• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

73歳の女性。



40年前に、腎盂炎をしたことがある。

今回4ヶ月前に、頻尿と排尿した後に痛みがでて、泌尿器科に受診した。膀胱炎の診断がでて、抗生物質にて治療を始めた。

しばらくは症状も楽になったが、飲み始めて2週間くらいから、下痢がとまらなくなって、内科受診を薦められて、受診して、整腸剤とやはり抗菌剤をもらうが、効果がなく、さらに尿の臭いも気になり不安でたまらなくなり、趣味仲間に相談して、来局される。ダウン矢印


Hea47-1



現在の状態は、排尿した後のしぼられるような痛み、特に夜間の激しい頻尿、1日4~5回の水のような軟便が続いている。

典型てきな膀胱炎症状に、抗生物質による腸内細菌層の破壊による下痢と思われ、下痢にも有効な構成生薬の入っている五淋散(ごりんさん)を、早く効かせるため煎じ薬にて飲んでいただく。:P

1週間で、痛みと頻尿は楽になり、下痢には、腸内細菌の活性化を図る作用のある、土壌菌製剤のMREkigenを併用してみたところ、2週間で、ほぼ正常化したが、本人の希望で、さらに2週間服用し、薬を止めました。アップ矢印

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  長期の抗生物質の服用は腸内細菌のバランスを崩します。

  免疫力の低下も起こします、ご注意くださいね。

   

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0223 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.