• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 相談方法
  • よくあるご質問

腸管免疫、腸内フローラ、腸脳相関

腸は体内でとても大切な器官です。
腸のコンディションをないがしろにして健康でいることは不可能です。
ひとたび腸のコンディションが崩れると、皮膚トラブルが出てきたり、、、
喘息が出やすくなったり、鼻炎症状が出やすくなったり、花粉症が出たり
睡眠の質が落ちたり、イライラしたり、不安にかられたり
腸そのものが炎症を起こす、潰瘍性大腸炎などもそう。。。
また、腸の膜が壊れて起こるリーキーガットがおこったり、
これは、腸に小さな穴が開いて腸内物が直接血液中に入ってしまい、全身炎症に発展します。
これにより、全身のだるさが取れなかったり、ピロリを胃に飼っていた場合、腸の穴から全身に波及します。

腸のトラブルは色んなトラブルに関係していきます。
薬を多用している方、酒、辛い物、甘い物、炭酸が好きな方も注意です。
便秘傾向がある方、下痢傾向のある方も注意です。

腸は確かに良くはない・・・気がする。

確かに他のトラブルも出てる。。。。

そんな方は一度山陽堂でご相談ください。
少しお値段はかかるかもしれませんが、腸のコンディションを整えつつ、トータルで整えていく事ができるかと思います。

ゆっくりご相談をお受けできるのは平日の午後、土曜の午前中となっています。
平日午前中は処方箋対応している事が多く、飛び入りでのご相談をお受けできない可能性があります。
まずはお電話でご予約をお願いいたします。お気軽にご連絡ください。

漢方医学は長い歳月にわたり発展を続け、現在汎用される処方には約千~二千年前から活用されているものが多くあります。

一方、現代を生きる私たちは、居住環境、生活圏の広さ、医療技術等、昔の人とは大きく異なるライフスタイルで活動しており、食生活もしかりです。
 例えば、

「夕食は何時ごろに召し上がりますか?」

と問えば、「20時か21時ごろ」あるいは「寝る前」と答える方が少なくありません。

通勤や残業に時間を費やす社会人、塾や習い事で帰宅が遅い子供たちはその例です。

遅い時間に夕食をとる為、胃腸に負担の少ない一汁三菜で腹八分目を心がけている方はどの程度いらっしゃるでしょうか?

近年は共働きが一般的となっています。
「時間がないから疲れているから」と簡単なカレーや丼もの、揚げ物中心のお総菜などを活用しているご家庭も少数派ではないと考えられます。

このように、消化吸収に負担のかかる夕食を、遅い時間に接種すると、身体は疲れの抜けない疲労状態が続いてしまいます。
なぜでしょうか。

22時から午前2時(睡眠のゴールデンタイム)は体の修復や成長に関係する各種ホルモンが多く分泌される時間帯とされています。
人の体がリフレッシュするためには、この時間帯(ゴールデンタイム)に深い睡眠(ノンレム睡眠)の状態にあり、
次に続くレム睡眠までに食べたものを消化吸収し、肝臓に修復材料として備蓄しておく事が必要です。
しかし、遅い時間に夕食を摂り、胃腸が活発に活動している状態で就寝する現在には、このリフレッシュの工程の為の準備が間に合っていません。
(食べたものが消化吸収されるためにはおよそ5~6時間必要と言われています。)
それ故、「眠りが浅い」「寝ても疲れが取れない」といった慢性的な疲労状態に陥り、心と体に様々な不調を生じる事となります。

このような現代人に、消化を促進し、おなかをサポートする「消導薬」が積極的に活用されています。
遅い時間に夕食を食べた後、「消導」の働きを得ることで消化管が活動している時間は短くなり
カラダの修復に利用可能な材料を増やす手助けができると考えられています。いわば「タイパ」の良い消化です。
この消導活用により「よく眠れるようになった」「朝起きた後、体が軽くなった」といった意見が多く聞かれるようになりました。
「夜20時以降に食事をするすべての現代人」に「消導」のチカラをご活用ください。

★★漢方相談ご希望の方へ★★
●お電話のみでの相談、郵送販売は受けつけておりません。
●必ず、お電話予約の上、営業時間にご来店ください。

ご相談は平日午後のみ、土曜は13時まで、とさせていただいています。
特に午前中は処方箋応需がメインになる為、ゆっくりご相談をお受けすることができません。
お電話予約なしでご来店いただいた場合、処方箋調剤とご予約を優先する為、お断りすることがあります。
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

