• お問い合せ
  • サイトマップ
  • 個人情報保護
  • 交通アクセス
  • カゴの中身
  • 漢方薬 漢方薬局 薬店のことなら きぐすり.com
  • ホームへ
  • 店舗紹介
  • 商品案内
  • お買い物方法
  • 相談方法
  • よくあるご質問

[ カテゴリー » Topics ]

高齢者には、ほとんどアトピーがないものと思っていました。と言うのは、1960年ころを境にして、アトピー患者が分かれるからです。私の薬局でも、戦前生まれのアトピーは皆無でした。成長期におけるインスタント食品や、公害、家屋の環境(アルミサッシの登場における家屋の密閉化)、建築資材等々の変化が関係あるとされているからです。


NONALNUM-aW1hZ2VzKDIp-E



78歳の男性、中背、やや肥満型。

3年前に右手甲を虫にさされ、なにでなしに掻いてしまい、その反応?から全身に、首以外全身に紅斑、紅潮、痒みがでて、治らない。はじめはステロイド剤、一時てきには効果があるものの、それも効果がなくなり、痒み一だけで、切ステロイド薬を使わない皮膚科で、治療をうけたが、入浴も禁止されて、たまらず、知人の紹介で来局される。

首以外の全身、特に腕が真っ赤に紅潮して、熱を帯びて痒みが強い。

とりあえず、腕の抗炎症の漢方外用薬を塗布して、ガーゼもしくはネット包帯で保護する。また、内用の漢方薬は白虎加桂枝湯に黄連解毒湯を兼用して、煎じ薬で飲んでいただく。数日後から、腕の角質は落屑し始めて、1週間で正常な皮膚がでてきた。しかし、また皮膚の紅斑がでてきたが、初めほどではなくなった。もちろん、入浴はしてもらうが、泡になった石鹸をつける程度で、こすることは禁忌としました。

途中、紅斑がなくなってからは、漢方薬を荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)に切り替えて、半年後の今ではわずかに搔破根を残すだけになった。しかし、これは皮膚科でアトピーと診断あるものの、非常に疑わしい病名でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   

キーワード別 一覧へ

甲状腺の病気は、思っている以上に、多くいます。また女性に多いのが特徴です、
中年の女性で、倦怠感がある場合は甲状腺機能異常を疑うと、多く発見します。

56歳の女性。

3年前に倦怠感から、婦人科に受診し、橋本病の疑いでチラージンSを処方されて飲んだが、めまい・ふらつき・頭痛が起きて、のめなくなった。しばらく、薬も飲まずに我慢していたが、食欲はあるのに、痩せていくのがわかり、漢方薬を紹介されてきた。


I03_OT_PU010



長身・やせ型

寒証型の於血(おけつ)体質改善に対する漢方薬を使って,自己免疫の体質改善をはかることにした。エキス剤では、効果が期待できないので、煎じ薬の弓帰調血飲第一加減を、煎じ薬にして服用してもらった。

すると、初めTSH(甲状腺刺激ホルモン)が16.3あったが

服用、2ヶ月後の検査では、0.536まで、下がった。

もちろん、倦怠感もじょじょになくなり、体重も3kg増えてきつつある。

ホルモン剤のチラージンが使えない、あるいはその効果が出ない時には、漢方薬も治療薬の選択として考えるほど効果があります。

 

キーワード別 一覧へ

最近は、ネットなどの影響で、SNSによる神経症が増えてきています。神経症であっても、安易に向精神薬、安定剤などの服用は避けるべきです。

43歳の主婦。 中背・中肉。

SNSで、仲間外れや悪口を書かれてから、不眠や動悸、頭痛に苦しむようになり、近医(心療内科ではない)に受診するが、検査ではどこも異常を見つけられず、神経科受診を勧められた。受診すれば、神経てきな薬がでてくるのがいやで、我慢してきたが、こらえきれず来局される。


joutyo_huantei



家族といる時は、ほとんど症状がないものの、一人になったり、お友達と会うと必ず、不安感におそわれ、動悸が止まらず救急車を呼んだこともある。しかし、病院につくと治ってしまう。とにかく、自分のつらい症状を次々並べて、お話をするが顔はどんどん、生き生きしてくる。人に話をすることで、内にあるものが吐き出される感じを受けた。また寝つきが悪く、眠りが浅く、寝汗をかくことがある。

