• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • 相談方法
  • よくあるご質問

   逆流性食道炎を漢方薬で治す
 酸性の胃内容物が食道へ逆流すると、その酸が食道粘膜を障害し、胸焼けや様々な不快症状が生じます。食道下端には括約筋があり胃内容の逆流を防止していますが、何らかの原因で胃酸が食道に逆流すると、食道粘膜は強い酸である胃酸にさらされて炎症を起こします。 胃から食道への逆流が繰り返し起こると、食道の粘膜にただれや潰瘍が生じ、胸やけや呑酸などの症状が起こります。これが「逆流性食道炎」です。生活の欧米化やストレス社会により日本で急増し、5人に1人の病気と言われています。

主な症状 
・胸やけ、胸の痛み
     ・げっぷが頻繁に出る
     ・口の中が酸っぱい、苦い
     ・食べ物が胸につかえる感じがする
     ・胃もたれ、胃痛
     ・食べ物が食べられなくなった
     ・だるい、気分がさえない
     ・口臭が強くなった
     ・寝ているときに、突然胃酸が上がって咳きこむ
 
漢方では、逆流性食道炎は脾胃の痰飲の気逆と考えます。多すぎる胃液を痰飲
といいそれが逆流していると考えます。漢方では多すぎる痰飲を取り除き逆流を正常な流れにもどすという方法を使います。病院では胃酸を押さえる薬が処方されます。これだけで改善される方もいらっしゃいますが、これだけでは逆流を改善するのが、難しいです。

漢方薬は同じ病気でも、症状体質により異なる処方を使います。お一人お一人の証、体質に合わせてお薬をお作りしております。ご相談ください。
     

 めまいには ①ぐるぐる回る回転性のめまい ②立ち上がったとき、目の前がすっと暗くなるような立ちくらみ ③ふらつき、ゆれているような感じ、ふわっとするような浮動感、頭重感 など様々な症状があります。

 めまいの原因にも様々あります。①のぐるぐる回るめまいの代表的なものが、
メニエル氏病です。耳の平衡感覚をつかさどる内耳の障害で起こります。この場合聴力の低下、耳鳴り、耳の閉塞感、吐き気なども伴います。この他にも突発性難聴や脳血栓の前ぶれなども考えられます。②の立ちくらみは低血圧や貧血が考えられます。③にはいろいろな原因が考えられます。高血圧症や眼科の病気や頚椎の変形、更年期や自律神経失調症などです。

  漢方薬は原因をなおす、根本治療です。
  (症状と体質と証により使う漢方薬が違うので、使う場合は必ず専門薬剤師に
  ご相談ください。)
  以下に代表的な漢方薬をあげます。
    ①の方に  沢瀉湯、苓桂朮甘湯、桂枝茯苓丸、柴胡加竜骨牡蠣湯など
    ②の方に  当帰芍薬散、十全大補湯など
    ③の方に  釣藤散、加味逍遥散、桂枝加竜骨牡蠣湯など


治験例
  32歳 男性
  めまい、吐き気、耳のつまり、耳鳴りがありメニエル病と診断された。病院の薬を飲んでも良くならないとご来店されました。漢方薬の煎じ薬で 釣藤散と苓桂朮甘湯を処方しました。一ヵ月位で大きな発作は起こらないようになって来ました。半年ほど続けて良くなり、漢方薬をやめられました。それから10ヶ月ほどして再発。再度来店され、同じ処方の粉の漢方薬を処方。それから3ヶ月ほどで、症状は改善。再発予防に今も漢方薬は続けていらっしゃいます。

パニック障害は、めまい、心悸亢進、呼吸困難といったいろいろな症状とともに激しい不安が突然発作的に起こる病気です。

以前は、不安神経症とかうつ病、自律神経失調症、心身症、心臓神経症、過呼吸症候群、と診断されていることが多かったようです。

パニック障害は、1980年に登場した新しい病名です。

 従来、不安神経症と呼ばれていた人の中に急性の不安発作をしばしば起こす群と、慢性的に不安をうったえる群があり前者をパニック障害、後者を全般性不安障害と呼ぶようになりました。

パニック障害の原因については、まだはっきり解明されていませんが、脳内の神経伝達物質であるセロトニンや、ノルアドレナリンの働きの異常で起こるのではないかといわれています。

このような、神経伝達物質が何らかの原因で誤作動を起こし自律神経が異常に興奮し、身体のバランスを崩し動悸やめまいなどを起こします。また、その興奮が、不安や恐怖などの感情と深く関与している大脳辺縁系にも伝わることから、危険もないのに不安や恐怖を感じるのだと考えられています。
 
 ★パニック障害とは、次のうち4つ以上の症状が誘引がなく急に起こるものをいいます。

 (呼吸が早くなる、めまいふらつき、頻脈ドキドキ、身ぶるい、発汗、窒息感、吐き気、離人感、非現実感、しびれ感、紅潮、胸痛、胸部不快感、死への恐怖、正気を失ったコントロールができない恐怖感)

日本でも、ストレス社会を反映して、パニック障害でお悩みの人が多くなっています。

パニック障害は100人に1人ぐらいの割合で起こると言われている病気です。

 パニック障害によく使う漢方薬は、動悸や胸部の症状には、心(シン)に問題があると考え養心安神薬である甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)などを使います。

呼吸が早くなったり窒息感には、気滞(気がどこかで通じていない状態)と考え香蘇散(コウソサン)などを使います。

めまいふらつきには、気が上のほうへ上がっていると考え気をおろす漢方薬の桂枝加龍骨牡蠣湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)などを使います。