お酒のお供としてインスタグラムやX(旧ツイッター)などで話題になっているミラグレーンですが、

山陽堂薬局は正規取り扱い店をさせて頂いております。

通販はしていないので、お越しいただいた方に一つずつ販売させて頂いております。

去年からミラグレーンを求めてお越しになる方がチラホラいらっしゃいます。

「なんか良いって聞いたんで、飲み会前に買いに来ました」

という方が多くお見受けされます。本当にありがとうございます。

世の中の需要に対して生産が追い付かないようで、割当制で入ってくるので、在庫があるときに買えるときにお早めにお求めください。

また、成分の一つである牛黄が中国人の投機、投資対象となり、値段の高騰が止まりません😢

そのせいで、価格を上げざるを得ないという状況に以前一度なったのですが、

3月に入り、また価格改定になりました。まことに申し訳ありません。

また、15錠、600錠の2規格が終売となります。600錠瓶は現品限りとなります。

山陽堂では45錠、190錠、380錠、そして、600錠瓶を少しだけおいております。

春は特に肝臓がオーバーヒートしやすく、お酒は美味しいけど、頑張りすぎて調子を崩す事になりがちです。

カラダの調子、肝臓の調子はお酒の味の感じ方に直結します。

お酒と上手に付き合う方は、肝臓の事を考えてミラグレーンを常備されています。

まずは45錠パッケージ、お試しください。

1月末から冷たい風の日が多いですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

冷たい風にあたってカラダを冷やしてしまうと実は花粉症がひどく出ます。

冷えると体がオートでやっている花粉などを追い出す機能が低下する為、

アレルギー反応を強く出して無理やり追い出そうとします。

その為、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどひどく出る傾向があります。

朝方起き抜けの頃に花粉症のモーニングアタックが出て、くしゃみ鼻水鼻づまりが出ます。

この時、夜中寝ている間に乾燥した冷気を吸い込んで気管支が弱ると余計に反応が出ます。

あさイチにショウガ湯などでカラダを温めるのは効果的だったりします。


また、夜に飲み歩くだけでも冷えて調子が悪くなりますし、

ビールなんかは一番カラダが冷える飲み物です。

アルコール自体が炎症をひどくするので、アレルギー反応が出ている時はよくないですが、

ビールは花粉症が出てるときはてきめんに増悪してくれます( ;∀;)


何はともあれ、二月の過ごし方次第で花粉症の本番の反応の出方が大きく変わります。

無理な不摂生をせず丁寧に生活するとともに、すでに症状が出かけている方は体質改善の漢方などで

早めに対策をはじめてください。

例年、年始3日くらいでなーんか鼻の調子がおかしくなる私ですが、

今回は12月の末に一度調子が悪くなり、さらに1月中旬以降また鼻づまり、くしゃみが出ています。

日本海側でドカ雪が降った時期、めちゃくちゃ冷え込んだのも手伝って、アレルギー反応が強く出ていたと思われます。

また、同じ市内の友人の薬局が眼科の処方箋を受けていますが、

「アレルギー性結膜炎の処方箋の患者さんめっちゃ増えてますよ」

とのことです。少し早めに貰いに行かれてる方、チラホラいらっしゃいますね。

で、鼻炎症状でてて調子よくないので、症状と体質両方改善できるタウ■ミンと

冷えた身体を温める温活目的でショウガの入ったプ■グリーンコンクという健康食品を飲んでみました。

鼻炎の調子はもちろんちょっと良くなってきております。

それよりも、いやーーーーー、よく眠れる( ´∀` )!!!

コ■ナもインフルも流行っています。感染対策の為にも

①疲れを残さない ②粘膜免疫を整える ③腸管免疫を整える

全て大切です。タウ■ミンの構成成分を見ると、抗ヒスタミン剤でまず眠気が出ます①

更に十味敗毒湯で解毒しながらヨクイニンとカルシウムが入っていて粘膜皮膚のコンディションが整います②

さらに成長成分もしっかり入っていて腸管免疫も整えてくれます③

こんな願ったりかなったりなありがたいお薬は他にありません。

スギ花粉由来アレルギー性鼻炎持ちの方、ぜひ、なるべく早く対策を開始しましょう。

一人一人生活の中にある落とし穴に気づいて養生することが大切ですので、

お電話の上、一度ご相談にお越しください。

お待ちしております。


Copyright© SANYODO PHARMACY. All Rights Reserved.