鮭と きのこのポン酢蒸し

Print This Post

材料

■2人分

  • 生鮭(切り身) 2切れ
  • 塩 小さじ1/4
  • 酒 大さじ1
  • しめじ 50g
  • えのきだけ 50g
  • 長ねぎ 10cm
  • みつば 10g
  • ポン酢 小さじ3
Recipe Image 鮭と きのこのポン酢蒸し

作り方

1

鮭は、塩と酒をふり、下味をつける。

2

しめじとえのきだけは、根本を除いてほぐす。えのきだけは、長さを半分に切る。

長ねぎは、斜め薄切りにする。

みつばは、1cm程度の長さに切る。

3

器にきのこと長ねぎを敷き、鮭をのせる。

ポン酢小さじ2をふりかけ、ラップをふんわりとかけて、電子レンジ(500w)で4~5分加熱する。


4

みつばを散らし、ポン酢小さじ1をかける。


食材の持つ働き

〔鮭〕
鮭のピンク色は、「アスタキサンチン」という成分に由来します。
アスタキサンチンは、活性酸素を除去して、免疫力を高めたり、血行を良くしたりする働きがあり、若々しい身体の維持につながります。このアスタキサンチンの抗酸化力は、化粧品やサプリメントに使われるほど注目されています。
また、必須脂肪酸のエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)も豊富に含まれているので、脳神経や循環系にも効果があると言われています。
〔きのこ〕
食物繊維やビタミンD、ミネラルなどの栄養素が豊富な低カロリー食材です。
便秘解消や生活習慣病の予防に効果的です。
〔みつば〕
みつばは、セリ科の香味野菜で、日本料理に欠かせない食材です。みつばの緑の濃い部分には、ビタミンCやカロチン、カルシウム、鉄分などが豊富に含まれており、貧血予防や風邪、肌荒れ、生活習慣病の予防に効果的と言われています。
みつばには、特有の香り成分が含まれ、食欲増進や消化促進の他、神経を静める働きがあり、イライラする時などにも効果的です。

ワンポイントアドバイス

鮭は「スーパーアンチエイジングフード」と言われるほど、健康や美容に良い食材です。
秋が旬のきのこと合わせて、ポン酢でシンプルに作ります。
ポイントはポン酢の二度使いです。加熱すると、ポン酢の爽やかな風味がとんでしまうので、仕上げにも少しポン酢をかけると、よりいっそう香りを楽しめます。
電子レンジで作れるので、手軽に一品できあがるのも嬉しいですね。
鮭の他、鱈や鯛などの白身魚でも美味しく作れます。

インフォメーション

生姜の粉末をはじめ、薬膳料理に用いられる生薬を取り揃えています

当薬局では、生姜の粉末をはじめ、薬膳料理に用いられる生薬を
各種取り揃えております。

少量からの量り売りも可能で、発送もいたしておりますので、
漢方薬局ハレノヴァ まで、お気軽にお問い合わせください。

Recipe Date

このような方にオススメ , , , , , , ,
ジャンル
主な食材 , , , ,
レシピ提供 漢方薬局ハレノヴァ

Mobile

鮭と きのこのポン酢蒸し
左のQRコードをご利用ください。

携帯電話でこのレシピをご覧いただけます。







漢方相談薬局・薬店店舗紹介 検索はこちらから!