 すこやか堂では、一人一人の症状や体質が多彩なため時間を掛けてお話を伺いその方に一番良い漢方薬をお選びおつくり致しております。

《自律神経を調整する訓練法》
●自律訓練法
 ドイツの精神科医シュルツが考案した方法で、自律神経を整える訓練をしていくものです。そして、心身のリフレッシュ効果もあります。

  姿勢  
 仰向けに横たわる(このほうが効果が早く現れます)か、楽な姿勢で いすに腰掛ける。

  手順 
(1)目をつむり、深呼吸を2~3回行なって、肩と首の力を抜きます。

(2)さわるのではなく 頭の中で、ゆっくり感じてください。右手 親指 人差し指中指 薬指 小指と ゆっくりひとつずつ、どこにあるか感じてください。そして左手 右足 左足も同様に、親指から小指までひとつ ずつ、順番に感じてください。

(3)(腕が重たい)と心の中で暗示してください。右手の腕が重たい左手の腕が重たい右足が重たい 左足が重たい と ゆっくり感じてください。

(4)(手足が温かい)と心の中で暗示してください。右手が温かい 左手が温かい 右足が温かい 左足が温かい と  ゆっくり感じてください。

(5)(気持ちが落ち着いている) (心臓が静かに打ってる) (呼吸が楽にできる)(お腹が温かい)(額が涼しい)と ひとつずつ心の中で暗示しながら、ゆっくり感じて ください。

(6)ここで自分が心地よいと感じるイメージ(草原や砂浜で気持ちよく寝そべっている)(空を鳥になって飛んでいる)を想い浮かべてください。

(7)このまま眠ってしまってもかまいません。そうでないときは深呼吸をして、 伸びをします。手を握ったり開いたり、うでを曲げ伸ばししながら、徐々に 身体を動かします。

暗示をしても、その通りの状態を感じられなくてもかまいません。トレーニングを 繰り返すうちに、だんだん上手に感じられるようになってきます。途中で、不快感を感じたら(7)番の深呼吸をして中止します。その後、時間をおいて再開します。

《食養生》
『脳内伝達物質セロトニンの分泌を増やすといわれている食物』
 豆類(納豆、豆腐、味噌など)、卵、バナナ、アボガド、ケールなど

花粉症対策

今年も花粉症の時期になりました。この時期に悩まされるのはスギ、ヒノキ。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、倦怠等が主な症状で、関節痛がある方も。花粉症はアレルギーのひとつで、花粉が体に入ると異物(抗原)が侵入したと反応し、そこに体を守ろうとするしくみが働きいろいろな症状が出ます。花粉症の検査はIgEや皮内反応で確認します。IgEはアレルギー反応があるかどうか、皮内反応はアレルギーを引き起こしている物質は何か、を調べる検査です。

アレルギーは免疫の異常な反応なので、免疫力を高めることが大切で、この時期 過労に気をつけ、規則正しい生活を心がける。また免疫力は腸の健康と関係がありビフィズス菌などを取るのも生活養生として良いです。また、健康茶、甜茶なども良いでしょう。

花粉症の漢方薬
 小青竜湯
 苓甘姜味辛夏仁湯
 柴胡清肝湯
 荊芥連翹湯
 葛根湯
 越婢加朮湯
          等々
症状 体質に合わせて使います。どうぞご相談ください。

◆大人のニキビ(赤にきび、黒ニキビ、化膿、かゆみ)

 ニキビに悩まされる人は、以前は「青春のシンボル」などと言われ思春期の男女が大半でした。この症状は、ホルモンバランスが安定してくると自然と治まってくるものでした。ですが最近は、思春期以降もニキビができ続けたり、思春期を過ぎてから20代、30代でニキビができて悩んでいる人が増えています。

 これは、吹き出物と言っていましたが最近では、「大人のニキビ」と呼ばれています。

 大人のニキビの原因は、ストレス、不規則な食生活、不規則な生活による自律神経やホルモンバランスの異常、生理不順、便秘などさまざまなことが原因になるため、思春期のニキビにくらべとてもやっかいです。

 漢方では、身体の中に溜まっている毒素が、皮膚の表面に出てきてニキビの症状(赤み、黒ずみ、化膿,かゆみ)になると考えます。ですから、体の中から改善し毒素を出し(デットクス)、毒素の溜まらない体にし、皮膚の表面の赤み、かゆみなどを改善していきます。


◆漢方と大人のニキビ

・のぼせやすく、赤ら顔。患部の赤みが強く、時に化膿するようなタイプ
―――――清上防風湯

・血色が悪く、足腰が冷え、ニキビに赤みが少なく、また痛みも化膿も少ないタイプ
―――――当帰芍薬散

・生理不順、冷えのぼせなどがあり、にきびが赤黒くなり、また生理前後で悪化するタイプ
―――――桂枝茯苓丸

・イライラしやすく、不眠などがあり、ストレスでニキビが、悪化するタイプ
―――――柴胡桂枝乾姜湯


 ☆ニキビには、油っこい食べ物、カロリーの高いもの、甘いもの(砂糖)など、ニキビを悪化させるので、とりすぎに注意しましょう。(例えば天ぷら、揚げ物、チョコレート、ケーキ、ジュース、スナック菓子、インスタント食品など)


 すこやか堂では、一人一人の症状や体質が多彩なため時間を掛けてお話を伺いその方に一番良い漢方薬をお選びおつくり致しております。


《ニキビの民間療法》
 ●ヨクイニン10gを、水600ccで15~20分煮出して1日2~3回服用します。
  
 ●ドクダミ10gを、水600ccで15~20分煮出して1日2~3回服用します。

 ●金銀花(スイカズラの花)10gを、水600ccで15~20分煮出して1日2~3回服用します。


Copyright© SUKOYAKADO PHARMACY. All Rights Reserved.