電話・メール・店頭で相談できます
お店で漢方相談 メールで漢方相談 電話でのお問合せ 054-285-6071漢方相談 谷薬舗(谷薬局)(静岡市駿河区)
  • 漢方薬のきぐすり.com
  • ホーム
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • ご相談例
  • 商品案内
トップ > 健康トピックス

健康トピックス

当店の最新情報をご案内します。

[ カテゴリー » Topics ]

自律神経失調症でお悩みの方が、漢方薬の服用でみるみる良くなってきました。
45歳の女性です。服用2週間後には効果が出始め、半年でとても元気になりました。

半年前、初めていらした時は、たくさんの不調があって、紙に書いてきたくらいでした。

   喉に異物があり、
   潰瘍性大腸炎でペンタサ服用中
   すぐ下痢をする

   肩こりがひどく、目の疲れも辛い

   生理の周期が遅れ、
   やっと来ても2日で終わっちゃう
   冷え性です

   動悸、息切れ、不安感があり、
   手足に汗をかきます

この方の自律神経の不調の原因は

気血の不足と考え

補気補血の漢方薬を2週間分出しました。


2週間後来店

 肩こり、目の疲れがすごく良くなった。
 同じお薬を2週間分処方

1ヶ月後

 生理の周期が戻りました。量はまだ少ない。

その後、

冷えると下痢をしやすいので、
生物や果物、の体を冷やすものを控えてよく噛むように指導して、
下痢のときには人参湯を頓服処方し、

喉元が気になるときには、柴朴湯を頓服で
お出かけで動機が心配なときには、感応丸気を
お守りに備えておいてもらいました。

そのご来店のたびに体調は上向いて、
ご相談いただいてから半年後の今日、
自律神経の症状はどれもほとんど気にならなくなっていました。

お守りにお出しした漢方薬も、最初の頃は重宝したそうです。
調子が良さそうなので前回は少しだけ、年のためにお持ちいただきましたが、
今回はそれを使わずに住んだことが、調子の良いのを物語っています。

血流計のデータもスワン型になっていました。

このかたのようなに、自律神経失調症が血の補充で改善することがよくあります。

漢方薬が好きな薬剤師 谷薬舗 たにあつこ

いつもご家族の健康管理をさせていただいているYさんが、
珍しくラインに相談の予約をしてきました。

生理がダラダラ続いて出血が止まらないのだそうです。
49歳女性です。

ずいぶん心配だったのでしょう、とにかく体の地調子が悪くて、と、 
何やら深刻そうに話し始めました。


主訴
生理がだらだら続くが、出血量はわずかで、
出血が終わったと思っても、まただらだら続いたりするし、
起き上がる時ふわーっと力が入らない感じがして、
特に両手が落ちるように力が入らない。
寝てると、下腹部が痛くなってきます。


説明
49歳だから、そろそろ更年期ですね、
更年期になると体に血が不足してきて、そのためいろいろな症状が出てきます。

生理がだらだら続くのは、更年期によくある症状ですが、
ピッタリのお薬があるから心配しなくても大丈夫です。
起き上がる時ふわーっと力が入らない感じは、血の不足によるものでしょう。

血を増やすお薬を飲みながら、お食事でも、レバーや、赤身の魚などを取りましょう。

特に手に力が入らないのは、気の消耗もあるのでしょう。
これも、だらだら出血にぴったりのお薬で改善するでしょう。

ところで、寝ていて痛くなるお腹の場所を確認すると、左下腹部だそうで、
出血は、レバー状の塊とかあるか質問すると、ある!とのこと。
左下腹部痛もレバー状の欠血壊も、瘀血の症状ですので、
駆瘀血剤を少しいれました。


処方
ダラダラ出血する生理を改善するため、血虚の薬をメインに
瘀血の薬を少量出しました。




二週間後来店
結果
生理のダラダラ続く出血はすぐに改善しました。
寝ているときの、ふわ~っと力が入らない感じもなくなりました。


更年期の頃になると、いろいろな症状が出てきて心配になりますね。
生理がダラダラ続く、という症状も更年期ではよくあることですが、
漢方薬で改善する方がほとんどです。お気軽にご相談くださいね。



漢方・自然薬が好きな薬剤師、谷薬舗 たにあつこ

どのくらいの人が不妊で悩んでいるの?

近年不妊でお悩みの方が増えています。不妊症とは自然にしていて、2年以上妊娠をしないことをいいます。結婚平均年齢は30歳、30~34歳の 34,5%が未婚です。結婚された夫婦の、5.5組に1組が不妊で悩んでいます(2015年調査)。

不妊治療をして、どのくらいの方が妊娠するの?