このかたには心腎陰虚に使う天王補心丹(てんおうほしんたん)を使い、わずか2週間の服用で、動悸は起きなくなり、よく眠れるようになる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このような軽症の神経症に向精神薬や抗不安薬をつかうと、薬を止められなくなり、その結果薬の副作用がドンドンでて、さらなるつらい神経症状に悩まされる事つながります。


   

キーワード別 一覧へ

アトピー性皮膚炎の形態も、非常に多くあります。神経や食事に起因する内因、ほこり・ダニ・天候などの外因があります。
今回のケースは、一度治っていたアトピー性皮膚炎が再発して、以前とは異なった症状を呈して、それを目標に漢方薬を使い、治ったものです。


human_09


 
38歳のOL。

かれこれ10年以上前に、毛孔性の炎症、皮膚乾燥、皮の落屑、搔破などのアトピー症状があって、それを漢方薬の内服・外用を使い治っていた。

ところがここ半年前から、生理の不順とともに、出血が多く、貧血傾向になる。それと伴に唇の乾燥・亀裂がでて、常にリップクリームを塗らなくてはいけない状態になっている。さらに、両肘、両膝関節部の炎症がでて、痒みも強くなる。

来局時は、まだなんの治療もしていないで、自分で保湿クリームを塗っていただけ。
そこで、
唇を含む口周囲の乾燥・炎症に使い、なおかつ生理不順、出血にも使える温経湯(うんけいとう)を煎じ薬にして、飲んでいただくことにした。

この人は、過去に何回も当薬局で、漢方薬を使い、皮膚病(アトピー)症状を治してきた事もあり、非常に早く、わずか2週間で、唇の乾燥はなくなり、身体の乾燥性のアトピー症状は2ヶ月ほどで治ってしまった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いつもながら、一度漢方薬できれいに効果がでた人は、再発しても早く効果が出るようです。

 

キーワード別 一覧へ

漢方薬で皮膚病を治療する場合、特別なケースを除いて、あまり病名は関係なく薬がきまります。なぜかというと皮膚病の病名は基本、出ている症状・皮膚状態で病名が決まるので、その裏というか、皮膚病の原因は同じだからです。(西洋医学てきにも、アレルギー・カビ・虫(疥癬)?しか皮膚病の原因はありません)すなわち漢方薬治療においては病名は関係がないのです。

40歳の主婦。

2年前より、両手・腕に毛孔部に蕁麻疹がでるようになり、1年前の夏ころから、顔に日に当たると、赤く腫れあがるようになりステロイドや抗ヒスタミン薬で治療を続けてきたが、再発を繰り返すので、漢方薬での治療を希望されて、来局される。


ill138



顔は頬部と額が、赤くなって痒みがあるが、それでもステロイドの外用薬を使っているので、痒いほうだと、蕁麻疹ははっきり出てはいないが、皮膚面を掻くと、その跡が水膨れじょうに腫れてくる。30分もすると治まるようです。

顔は皮膚炎で外的な要因が、腕は内的な蕁麻疹である。変則的ながら、顔の皮膚炎には白虎加桂枝湯(びゃっこかけいしとう)、腕には竜胆写肝湯(りゅうたんしゃかんとう)を外出が多いので、本人希望でエキス剤で飲んでいただいた。

このケースは簡単に効果がでて、すぐ過敏性皮膚炎は治まり、蕁麻疹のほうも、半年ほどの服用で、皮膚を掻いても反応しなくなった。

 

キーワード別 一覧へ

ThemeSwitch
Created in 0.1055 sec.

Copyright© TERAMACHI-KANPOU PHARMACY. All Rights Reserved.