• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

健康トピックス 「アトピー性皮膚炎」



2年前に1年弱、外用・内服の漢方薬で、ほぼ正常に復した男性。
今回、9月下旬になり、気温の急激な低下とともに、乾燥してきた空気の影響か

両手甲部と手首の皮膚が乾燥してきた。あわてて量販店でワセリンを買って、
手当をしたが、どんどん悪化して、これではと思い、来局されてきた。

見せていただくと、手甲の皮膚がガサガサに乾燥し、皮膚がぼろぼろ落ちる
落屑状態になってきている。痒みも強い。


 この方の場合、以前から秋の乾燥状態には当帰飲子の煎じ薬
 >が良く効いているので、すかさず同じ処方を飲んでいただいた。
 ところが以前はすぐ効いた
 

 この漢方薬が2週間では効果を感じられないと10月になって報告があった。皮膚症状
 と漢方薬はあっているはずだが、なにかが足りないので、皮膚状態の改善薬の

 オウギを当帰飲子に加えて処方すると、今度はすぐ効果がでてきた。その後2週間に
 なるが、皮脂もでてきて乾燥状態が脱出することができています。
 
 

   

キーワード別 一覧へ



以前から、両手甲に水疱性湿疹がでては、治るを繰り返してきた。ステロイド剤も使うが

その時だけ、急場しのぎにすぎず、皮膚が少しずつ薄くなり、少しの刺激で切れて裂け

るようになった。このままでは治らないと思い、漢方薬にも挑戦して、十味敗毒湯や、

荊芥連翹湯などの皮膚病系の漢方薬エキス剤を知り合いのドクターにだしてもらい、

のんでみたが、やはりはっきりした効果がでなかった。会社の友人に勧められ、来

局される。

患部は両手甲側に、水疱を伴う小さい皮疹がたくさんあり、一部は掻いて痂皮がで

きている。痒みも当然強い。それより、お話をする様子からかなりのストレスが常にか

かっているように見受けられた。


上記のように、定番の漢方エキス剤は飲んでいることあわせ、抗ストレス系の漢方薬

加味逍遥散(かみしょうようさん)に香附子末をくわえて調剤する。これに表熱を

とる漢方薬の越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)を併用してもらう。

すると、わずか2週間ほどで、水疱性の湿疹が乾いて、痒みが半減してきた。続ける

事2ヶ月で、皮疹はほとんどなくなり、瘢痕をわずかに残すだけになった。

ストレスがきっかけになるアレルギー性皮膚病もあることを知りました。




   

キーワード別 一覧へ

漢方薬の黄連(オウレン)は、よく使われる生薬です。
アレルギ―性の病気にも当然使われますが、このたび(ここ1年で)
この黄連が原因と思われる皮膚アレルギーを経験しました。

1)59歳の女性。

もう5年前から、アトピー性皮膚炎で漢方薬を飲んでいるかたです。
毎年、春や秋口に顔の浮腫を伴う紅斑がでます。漢方薬の煎じ薬で、
治まり、仕上げにオウレン含有の軟膏を使ったところ、どうも塗った
場所だけ痒みが強くでます。

別の漢方薬の軟膏に変えたところ、治まりました。

2)52歳の女性

このかたは初めから、オウレンの入った軟膏を塗ると、その場所だけが
痒く、浮腫状に腫れる、他の新薬を含む外用薬では起こらない。

内服の黄連解毒湯でも、皮膚に痒みが増強するという。

3)18歳の男性。

アトピーで漢方薬の内服を主に使って、経過のよいかた。やはり皮膚乾燥
に、オウレン含有のクリームをつかって、紅斑こそ出ないが痒みが起きる。
他の外用薬で痒みが治まる。

   

キーワード別 一覧へ



以前より、ストレスが溜まるとアトピーの皮膚炎がでてくる。今回2ヶ月前から右手差し指先に発疹がでると、次々に他の指にもでき、手持ちのステロイドの軟膏を塗っていたが、左手指にもできだし、来局される。

右・左の手の指が、炎症を起こし、浸出液がでて仕事にならない。夏時期なので、高温多湿の影響がある湿熱型のアトピーなので、毛孔部の炎症もあるので、消風散・越婢加朮湯の組み合わせ処方とした。



半月で半減し、1ヶ月で治まったが、こんどは乾燥して落屑が気になりだした。血虚証を呈してきたので、保湿作用のある当帰飲子(とうきいんし)に越婢加朮湯の組み合わせで服用する。

残り2ヶ月の服用で治まり、薬をやめて、保湿クリームだけで様子を見るまで、回復した。

   

キーワード別 一覧へ



もともと、アトピーで治療してきたが、今年は両手の指が極度の乾燥した皮疹が多く
でだした。

例年この夏の時期は、浸出液を伴ったじゅくじゅくした皮膚炎になることが多いのだが、皮膚が乾燥し、落屑を伴うことはほとんどない。

本来、冬の痒みを伴った乾燥した皮膚に使う漢方処方をためしてみた。
当帰飲子に陰熱につかうゲンジン・ジコッピを加えて、もちろん煎じ薬で、
外用は紫雲膏を改良したシウンクリームを昼に
夜は紫雲膏を患部に塗擦していただく。

すぐに、効果がでて、2週間で半減し、4週間で、ほぼ正常になった。

 だんだん、知っている夏のアトピーの皮膚と変わってきている事に気づかされた。

   

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0876 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.