不妊治療をすれば妊娠する、というわけではありません。どのくらいの方が妊娠するかというと、35~40歳で 16%、40歳以上では 8%、となり、年齢が高くなるにつれ妊娠する確率は下がってきています。最近卵子の老化についての報道をよく耳にしますが、不妊の治療は早ければ早いほど確率が高まる、ということになります。体外受精による出世児は年々増え続け2018年は56979人、と過去最高となっています。

どうして妊娠できないの?

病院で不妊治療をしても妊娠ができない場合には、必ず何らかの理由があります。具体的には、精子の状態、頸管因子、卵子の状態、卵管の状態、子宮内環境、のいずれかが、妊娠に至る状況でないから、妊娠できないのです。不妊の原因はWHO(世界保健機構)によれば、約半数は男性に原因があるとされています。そのため、不妊のご相談には、ご夫婦お二人でご来店いただきたいと思います。

子宮内環境・精子の状態を整えましょう

妊娠とは、精子が卵子に受精した受精卵が、卵管内を移動して子宮内膜表面に着床すること、そして母体の胎盤から栄養酸素をもらって大きくなり、やがて出産に至るまでのことを言います。卵子の状態、精子の状態、子宮内膜環境を整えてあげれば、妊娠しやすくなるのです。

子宮筋腫や内膜症、多嚢胞性卵巣など、不妊につながる疾患がある方は、病院での治療や、漢方治療により、改善しましょう。

子宮内膜が堅くて薄くて冷えていれば、卵子は着床しないでしょう。子宮内膜が、ふかふかのベッドのように柔らかく暖かくて厚みがあり、十分な血液が流れていれば、卵子は着床しやすく、着床した赤ちゃんは居心地が良い環境ですくすく育っていくはずです。

月経周期、月経痛、月経量、帯下を整えましょう
月経周期、月経痛、月経量、帯下を整えてゆくことが、子宮内膜の環境を整えることにつながり、妊娠へとつながります。これこそがまさに、漢方の得意分野で、漢方治療によって、案外簡単に子宮内環境が整う方が多いのです。また、男性精子の数や運動量も、漢方的アプローチによる改善を目指します。谷薬舗でも、不妊治療を受ける前に、漢方薬でお身体を整えていたら自然妊娠した、という方をたくさん見てきました。病院での不妊治療を始める前に、一度ご自身の子宮内環境や精子を整える漢方治療をぜひ受けてみませんか!?


症状改善の目安

PMS,胸部の腫脹、イライラの緩和・・・14日
抑うつ感・片頭痛・・・30日前後
月経痛の消失・月経時のレバー状の塊の改善…生理周期にして2周期
手足の冷え、貧血症状…1か月
月経周期35日以上…個人差はあるが3~4周期
月経周期25日以内…5周期前後
妊娠まで1か月から2年

こんにちは!
だいぶ気温も暖かくなり、新緑が気持ち良い季節になってきましたね。

5月の営業は少し不規則営業となります。
どうぞよろしくおねがいします。

5月3〜5日 通常営業(9〜17時)
5月17〜19日 休業


コロナ禍で思うように人との行き来ができなくなり
その状態がいつまで続くかわからず、 不安を感じる方が増えています。

コロナ鬱、という感じですね

そんな方、不安を抱えたままにしないで、一度漢方薬に頼ってみてはいかがでしょう?     

先日ご相談の方も、コロナ禍での動悸・気分の落ち込みやイライラでお悩みでしたが、
漢方薬で調子が良くなり、喜んでいただきました。

昨年4月の、東京でコロナの感染者が100人を超えた日に、激しい動機が何日か続き、
その時は病院の薬ソラナックスで落ち着きました。

最近またコロナ感染者が増えると、また動悸がひどくなりました。
動悸のほか、イライラや落ち込み、抜け毛もあります。


問診をし、この方に合わせた漢方薬を2週間分出しました。


2週間後 :体も心も少し元気になってきたので、同じお薬をもう2週間分出しました。

1か月後の昨日、笑顔で来店され 
     調子が良い♪
     漢方薬を飲むようになってこんな短期間で目に見えて症状が改善し驚いています。
     動悸はほとんどしないし、イライラも落ち込むことも減り、抜け毛も減りました。  
            とのことです


産後は抜け毛に悩む方が多いものですが、
この方は産後6年も経つのに、まだ抜け毛が気になり、
生え際はもう生えてこなくなっていました。

その長年来の悩みの抜け毛も減って、漢方薬の効き目に驚いていました。

コロナで実家にも帰れず、
昔の嫌なことばかり頭に浮かんできて辛い日を送っていたのがうそのようで、
やはりコロナで実家へ帰れないことは変わらない中で、
気持ちを前向きに暮らせるようになって本当によかった、と思います。

つらい思いをされている方、一度漢方薬に頼ってみてはいかがでしょう!?


           漢方・自然役が好きな薬剤師  谷薬舗 たにあつこ