• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

22歳の大学生。



幼児のころから、アトピーにて、治療を繰り返していた。

半年前の夏から、全身時に下半身に、毛孔部が膨れて、一見は蕁麻疹の一種である痒疹のようになった。(TT)

皮膚科の薬は、抗生剤・ステロイド・抗ヒスタミン剤・抗アレルギー薬で外用はないが、ほとんど効果がないとのことなので、

下半身の身側に、小さい盛り上がった丘疹が多数できている。一部には水疱し化膿している箇所もある。猛烈な痒みが襲うことがある、特に夜間が痒い。

  アレルギー体質改善の十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)に毛孔部の浮腫と化膿を目標に越婢加朮湯を加えて煎じ薬にした。

 夜間に掻いてしまう場所には、ガーゼで包帯をすることで、掻くことによる皮膚へのダメージを最小限にした。

 すると、2週間で、丘疹の数が減ってきた。4週間後には、痒みもなくなり、ガーゼの包帯もしないくても良くなった。:)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  アトピーとはいえないような皮膚状態ですが、漢方では、病名でお薬を決めるので

  ないので、治療に病名はあんまり関係がないようです。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0140 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.