健康トピックス 「漢方薬こぼれ話」

漢方薬にも得手不得手があります。
浅学故か、
私は今まで漢方薬の点眼剤を知りません。
そこまでじゃないにしても、
外科に関しては、
明らかに現代医学の方が優れています。
ですが、使いようで、
漢方薬も優れた効果を発揮するという話を。

情けないですが、私自身の話。
こけて、尾てい骨を痛打した。
もしかしたら、ヒビは入ったかもしれない。
じっとしていても痛い。
これは3ヶ月かかるか、と覚悟。
寝ても痛い!横向きしか眠れない。
そんな日が数日続いて、それでも痛みは同じ。
そこで、
「受傷後、数日してから服用すると良いとされる打撲の漢方」
治打撲一方(ちだぼくいっぽう)を服用開始。
服用開始当日の痛みは変わらず。
しかし、翌朝、起きて動き出すと、
「うん?少し痛みがましかも・・・。」
その後も、日を追うごとに痛みが引いていく。
「これはすごい!漢方もやるなあ!」
3ヶ月覚悟していたが、1ヶ月でほぼ完治。

先哲に感謝です。

 

現代医薬と言えば、
痛みに鎮痛剤、
花粉症に抗アレルギー薬、
高血圧に降圧剤・・・・・と疾患の数だけ薬を飲むのが当たり前。
ですが、
東洋医学では、
主訴を中心に考えながらも、
東洋医学的診察で処方を決定しますので、
何種類も漢方薬を飲むという事はありません。
話を伺い、脈診・舌診・腹診・・・・・・。
結果、決定した処方が、
主訴を緩和するだけでなく、
「歓迎すべき副作用」を生むこともしばしば。

「花粉症の漢方」ではないのに、花粉症に効いている人。
「鼻炎が主訴の漢方」なのに、「疲れにくくなり元気もアップ」した人。
「皮膚病の漢方」なのに、血液検査で貧血改善した人・・・・・。

お面白いでしょう漢方。

 

意外と多いなあと感じるのが
手足のほてりを訴える人。
手足の冷えを訴える人が多い中、
逆の人も相当おられます。

バーニングフィート症候群という名前が付けられたようですが
足首から下が妙にほてって、
ひどいと夜間にきつくなって眠りに支障をきたすというケースも。
もともと、人は寝ているときは体温が低くなるようになっていて
そのために、寝る前には血管を拡張して熱を逃がします。
眠くなると体が温かく感じるアレです。

何らかの理由で行き過ぎた血管拡張が手足に見られる場合。
立ち仕事などで足が疲れきっている場合。
甲状せん機能低下による場合。
糖尿病などによる神経障害。
ビタミンB不足。
アルコール飲み過ぎで血管が拡張した場合。
などにみられます。
思い当たる節があれば生活習慣を是正してみてください。
なお、漢方には、代表的な処方に三物黄ごん湯がります。
それ以外にも昔からこれに見合う処方がいくつかあり
結構効果があります。

困っておられる方は試す価値アリと思います。

 

感染性胃腸炎によると思われる
水様便が4日も続いていた状態に

オリマックスという健康機能食品が
ドラスティックに効果を発揮。

服用後、ピタッと水のような便がとまり
腹鳴・下痢・腹痛・ゲップ・腹部膨満感・・・・
もピタッと止まった。

こんな事もあるのかな・・・と。
だから医療はわからないし難しい。。

   

秋のこの季節、
風邪?花粉?寒暖の差によるアレルギー?
それとも夏の疲れが今頃?・・・・・

くしゃみ・鼻水・咳・咽喉の違和感・・・・

紛らわしい症状の人が多く見受けられます。
まずは、当然のことながら
現代医学的にみてどういう状況なのか?
ということが最優先されますが、
 これは、病院にて精査してもらわないといけない!
という状況でないと判断した場合や
病院にかかっているけど、スッキリしない!
という方の場合、
漢方を試してみる価値は充分あります。

漢方は風邪だろうが花粉だろうが、
証によって処方を決定しますので、
処方決定に際し、現代医学的病名はどうでもいいのです。

そして、証があえば、ばっちり、合鍵が合った如く効果が出ます。
それが漢方なのです。