• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問



76歳の介護施設の経営者。

夏前から、新しい事業を計画をし始めて、忙しくなり、普段からしていた運動(剣道・合気

道)をしなくなった。

そのためか、身体の筋肉が落ちてきて、胃のもたれと、左の胸脇部の痞え感がでて、

気になるようになった。食欲も落ちてきて、やや軟便きみに。


ill38



  これは、運動不足と、夏の熱に負けて、上下の気の運行が胸脇部で滞っている
  為と考えられます。


そこで、胸脇部の気の滞りを取る四逆散(しぎゃくさん)と、心窩部の痞えをとる安中散

(あんちゅうさん)を合わせて、煎じ薬にて製剤し、飲んでいただく。

  3日で半分ほど軽くなり、5日分の服用で、全く自覚症状はなくなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   漢方薬もきちんと使うと効果てきめんでした。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0118 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.