• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

日本人に適した食事のバランスは、
穀物:野菜:肉の比率が 5:2:1 が理想とされています。

成人の歯の数は32本ですが、
その内訳は、臼歯(すりつぶす歯)が20本、門歯(噛み切る歯)が8本、
犬歯(引き裂く歯)が4本となっています。
臼歯は穀物と、門歯は野菜と、犬歯は肉類を食べるのに適した歯ですが、
この比率もまた 5:2:1 となり、理想の食事バランスと一致します。

また近年の調査で、戦前の日本人が食べていた食の割合が、
このバランス通りだったことが判明しています。
どうやってこのバランスに行き着いたのかは定かではありません。
長い時間をかけて育んできた食の積み重ねの賜物だと思います。
そして、ここ50年ほどの食生活の急激な変化(即ち食べ合わせの変化)が、
成人病や生活習慣病、アレルギー人口が増加させる一因となる事は、
今ではよく知られた事実です。
もちろん、そうなろうとして食生活を変えた人は誰一人いません。

food_zei1_seisen

漢方では、中庸の穀物が多い食事は、
陰陽のバランスを整える上で、極めて有効な方法です。
女性が注目しやすい炭水化物抜きダイエットも、
炭水化物を抜く事と痩せる事にとらわれ過ぎて、
食事本来のバランス、からだの陰陽のバランスを見落としています。

穀物(日本人では米)は主食です。摂らないという選択ではなくて、
「どういう形で摂るのが、自分に合っているのか」を熟慮することが、
大切なのではないでしょうか?。


Copyright© kanpo-kakinoki All Rights Reserved.