• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

12月にも関わらず、昨日は季節外れの猛烈な温かさを迎えました。
温かくなる事は気象の異常によるかもしれませんが
問題はむしろその後にやってくる、急激な落差を伴う寒さにあるのでは?と思います。

どれだけ寒いかというのは、気温ではなくて体感が優先します。
だから理想は、寒さに慣れるというのに尽きるのですが
漢方では傷寒と言われ、寒さはときに身体を傷つける厄介者とされます。

温かい日々から、急激な気温差を伴って訪れる寒さ。
温かさで緩んだ身体には、堪えます。
12月であるという事を忘れずに、
身体は温め&引き締めで、やがて訪れる寒さに備えましょう。

kids_kanpumasatsu

また、急激な気温差に求められるのは、瞬発力&対応力。
それらを発現するのは、自律神経(五臓の肝)と言わますが、
実際に発揮される場所は肌・皮膚(五臓の脾・肺)。
油断というけれど、この場合に断たれる恐れがあるのは
肌の油的な役割を果たす営気。

やがて訪れる寒さに備え、肝を通じて肺に油(営気)を注ぐべし。


Copyright© kanpo-kakinoki All Rights Reserved.