きぐすり.com は、漢方薬、女性の健康、サプリメント、ハーブの情報を専門家がやさしく解説しています。

二階堂先生の「食べ物は薬」

カラシナ - 辛味成分が役立ちます

カラシナ
  • カラシナ
  • 学名:Brassica juncea
  • 科名:アブラナ科
  • 英名:brown mustard, Indian mustard, Japanese mustard
  • 別名:芥子菜、辛子菜、菜芥子(ながらし)

関連画像

カラシナの果実 カラシナのの総状花序 カラシナの花 カラシナの果実と総状花序、花 カラシナの花 写真(1) カラシナの花 写真(2)

クリックすると大きな画像でご覧になれます。

日本各地で栽培される越年草で、葉の基部は茎を抱かないで、葉には鋸歯(きょし)があり、表面にシワがあってざらついています。

春に茎の頂きに総状花序を形成して、黄色の小さな十字花を咲かせます。花が落ちた後には果実(角果)となり、中には黄色の球形をした種子が入っています。類似植物にアブラナ(ナタネナ) Brassica rapa var. nippo-oleifera (英名:field mustard)が知られており、カラシナに似ていますが葉の基部が茎を抱いている点が違います。そのほか、ヨーロッパで栽培されているクロガラシ Brassica nigra, (英名:black mustard)やシロガラシ Brassica hirta, (英名:white mustard) なども知られています。さらに多くの園芸品種があり、タカナ、ザーサイ、セリフォン、カツオナなどの茎葉部が漬物や煮物にして食べられています。

茎葉に特有の香りと辛味があり煮物、漬物、油炒めや浸し物などにして食べられています。また種子を香辛料の和ガラシ(英名:oriental mustard)として、日本料理に用いる他、防腐作用があるので醤油の防腐剤にも使われます。

カラシナの種子を乾燥したものが芥子(ガイシ)と呼ばれる生薬で、辛味性健胃薬、引赤去痰薬、発泡薬とする他、粉末を微温湯で練ったものを芥子泥、練り辛子と呼んで神経痛、肺炎、リウマチ、捻挫などの時、患部に湿布剤として使われます。

辛味成分の芥子油配糖体(シニグリン)は酵素分解され、強刺激性物質のアリルイソチオシアネートを生じます。この成分が引赤、発泡作用を示します。動物実験でBrassica属植物を飼料とすると、甲状腺のヨード摂取抑制作用があることが知られています。若い葉を鎭咳去痰薬として肺炎などに使うこともあります。


きぐすり的レシピ集でレシピを探す
あなたの食生活をチェックしてみましょう!
50音別で食材を選んでみましょう。

TOP