• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

東洋医学では、人の体には五臓があると考えますが、
同様に儒教では、人の心には五徳があると考えます。
東洋思想という点で、五臓と五徳には関連があります。

五臓:肝・心・脾・肺・腎    五徳:仁・義・礼・智・信

肝は「仁」に通じます。仁は、慈愛や優しさのことです。
肝を疎かにすると、イライラ・興奮が強くなり、優しさから遠ざかります。

肺は「義」に通じます。義は、道義や規律のことです。
肺を疎かにすると、呼吸が乱れ、正道(本来あるべき状態)から遠のきます。

「仁義」と合わせて言葉にするように、仁と義は互いに支え合う関係にあります。
さしずめ、義をもって仁を果たすとか、仁を通じて義を保つような繋がりです。
同じような関係が、肝と肺にもあると推察されますが、
仁義を求められる場面は、やはり、対人関係だと思います。

obousan_seppou

心は「礼」に通じます。礼は、礼儀や謙虚さのことです。
心を疎かにすると、気が緩んで、本来持つべき謙虚さから遠ざかります。

腎は「智」に通じます。智は、判断力や中立さのことです。
腎を疎かにすると、知識に疎くなり、正常な判断から遠のきます。

脾は「信」に通じます。信は信用や誠実さのことです。
脾を疎かにすると、疑い深くなり、誠実さから遠のきます。

仁義と同様に、「礼智」も合わせて用いる場合が多い表現です。
主観ですが礼や智、信は、自己に対する戒めのように感じます。

「人の振り見て、我が振り直せ」ではありませんが、
他人の振舞い(=他人の仁義)に触発されて、自分の振る舞い(=自分の礼智信)を律する。
仁義と礼智信は、そういう関係にあるのだと推察されます。

逆に考えると、精神的ショックを受けた時、うつや神経症に陥った時には
自己の礼智信も疎かになりがちだと思います。
そういうときこそ、一人で悩まずに
周囲の人のやさしさ(=仁義)に触れる事が大切なのではないでしょうか?


受験をしくじった。落ち込んだ。結果に満足できなかった。

時代は少子高齢化と言いつつも、進学を選ぶ学生の前には、
昔も今も受験競争が立ちはだかります。
そして受験である以上、成功を修める人の傍らには、必ず失敗に涙する人が存在します。

合格への期待が大きいほど、失敗に対するショックは大きくなり、挫折感も強くなります。
強い挫折感は頭での理解(理性の範疇)を越えて、心理面(本能の範疇)に及びます。
そして心に生じた(負の)感情は大きく膨らむほど、コントロールするのが難しくなり、
強すぎる感情の波に心は苛まれ、脆弱・繊細になっていきます。
これら一連の流れを指して、しばしば
メンタルが弱くなる(傷つく)」という表現を用います。

精神的ショックが大きくて、メンタルが傷つく場合、
その人が本来持っているメンタルの強さは、あまり関係ありません。
強いメンタルが弱るには大きな傷が必要で、弱いメンタルは小さな傷でも弱ります。
そのどちらが病状として重いかは、簡単に比べる事はできません。

問題の中心は、メンタルが弱くなった=傷ついたという点に存在します。
メンタルケアも、傷ついたメンタルを回復させることが本分であり、
メンタルそのものを強靭にする訳ではありませんから。

juken_goukakuhappyou_cry

漢方では、人のメンタル(精神活動)は、五臓の働きによって支えられると考えます。
簡単に言うと、メンタルには攻め手(向上心や探究心などの精神)と、
守り手(自信や注意などの意識)があり、前者は肝や肺が、後者は脾や腎が担います。
大きな挫折感は果たして、攻め手だけでなく守り手(脾・腎)にまで影響が及びます。

また一方で、五臓には六腑が伴います。五臓と六腑は表裏の関係にあり、
五臓の肝・肺がメンタルの攻め手を担う一方で、
六腑の胆・大腸はメンタルの守り手に寄与します。
(たしかに、メンタルが弱くなると、妙に恐がる共におなかを下すことが増えると思います)

精神的ショックが大きく、メンタルが傷つく場合、
その矛先は脾や腎(あるいは胆・大腸)に及びます。
この場合、受験のショックに服んでおきたい漢方薬とは、
脾や胆を守る(弱るのを防ぐ)漢方薬を意味します。
それには例えば、帰脾湯や温胆湯、
あるいは香砂六君子湯や補中益気湯に一服の価値があります。

膀胱炎を繰り返す。治ったと思ったらまた起きる。治りが遅い。

女性を悩ませる膀胱炎は、冬の寒気や夏の冷房に誘発される側面があります。
西洋医学も東洋医学も、膀胱炎に対して「感染」を
キーワードに治療を行う点は同じですが、洋薬では抗生物質を用いるのに対して、
漢薬では尿の出を良くして、自浄を促す方剤を活用します。
ちなみに、尿でなく汗の出を良くすれば、かぜ(感冒)の対処へと移行します。
(実際は、尿の出も良くなる傾向にありますが・・・)

