病治療薬のメトホルミンは、PCOSの排卵障害を改善することがわかっています。
血糖コントロールし、インスリンの過剰な分泌を抑制するため、卵巣でのテストステロンも抑制されて卵巣内のホルモンバランスも改善され排卵しやすくなると考えられています。

・黄体機能不全かどうかはP4値 で検査をします。

黄体期にhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンを投与します。hCGはLH作用があり排卵後の黄体刺激をしP4の分泌を促進します。

染色体検査は、夫婦染色体を調べます。

ご夫婦どちらかの染色体に転座(染色体の一部が他の染色体にくっついている状態)があった場合は、流産の可能性があります。

染色体異常には治療法はありませんが、検査で異常の有無を調べることは可能です。

漢方では、自己免疫異常不育症に対する柴苓湯の有用性があるようです。(phil漢方 No.22 2008)

以上、
ご参考下さい。


NONALNUM-5YWx6YCa5LiN5aaKMeODkOODiuODvA-E



こんにちは。

引き続き、今回も肺移植がうまくいかない時の原因についてあげていきます:)

肺移植がうまくいかない原因

①卵子の異常

②子宮内膜機能不全

③子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症

④卵管因子(水腫)

⑤免疫異常、ホルモン異常

⑥精子の異常

が考えられており、今回は

⓸卵管因子(水腫)

をあげていきます!

卵管水腫とは、卵管の閉塞・狭窄により卵管の中に液体がたまり、卵管が腫れている状態です。

胚移植をしてもなかなか着床しないのは、胚を子宮に戻したときに、水腫の液体が卵管から子宮内部に流れ出て胚を押し流してしまうためです。また、貯留した卵管液が胚に対して毒性があり、子宮内膜の環境を悪化させることが、考えられています。

症状は、排卵期から黄体期あたりに水っぽいおりもの(帯下)の増加があります。

卵管の一部が炎症を起こす原因の一つとしてクラミジア感染が考えられるため、クラミジア抗体検査で陽性の場合は注意が必要です。

治療は、
卵管采に切開をして卵管内の貯留液を排水させたり
卵管自体を摘出
卵管をクリップで留めて、子宮内への流入を防止
水腫自体を針で刺して内用液を吸引する方法
をしています。

漢方では、痰湿と瘀血と捉えて、過剰な水分を減らしていったり、血液の流れを良くする治療を行います。


NONALNUM-NS4xMOWtkOWunQ-E



こんにちは♪

今回は当店でご出産になられた方のアンケートを掲載したいと思います。

是非、ご覧になって下さい!!



NONALNUM-77yT77yWTUjmp5jvvJPvvJfmrbM-E



こんにちは。

前回と同様に、今回も肺移植がうまくいかない時の原因についてあげていきます:)

①卵子の異常

②子宮内膜機能不全

子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症

④卵管因子(水腫)

