• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



中肉・中背。

幼児より、しかし皮膚の状態は軽く、時々、小児科や皮膚科に受診して、ステロイドの外用薬で、治ってはしばらく治療をしないような状態を、大学まで続けていた。

しかし、社会人になって、一人暮らしと仕事のストレスからか、徐々に悪化し始めた。皮膚科にて、ステロイド剤と抗ヒスタミン薬を各種もらいながら、治療をしてきたが、徐々に悪化して、通勤もできないような皮膚状態になった。知人の紹介で、隣県から来局。

首・顔は鼻尖以外は、お風呂上りのような真っ赤な紅班がある。腕・身体も浸出液がでて、それが乾いて厚い痂皮になっている。痒みもつよく、眠りも浅く、良く眠れない状態が続いているようである。精神的にも負担がきて、一生治らないのでは、口に出すようにまでにおいつめられているようで。

そこでまずは、漢方薬に服用も含めて、食事や生活態度、環境を整えれば、必ず治ることを説明し、希望をもたせる事から始めた。

顔の紅班には、皮炎湯と黄連解毒湯の煎じ薬を、顔にはタイツ膏を、腕には傷が多いので、漢方軟膏を塗っていただいた。

わずか、1週間で顔の紅班は落ち着いてきた、腕は浸出液が治まり、落屑が始まってきた。ぼろぼろ、皮膚が落ちてくる状態になる。無理に剥がさないように指導する。夜は安定剤を内科でもらい、飲んでいたが。それもいらくなりつつある。

以後は、漢方薬を荊芥連翹湯の煎じ薬に変えて、服用。外用はシコンを主にした漢方軟膏を続けること1ヶ月半で、会社に復帰するまで回復した。


NONALNUM-eWppbWFnZSgyKQ-E



 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  いつも、いつも思いますが、治る人はしんけんに取り組み、治らない人は薬の服用も
  生活態度もいいかげんです。推して知るべし

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0124 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.