• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



10年前から、免疫異常の病気で治療をつづけてきた71歳の男性。

半年前に、外出したときに、杖を使っていたためか、左手首の部分

に痛みがでだした。軽い関節炎位に思っていたがなかなか治らず

いつも通っている病院の整形外科でみてもらうと、左関節部の腱鞘

炎と診断されたが、始めはシップ剤と痛みどめ、治らず関節部に注

射もしてみたが、なかなか治らない。以前皮膚病を漢方薬で治した

事を思い出し、来局された。

 左手首関節部に腫脹はないが、動かすと痛みが走るという。また

 手首の角度によって、痛みが違うという。

リュウマチ系の病気で加療中なことと、雨降り前に特に痛みが強い

ので、利湿と鎮痛を兼ねた桂枝加朮附湯(けいしかれじゅつぶとう)

と血液循環の目的で桃核承気湯を煎じ薬にして、お渡しした。

 すると、2週間ほどで、強い痛みはなくなってきた。しかし、それ以
 上はなかなか改善しないうちに2ヶ月が経過した。そこで補気・
 補血作用のある独活寄生湯(どっかつきせいとう)に変えたとこ
  ろ、じょじょに改善し始めて、2ヶ月ほどで痛みはなくなった。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 高齢者は、補気・補血作用のある漢方薬が必要のようです。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0112 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.