• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

下肢の両脚首部分に、半年前から、湿疹ができて困った。5年前に手掌部の主婦湿疹で困って、当薬局の漢方薬で治したことを思い出し、来局される。

65歳の主婦。やや肥満体で血圧の薬を服用中。舌は僅かに黄色く、炎症があるように感じる。患部は僅かに毛孔部が紅く、少し水疱があるようであるが、患部全体ではわずかな落屑もあり、乾燥感が強い。

始めは、乾燥が主と思い、保湿の漢方薬である当帰飲子(とうきいんし)の煎じ薬を飲んで、タイツ軟膏を毎日、塗っていただいた。

3週間後、再来局時には、前回の足首の皮疹部分は落屑して、かなり良くなってきているが、膝したに500円硬貨程度の大きさの皮疹が新たに出てきている。同じように乾燥・落屑・紅班がでて、毛孔部がやはり膨れて、サメ肌状になっていた。

そこで、再度考えて、5年前に効果のあった温経湯(うんけいとう)に越婢加朮湯を合わせて漢方薬を作って、飲んでいただく。すると、10日間の服用で、すぐ治まってしまった。以前効果のでた漢方薬が、こんどは患部の違う場所にできた皮膚病にも効果がでました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 肌に合うというか、一度効いている薬は場所が変われど効くとは・・

リンク

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.0147 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.