• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

[ カテゴリー » Topics ]

完治例
438 10歳代 女性 (過敏性腸症候群 腹痛型)
今日、あるお母さんから漢方相談を受けた。相談を受けたのは次女のことだったのだが、実は4年前に過敏性腸症候群の腹痛タイプでお姉さんの方をお世話していたらしい。そしてお姉さんは今元気に大学生活を送っていると感謝された。4年ぶりに完治とカルテに記入した。

50歳代 女性 
不覚にもと言うか無知と言うか、大村湾と言う名前を聞いたことはあるのですが、それが何県にあってどのような所かは全く知りませんでした。

メールを読んでお返事をしようとしてインターネットを調べてみましたら、ほとんど知識がなかったことだけが分かりました。

広範囲の地図で見た印象は、「湖になれなかった海」でした。

北部がすこしだけ陸が切れていて、あそこがもしつながっていたら琵琶湖レベルの湖になっていたのではないでしょうか。

もっとも淡水よりは海水のほうが恵みは豊かでしょうから、よかったのだと思います。

いい親孝行が出来ましたね。喜ばれたのではないですか?

佐賀県を越えていくのですね。日帰りの体力があるのだから立派なものです。

僕の所で言うと、兵庫県を越えて大阪に行くようなものですから、僕には無理です。

自分では新幹線の距離と決めています。

高速を苦手としている人は結構おられて、高速、バイパス、高い橋恐怖症の漢方薬を結構お作りしていますが、

それも偶然克服できたとしたら儲けものです。

活動範囲を広げて多くの楽しいことを増やしてください。

穏やかで美しい大村湾と言う表現がそのまま当てはまりそうな瀬戸内海です。

見る人によっては、特に外国の人には大河に見えるくらいですから。

今作りましたから今日発送します。

ヤマト薬局

50歳代 女性 (過敏性腸症候群 ガス型)
昨日はドライブがてら日帰りで母と長崎まで行きました。
母が幼少期を過ごした市内を巡りました。
途中立ち寄ったサービスエリアから眺めた大村湾がとても穏やかで美しかったので、瀬戸内海もこういう感じなのかなと想像しました。
帰りもまた夕陽に染まった大村湾を満喫しました。
高速に乗るのが苦手でしたが、乗ってみたら意外にも快適に運転できたので自分でもびっくりしました。
先生のおかげでメンタルも強くなりました。
ありがとうございます。

70歳代 女性 
深夜9回救急車で運ばれたと言うのが毎日かどうか尋ねなかったが、漢方薬を作って三日後の今日、息子さんが「母親が調子いいから、他の人を紹介したい」と言って電話をくださった。
お母さんの症状は、深夜突然震えだし、呼吸がしずらくなるトラブルだ。食欲もなく食べれないから、一気にやせたらしい。
ただ病院でははっきりした診断名もなく、発作が収まったら帰されるだけらしい。9回も運ばれて治療もしてくれないので、会社の社長さんが僕の薬局を紹介してくれた。
症状から、僕なら単なるパニック症状だと思うと告げて、そのための漢方薬を2週間分作って渡していたら、紹介したいと言う冒頭の電話が今日あった。おそらくこの3日間救急車には乗らなかったのだと思う。

60歳代 男性 
皮膚科で治療を受けていた男性が、そこの治療を諦めて、内科の治療をしてもらっている息子に相談したそうだ。息子は単なる湿疹の漢方処方を書いて来た。
好奇心で患者さんに見せてもらうと、手足、お腹、背中に乾癬のような湿疹が広範囲に出ていた。
後日息子と話したときに、お父さんは乾癬のように思うと言うと、息子も迷ったらしい。効果がなければ来月は変更するつもりらしかったが、皮膚科の先生の診断が単なる湿疹だったから、それを当然参考にしたのだろう。
1か月後の昨日再び薬を取りに来た時に見せてもらうと、驚くほどきれいになっていた。「よかったなあ、やはり湿疹だったんじゃあ」と患者さんと喜んだ。
「先生は、きれいになりましたねと言ってくました」と教えてくれたが、もっと喜んであげればいいのにと思ったが、医者は結構クールなものだ。
 単なる湿疹がステロイドで抑えられなくて漢方薬で根治するのが凄い。


Copyright© Sakaemachi-Yamato Pharmacy. All Rights Reserved.