• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

[ カテゴリー » Topics ]

70歳代 女性 
耳鳴りの治療を何年もしているのに、もうお医者さんから薬をやめてもよいと言われてショックで漢方相談に2年前にやってきた。ただし良心的な先生だと思う。
そこで漢方薬を服用し始めたのだが、今では一日中音が気になることは治って、夜目が覚めた時に「鳴っているな」と思うだけで、不快感は全くないらしい。人によってはこれで終了かもしれないが、この方は血圧がとても安定してきたから、今では動脈硬化の予防位なつもりで飲んでいるらしい。

 40歳代 女性 岡山県 
30代から血圧の薬を飲んでいたが、徐々に上がってきて、お医者さんがもう1種類血圧の薬を飲むように言われた。恐らく遺伝だから、血圧の薬を飲むのは仕方ないが、30代で2種類と言うのは抵抗があって、3年前に漢方薬で何とかならないかと相談に来た。
血管を若く保つような漢方薬(煎じ薬)を服用していただいているが、今日も病院で測ったら最高血圧が126で最低血圧が77だった。もうお医者さんは薬を足そうなど口にも出さなくなったから、病院に行くのもストレスではなくなったらしい。

70歳代 女性 
連日の朗報。先月の中旬、お嬢さんに連れられてめまいの相談に来た方。脳梗塞を数年前に起こしているかたで、それをきっかけにめまいを訴え、めまい止めを処方されて飲んでいる。でもずっと飲んでいるのに効かないからおかしいとお嬢さんが心配して連れてこられた。
お医者さんには治らないと訴えずに、お嬢さんには訴えているみたいだ。
この方も結局本当のめまいの薬、景色が回る時の薬を処方され続けている。でも本人はそんなめまいではなく、歩くときに道路が揺れているようと教えてくれた。
これで僕のするべきことがはっきりした。あんなに勉強をされている病院の先生方が、どうしてこんなにめまいの患者を簡単にあしらうのか不思議。めまいはなってみた方しか分からない恐怖感があるのに、死なない病気だから深刻にはとらえていただけないみたいだ。
 正月を挟むから3週間分漢方薬を飲んでいただいたら「もう半分以下になったよ」と喜んでいた。この方は完治ではないから薬を継続して飲むらしい。昨日の方は完治宣言。

50歳代 男性 
長年の努力が実って、有名になった芸術家。都会で個展を開くにあたって、来訪者との応対時に、一瞬のうちに緊張のスイッチが入り息苦しくなって、脈が飛び倒れそうになる。階段ですら息切れで上がるのがしんどい。
都会の漢方薬局を何軒か回って漢方薬を買い求めたが全く効果がない。以前は個展で都会の百貨店などに詰めている時だけ症状が出ていたのに、最近は毎日家にいても発作が出るようになった。
そこで相談に来られ年末に2週間分漢方薬を服用していただいた。2週間でほとんどの症状が消えた。都会の薬局ではなく、こんな田舎の薬局が解決してくれたのをとても喜んでくれている。

50歳代 女性
この半年、家族から責められ、不安感やイライラで苦しんでいた。一番言われたくない言葉を吐かれていたみたいだ。
年末に2週間分、ストレスから解放されるような漢方薬を作って飲んでもらっていたら、年が明けた今日来られ、3割くらい心が楽になったと言われた。そのおかげで、家族の言う言葉を冷静に考えられるようになったと話していた。自分の非にも気が付き始めたと言う意味だと思うが。頓服で渡していた薬も飲まなくて済んでいるみたいだ。


Copyright© Sakaemachi-Yamato Pharmacy. All Rights Reserved.