• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

痒疹・・

寺町漢方薬局 (広島県広島市)



去年春に、疲労感から検査をうけたところ、リュウマチの診断をうけた。その時点では

特別疲労感だけで、痛み・腫れなどは全くなかった。しかし、薬は飲み薬のステロイド

や抗リュマウマチ薬2種などがでていた。これを続けること8ヶ月経ったところで、下肢

の毛孔に小さい発疹がでてきた。すぐに背中腕にも出てきて、皮膚科に行くと、蕁麻疹

の一種の痒疹(ようしん)がといわれ、ステロイドの軟膏と抗ヒスタミン薬を出してくれた。

 しかし、薬疹の可能性があるとも指摘をうけて、リュウマチ科の薬はステロイドのみに

 なった。それでも、皮疹は引かず、広がる傾向なので、漢方薬での治療を希望されて

 来局される。


1

 



 痒疹であれ、薬疹であれ、両腕・お腹・背中に、毛孔部の浮腫性湿疹が多数あり、遠く

 から見ると全体がはっきり浮腫んでいる。痒みもつよく、屋内では痒く、外の冷たい空

 気に触れると、痒みは楽になる。そこで、温熱性蕁麻疹状態に使われる消風散(しょう

 ふうさん)と越婢加朮湯(えっぴかじゅつとう)をエキス剤にて服用し、患部には特殊な

 スプレー(塩化マグネシウム)を作り、痒いところへ吹きかけるようにした。

2週間の服用で、少し紅班と浮腫が楽になり、さらに2週間で、ほぼ半減してきた。さら

に使い続けること1ヶ月で、瘢痕を残すのみになるが、リュウマチ科のステ剤を、なくす

ようにお願いしている。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0111 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.