漢方では、膀胱炎とかぜ(感冒)は発症部位や特徴は違うけれど、
「外から邪が襲う」という点では同じと見立てます。
同様にして、「かぜを引きやすい」と「膀胱炎が起きやすい」も、実はよく似ており
「呼吸器が弱い人は、かぜを引きやすい」ように
「下腹部や尿路が弱い人は、膀胱炎を起しやすい」という訳です。

benpi_geri_woman

ちなみに五臓六腑で考えていくと、呼吸器は肺に属し、
女性の腰周り(子宮の位置)は肝に属します。
外邪が肺を襲うと、呼吸器に炎症や痰を招き、
同様にして肝を襲うと、泌尿器に膀胱炎や湿を招くという関係にあります。

ただ実際は、下腹部や尿路を直に寒さに晒すということはありませんから、
「尿路が寒冷(の邪)に襲われる」は「下腹部に冷えを抱える」へと転化されます。
即ち、肝の働きが鈍い人は、肝に魔(感染)が差しやすいという訳です。

膀胱炎を繰り返す時に服んでおきたい漢方薬とは即ち
尿路周辺の血行を整え、冷えを改善しつつ、
尿路の炎症や湿の停滞を防ぐ漢方薬を意味します。
それには例えば、五淋散や当帰芍薬散、芎帰調血飲、
あるいは補中益気湯に一服の価値があります。

目を凝らす。耳を澄ます。
目や耳の本分は、遠くを見聞することに発揮されます。
逆に、あまりに近すぎるものを見たり、近すぎる音(=大きな音)を聞くことは、
目や耳にとって大きな負担になります。

けれど、耳は目と違い、あらゆる音に対して無防備です。
特定の音だけを聞かないように耳を閉じることはできません。
そういう点で、耳は人の手が及びにくい存在ですが、漢方ではそうした存在がに相当します。

東洋医学における腎は、他の五臓と異なり、
この世に生まれ落ちたときに借り受ける存在といわれます。
借り受けたもの(腎精)が尽きる=人生が終わるという訳です。
それゆえ、長く安泰でいる為、年を重ねても壮健でいる為には
腎を大切に守っていく必要があります。

そうした腎と縁深い部分が、他でもない耳です。
腎と同じく耳も人の手が及びにくい存在ですが、
それがどうして、外側に剥き出しで通じているのは不思議な話だと思います。

sick_chujien

昔と違って今の時代は、大きな音を耳に当てたり、
人工的な音を耳に入れることが多くなりました。
そのこと全てが耳に悪いとは言いませんが、
耳の不調は一旦起きると、後戻りが難しいこともまた事実です。
それを未然に防ぐためには、自主的に耳を守るしかありません。

漢方では、耳を費やすことは腎の熱中(=熱が中る)と考えます。
熱中が続いた腎は、やがて干上がってしまいます。
腎は水(潤下の性質)を象徴するだけに、干上がる事はとても苦手です。

耳をよく使う時に服用しておきたい漢方薬とは即ち、耳に中る熱を整える漢方薬を意味します。
それには例えば、小柴胡湯や釣藤散、加味逍遥散などに一服の価値があります。

気持ちが定まらない。訳もなく情緒が不安定になる。生理に伴って憂うつになる。

特別な原因や理由が無いのにも関わらず、気持ちが不安定になる。
そういう病状は、俗に気分症と呼ばれます。

気分症は他のストレス障害(神経症)と異なり、それを招く原因
(ストレスや精神的障害)が存在しないことが大きな特徴です。
その影響のせいか、気分症を抱えた人は「何となく・・・」とか
「無性に・・・」と訴えるケースがよくあります。
また実際は、「気分症を抱える」ということに対してストレスを感じますが、
そのストレスを発散しても気分症自体は残るので、同じ状態を繰り返します。

figure_balance_good

漢方では、人の体には五気(肝気・心気・脾気。・肺気・腎き)が通じると考えますが、
気分症は特に、心気や脾気の鈍さを反映します。
(対して、ストレス障害や更年期障害は、肝気や肺気の滞りを反映します。)

また五行では、心は火(=炎上の性質)を、脾は土(=土肥の性質)を象徴する部分ですが、
これらを脅かす存在として、水(=痰飲)があります。
水をかけると、火の勢いは弱まります。水を含み過ぎた土は、泥になって流れます。
わかりやすく言うと、気分症を抱える人は
心(火)や脾(土)の働きを脅かすほどに、湿り気を帯びた状態にある訳です。
(逆に抗って、心(火)が盛んになる場合もあります)

ちなみにこの「水」は、口から摂る水分や
おしっことして出す水分、からだの浮腫とはまったく別の存在です。
あくまで水が持つ「火の勢いを鎮めて、土を泥に変える」という性質を「水」と呼ぶ訳です。

気持ちが不安定な時に服んでおきたい漢方薬とは即ち、
痰飲や痰濁を伴う気の巡りを解消する漢方薬を意味します。
それには例えば、半夏厚朴湯や柴胡加竜骨牡蛎湯、抑肝散陳皮半夏、
あるいは苓桂朮甘湯や甘麦大棗湯に一服の価値があります。


Copyright© kanpo-kakinoki All Rights Reserved.