• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

慢性肝炎・・・

寺町漢方薬局 (広島県広島市)

慢性肝炎や肝障害は、最近は特に、新しい治療方や薬が増えて、良い結果を上げています。

しかし、なかにはそのような新しい治療方に効果がなく、昔からの漢方薬などの治療で、病気の解決をはかることもできます。

これはそんなケースの代表です。

10年前から肝炎で治療中の66歳の会社役員。



治療を続けているものの、徐々に肝機能検査数値が悪化し、慢性肝炎とか肝硬変などと言われる状態でした。

1年前より腹水が貯まるようになり、病院で治療を受けていたが、一向に貯まっている腹水の量が減らず困り果てていました。本人の希望は腹水を何とかならにかとの希望です。

本人の体格は中肉中背。顔色はやや蒼黒く、舌は紅く、白黄色の舌苔がある。便秘きみで、便自体は軟らかい。尿回数は日中は多く、夜間は1・2回。血圧は低く食欲は当然ないが、無理に食べるようにしているとのこと。

漢方薬の服用歴は、小柴胡湯・五苓散・補中益気湯などを、エキス剤にして飲んできた。

そこで、漢方薬は煎じ薬にして、体力の低下した腹水状態に虚証の和気剤(気を全身にめぐらす)三和散(さんわさん)を煎薬にして服用。

更に、腸内の状態を改善する目的で土壌菌製剤のkigenをも併用した。始めの1ヶ月は変化がなかったが、2ヶ月後には、月1回穿刺して腹水を抜いていたのが必要なくなるほど、腹囲は5cmほど小さくなりました、顔色もよくなりつつあります。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0191 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.