• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



56歳の公務員 中肉・中背

1年前の春に、下肢に皮疹ができ。それが首以外の全身に広がった。皮膚科で自家感さ性皮膚炎といわれ、治療を続けていたが、ステロイドの塗薬で、一時てきには効果があるものの、止めると再発するので、漢方薬を買ってのんでいる。(十味敗毒湯、黄連解毒湯)

自家感さ性皮膚炎::湿疹様病変(源発巣)が急性に悪化し、それとは別の場所の皮膚に撒布性に発疹が急激に多発する状態
            (再新皮膚科図鑑より)

現在の状態は、背中を主に、紅い小さい漿液性の丘疹が多数できている。痒みも強い。

     漿液性と、紅班、丘疹から、消風散、越婢加朮湯を選び、のんでいただく。はじめだけ、抗炎症の漢方軟膏を使う

 2週間で、患部の皮疹が枯れ始めた。臭いのため軟膏は使わず。さらに2週間で瘢痕を残すのみなった。

 安心して、体質改善の荊芥連翹湯に変えた。ところが、無理(仕事で)をしたためか、背中の患部の皮疹が再燃してきた。

2週間後、すぐもとの漢方薬(消風散・越婢加朮湯)にもどした。するとまた徐々に改善し始め、1ヶ月半ほどで、きれいになったが、前のこともあり、このまま漢方薬の内容を変えず、続けて2ヶ月で薬を止めることができた。


chuuya_gyakuten



 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0169 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.