⑤免疫異常、ホルモン異常

⑥精子の異常

のうち③について述べていきます。

③子宮筋腫、子宮内膜症、子宮腺筋症

子宮筋腫は、子宮を構成する筋肉から出来る良性の腫瘍です。

症状は、過多月経、過長月経、月経困難症(生理痛)、不正出血などがあります。

種類は漿膜下筋腫、粘膜下筋腫、筋層内筋腫の3タイプがあります。

粘膜下筋腫や筋層内筋腫が子宮内腔に突出していると子宮の中がデコボコになるため、受精卵(胚)が着床しにくくなります。

子宮筋腫ができると、
筋腫の圧迫により卵管の内腔が狭くなったりつまったりする

蠕動運動の低下、筋腫の刺激により子宮が収縮しやすくなる

子宮内膜の圧迫により血の流れが悪くなり胚の発育に影響する

などが原因で受精卵が着床しにくくなります。


子宮内膜症は、本来子宮にしかない子宮内膜が子宮以外の場所で発生・発育し、子宮以外のところで月経をおこしてしまう状態のことです。

症状は、月経痛の悪化や慢性的な腰痛、下腹部痛、排便時や性交時の痛みなどを引き起こします。

子宮内膜症があると、卵管の癒着や炎症などから卵巣に慢性的な炎症を引き起こし、正常な卵巣への悪影響があり、卵の質を落とします。

この炎症のために生じる腹水が免疫異常を起こし、受精や着床を阻害します。


子宮腺筋症は、子宮筋層に内膜症が入り込んだ状態で、子宮筋層が厚くなったり、子宮全体が大きくなったりします。それによって子宮が変形するため、不妊や流産の原因になることもあります。

症状は、月経過多、強い生理痛をひきおこします。

受精卵が子宮に着床するのを妨げます。



漢方では、様々な体質により対応していきますが、一例として以下のようなことを考えます。

・腹部の血流が滞ることにより、子宮筋腫や内膜症になります。
血瘀(血流が鬱滞しやすい体質)と捉えて、血行を促進する漢方薬で治療をしていきます。

・ストレスの影響などで気の流れが滞ると、子宮筋腫や内膜症の原因になります。
体の諸機能を調節する肝の機能がスムーズに働かない体質で
肝の機能をスムーズにする漢方薬で治療をしていきます。


・体内にたまった過剰な水分や湿気(=痰湿)により腫瘤(はれ、できもの、しこり、かたまり)になり、子宮筋腫や内膜症になります。
痰湿を取り除く漢方薬で治療をしていきます。


NONALNUM-MjAyMTA5MDnlpormtLsxOA-E



こんにちは。

前回と同様に、今回も肺移植がうまくいかない時の原因についてあげていきます。

①卵子の異常

②子宮内膜機能不全

③子宮筋腫、子宮腺筋症、子宮内膜症

④卵管因子(水腫)

⑤免疫異常、ホルモン異常

⑥精子の異常

が考えられています。


②子宮内膜機能不全

・内膜の厚さ

内膜は1日に0.5mmのスピードで増殖して着床期に最も厚くなります。

新鮮胚移植の場合は8mm以上、融解胚移植は7mm以上で妊娠率、生産率は維持されることが報告されていますので、
それを基準にして移植を決定しているところもあります。※(Human Reproduction Vol.33,No10pp.1833-1888,2018)


・胚受容能発現

着床には、胚受容能発現が必要です。この発現は、一時的で、胚と内膜の相互作用により成立します。
着床しやすい最適な時期に胚盤胞が着床する必要があります。
それにはエストロゲンとプロゲステロンが重要な役割をします。
一般的にLHサージから7日前後、プロゲステロン投与から5日前後が着床の窓の時期(着床に最適な時期)と言われています。
胚移植のタイミングは12時間ほど着床しやすい時期とずれてしまっただけで胚が着床できないことがあります。
着床の窓を調べる検査(ERA検査)が行われており、それを調べることで適切な時期に移植をし、妊娠率の向上に役立てています。

・子宮内膜ポリープ

ポリープができる原因は、明らかではありませんが、エストロゲンの過剰な働きや妊娠・流産の他、人工授精や体外受精を繰り返す中で細菌による炎症を引き起こしてしまうためと考えられています。

子宮鏡・超音波でポリープの有無を検査し、もしあれば子宮内膜ポリープ掻把術を施して治療します。


上記のことが起こる背景には、

女性ホルモンの影響
子宮内膜の炎症
血行不良
が考えられます。

従って子宮内膜機能不全の場合の漢方の考え方は、
女性ホルモンのバランス
子宮内膜の炎症をとる
血行不良
を改善することです。

女性ホルモンの影響を腎の働きと考え、血行不良を瘀血、子宮内膜の炎症を熱と考えると、

腎をコントロールする漢方や瘀血を取り除く漢方、清熱をする漢方を使用して子宮内膜の機能の改善を図っていきます。


NONALNUM-MjAyMjAy5aaK5rS7MTA-E