健康トピックス 「ガンの代替補完療法(再発予防、病院治療の補完、ガン予防)」

今回より、シリーズ11回に分けて福田漢方の考える健康法をお伝えします。

・病気の予防・治療の基本=「主役は自分! 主治医は自分自身とお考え下さい。」
・不幸にして病気になってしまった人は、何がいけなかったのかよく分析して今後につなげましょう。
・妊娠中、授乳中、糖尿病など持病のある方、
 アレルギー体質の方、著しく体力の低下している方、などは必ず御相談ください。


~健康維持あるいは、健康を手に入れるために~


・以下の事、全てを実践する事が望ましいのですが全てはなかなか大変です。
 何が当たるかわかりませんから、「やってみたい!」と思ったらやってみる事です。
 出来る事を可能な限り実践してください。

・医療現場では、時に、カクテル療法という抗がん剤治療が行われています。
 お酒のカクテルのように複数の抗がん剤を併用することで、
 それぞれ単独で使用するよりも効果が上がる事を期待するものです。
 同様に、実績のある健康法を自分なりに組み合わせる事が、
より効果を生みだすと
私は考えています。

「継続は力なり」です。続けなければ意味がありません。魔法はありません。
しかし、それがストレスになるのも良くないので、
無理なく日常の一環として自然にこなせる事が大事です。

無理に「良いように考える」のは、やはり無理があります。
 苦しいポジティブシンキングはいけません。
 これは却ってストレスになって免疫力が落ちてしまいます。
 客観的にとらえて現実を受け入れて今後の作戦を練る事です。

 

   

末期がんの宣告を受けておられる方。

家族も本人も、
良いという事はできるだけの事はしようと。

野菜ジュースを作って飲み、
抗ガン剤治療、
温熱療法、
病院の免疫療法、

そして、こちらでは、
漢方薬、
ニンニクレクチオ、
スーパーオリマックスの併用。


最近の報告では、
血液検査の数値が下がった!との事。
ただし、予断は許さない。
ガン細胞はまだまだ。

でも、宣告の日が近づいているが
元気に生きておられる。

希望をつなぎたい。

     

NONALNUM-MeS6uuOBmOOCg-OBquOBhOOCiA-E



全ての悩める人に一言。

1人で闘うのは、しんどすぎます。

弱音を吐いてもOK。

誰かに助けてもらってもいいのです。


         

巷には、
「ガンに○○療法が効く。」だとか、
「薬を止めたら治った」とか
「末期がんからの奇跡の生還」など
いかにも現代医学が「悪」で
自然に免疫力を上げて治すのが良い。
といった広告宣伝がありますが、
惑わされてはいけません。

確かに、現代医療の欠点はあります。
手術は体力に負担をかけますし、
それがもとで、免疫が低下して
却って悪化してしまう事もあります。
また、抗がん剤も然り。
期待する作用よりも
副作用が前面に出てしまう事もあります。

しかし、良く考えてみてください。
これだけ医学が発達して、
医師会も国も、「標準治療」としているのは
それなりの理由があると思いませんか?

個人的な見解ですが、
もし自分が、そういう宣告を受けたら、
やはり、主治医と相談しながら
リスクと効果を天秤にかけて
その時点の最善の「標準治療」をまずは選択します。

そのうえで、代替補完療法として、
納得できる免疫強化食品などを経済的に許される範囲で摂取し、
自分流の漢方薬を作り、
食事のあり方を反省して改善し、
肉体的精神的環境整備をします。

ガンと闘うには、
1、抗酸化力を高める
2、免疫強化を図る
3、血管新生抑制(ガン細胞の栄養補給路を断つ)
4、体内有害物質排泄
5、アポトーシス誘導
6、腸内環境浄化
7、精神ストレス軽減
8、肉体強化、体温確保
9、睡眠と成長ホルモンリリース
10、生活環境や習慣の改善

これをひとつひとつ、見直していく作業をして
これを解決するにはどうしたらいいのか
その方に出来る事を共に考えていきます。

今のところ、それがベストだと思います。

 

うれしい報告。

頚部の腫瘍のため、抗がん剤治療と放射線治療をして、
そのせいで、血液検査の結果、腎機能低下と血球減少で
しばらく経過を観察していた方。

腫瘍もどこにあったのかわからないようになっていたし
血液検査の結果も全て良好!
 とのこと。


スーパーオリマックスとニンニクレクチオを併用していただいていましたが、
「それが効いたように思います」との事。

とはいえ、肉眼で見えない腫瘍がどこに潜んでいるかわからないので
まだまだ安心できません。

これを継続使用の予定です。まずは良かった。